教育

後期研修プログラム

皮膚科後期研修プログラム

  • 責任者: 皮膚科科長  石川 治
  • 連絡担当者: 医会長  茂木 精一郎

研修プログラムの目的及び特徴

皮膚科では、一般皮膚疾患は勿論のこと、膠原病や皮膚外科など幅広い皮膚疾患に対応できる体制を整えております。特に大学においては、病棟研修では指導医や先輩医師とチームを組んで全身管理や形成外科的手術の手法を、また外来研修では教授、准教授、講師からマンツーマンで皮膚疾患の診断と治療の指導を受けることができる教育体制を構築しています。また、関連の認定専門医研修施設では、経験豊かな専門医の指導のもと、いわゆるcommon diseaseを多数経験することで、患者の幅広いニーズに応えられる皮膚科医を目指し、学会発表、論文発表などを行い5年間で受験資格を得て日本皮膚科学会認定専門医を取得します。

後期研修1年次は原則として大学病院で、2年次からは関連病院で臨床研修を継続し、その後再び大学病院に戻ります。その間、大学院に進学し研究を開始することも可能ですが、優れた臨床医を育成する趣旨から、大学院生も臨床の研鑽を積みながら研究に従事するシステムをとっています。実力と経験を兼ね備えた指導医の下、専門外来数と入院ベッド数で全国の皮膚科の中でも最大規模を持つ当科で数多くの症例を経験しながら後期研修を行うことで自然に実力がつき、比較的容易に日本皮膚科学会認定専門医を取得することが可能です。

研修期間・内容

後期研修1年次 :
大学で研修
後期研修2年次 :
関連病院で研修
後期研修3年次 :
関連病院で研修/大学院(但し臨床業務も行い研鑽を積む)
後期研修4年次 :
大学で研修/大学院(但し臨床業務も行い研鑽を積む)
日本皮膚科学会認定専門医取得(初期研修時より5年間日本皮膚科学会会員である場合に限る)
後期研修5年次 :
大学もしくは関連病院で研修/大学院(但し臨床業務も行い研鑽を積む)
日本皮膚科学会認定専門医取得(最短5年間)

主な関連病院(学会認定施設)

群馬大学関連皮膚科基幹病院(日本皮膚科学会認定専門医研修施設) 伊勢崎市民病院、利根中央病院、桐生厚生総合病院、高崎総合医療センター、前橋赤十字病院など

指導医

専門医名 専門医 専門領域
石川 治 教授 皮膚科専門医 膠原病(特に全身性強皮症)、創傷治癒、結合組織代謝、老化
天野 博雄 講師 皮膚科専門医 アレルギー(アトピー性皮膚炎)
山中 正義 講師 皮膚科専門医 膠原病、結合組織代謝
清水 晶 講師 皮膚科専門医 ウイルス、脱毛症
茂木 精一郎 講師 皮膚科専門医 膠原病、創傷治癒
安田 正人 部内講師 皮膚科専門医 乾癬・角化症、皮膚腫瘍
PAGE TOP