教授からのメッセージ

患者さん、ご家族のみなさんへ

皮膚は体表を覆う人体最大の臓器です.外部からの病原微生物、アレルゲンなどの侵入を防ぐとともに、体の内部から水分が蒸発しないように全身を覆っています.つまり、皮膚は外界と接する最前線にあって体の内部を守る役目を果たしています.その他、発汗による体温調節作用、知覚神経による温痛覚の受容、皮下脂肪組織によるエネルギー貯蔵・衝撃緩衝作用などもあります.

「眼は心の窓」と言われますが、「皮膚は内臓の窓」と言えます.内臓とは異なり、私たちは自分自身の眼で皮膚の変化や異常を確認できます.皮膚の異常に気づいたら早い段階で皮膚科を受診してください.

皮膚の病気には、①内臓の異常とは関係ない皮膚自体の病気、②内臓の異常が皮膚に反映されている病気、そして③全身性疾患や遺伝性疾患の部分症状としての皮膚の病気、などがあります.そして、これらの中には命に係わるような重篤な病気も少なくありません.

大学附属病院を受診される際には原則として紹介状が必要ですが、紹介状がなくとも診察いたします.私たち皮膚科専門医は、軽症から重症までの様々な病気を正しく診断し、患者さん一人一人に適した治療をさせていただきます.説明でわからないことがありましたら、遠慮なさらずに担当医にお聞きください.セカンドオピニオンにも対応しております.

当科では皮膚の病気全般に亘って診療しておりますが、大学病院の皮膚科としてこれまでにも数多くの重症患者さんや難治性疾患に苦しむ患者さんを診断・治療してまいりました.この経験を生かし、今後も病に苦しむ方々の背中を支えて一緒に歩んでまいります.

当科の専門外来には以下のものがあります.経験豊かな専門医が診療させていただきます.

  1. 膠原病(強皮症、皮膚筋炎、エリテマトーデスなど)
  2. 皮膚悪性腫瘍(悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌、皮膚リンパ腫など)
  3. 自己免疫性水疱症(天疱瘡、類天疱瘡など)
  4. アトピー性皮膚炎
  5. 乾癬・炎症性角化症
  6. 蕁麻疹
  7. 脱毛症
  8. レーザー(血管腫)
  9. 血管炎
  10. 難治性皮膚潰瘍(褥瘡、下腿潰瘍など)

PAGE TOP