教員紹介

2016年業績集

I.著書

分担執筆

  1. 石川 治.職業性強皮症 佐藤伸一編、強皮症の基礎と臨床、東京、医薬ジャーナル社、2016、293-298
  2. 清水 晶. ウイルス性疣贅(いぼ)、伝染性軟属腫 福井次矢・高木誠・小室一成編、 今日の治療指針 私はこう治療している、東京、医学書院、2016、1260
  3. 清水 晶.ウイルス感染症 口唇ヘルペス 永井良三、佐藤伸一、藤本学編、皮膚科研修ノート、東京、診断と治療社、2016、418-419
  4. 清水 晶. 爪囲のウイルス感染症 安木良博・田村敦志編、カラーアトラス 爪の診療実践ガイド、東京、全日本病院出版会、2016、158-165 
  5. 清水 晶.抗ウイルス薬 抗ヘルペス薬の内服薬と注射薬の選択基準について教えてください、 大谷道輝・宮地良樹編、マイスターから学ぶ 皮膚科治療薬の服薬指導術、大阪、メディカルレビュー社、2016、106-109
  6. 清水 晶.Bowenoid papulosis 特集:皮膚科で診るSTI – HSV, HPV, HIV感染症編、渡辺大輔編、Visual Dermatology、東京、学研メディカル秀潤社、2016、822-823
  7. 茂木精一郎.抗核抗体検査の進め方 永井良三、佐藤伸一、藤本学編、皮膚科研修ノート、東京、診断と治療社、2016、304
  8. 茂木精一郎.全身性強皮症の診断から治療まで. 神人正寿編、Derma、東京、全日本病院出版会、2016, 1-15.
  9. 茂木精一郎.ボセンタン水和物の使い方について教えてください 大谷道輝、宮地良樹編、マイスターから学ぶ皮膚科治療薬の服薬指導術、メディカルレヴュー社、2016, 188-9.
  10. 茂木精一郎.症状からみた外用薬の選択 深い褥瘡. 上出良一編、WOC Nursing、東京、医学出版、2016 vol4, No3, 62-67.
  11. 安田正人. 第6章 書類の書き方 7. 死亡診断書・死体検案書. 永井良三、佐藤伸一、藤本学編、皮膚科研修ノート、東京、診断と治療社、2016、655-657

II.論文

英文総説

  1. Motegi S-I. Endothelin. Editors: Kazuhiko Takehara, Manabu Fujimoto, Masataka Kuwana. Systemic Sclerosis: Basic and Translational Research. Springer, Japan, 155-172, 2016

英文原著

  1. Motegi S-I, Yamada K, Toki S, Uchiyama A, KubotaY, Nakamura T, Ishikawa O. Beneficial effect of botulinum toxin A on Raynaud’s phenomenon in Japanese patients with systemic sclerosis: a prospective, open-label trial. J Dermatol 43(1): 56-62, 2016
  2. Motegi S-I, Uchiyama A, Yamada K, Ogino S, Yokoyama Y, Perera B, Takeuchi Y, Ishikawa O. Increased susceptibility to oxidative stress- and ultraviolet-Ainduced apotosis in fibroblasts in atypical progeroid syndrome/atypical Werner syndrome with LAMA mutation. Exp Dermatol, 25 Suppl 3: 20-27, 2016
  3. Shimizu A, Kaira K, Okubo Y, Utsumi D, Yasuda M, Asao T, Nishiyama M, Takahashi K, Ishikawa O. Positive PD-L1 expression predicts worse outcome in cutaneous angiosarcoma. J Global Oncol, 2016. doi: 10.1200/JGO.2016.005843
  4. Shimizu A, Kaira K, Yasuda M, Asao T, Ishikawa O. Prognostic significance of thymidylate synthase (TS) expression in cutaneous malignant melanoma. Neoplasma 63(2): 282-287, 2016
  5. Shimizu A, Kaira K, Yasuda M, Asao T, Ishikawa O. Decreased expression of class III β-tubulin is associated with unfavourable prognosis in patients with malignant melanoma. Melanoma Res. 26(1): 29-34, 2016
  6. Shimizu A, Kaira K, Yasuda M, Asao T, Osamu Ishikawa O. Prognostic significance of β2-adrenergic receptor expression in malignant melanoma. Tumour Biol. 37(5): 5971-5978, 2016
  7. Uehara A, Motegi S-I, Yamada K, Uchiyama A, Perera B, Toki S, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O. Mechanistic insight into the norepinephrine-induced fibrosis in systemic sclerosis. Sci Rep UK, 2016 Sep 21; 6: 34012. doi: 10.1038/srep34012.2016
  8. Uchiyama A, Yamada K, Perera Buddhini, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O, Motegi, S-I. Topical betamethasone butyrate propionate exacerbates pressure ulcers after cutaneous ischemia-reperfusion injury. Exp Dermatol. 25(9): 678-683, 2016
  9. Yamada K, Uchiyama A, Uehara A, Perera B, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Udey MC, Ishikawa O, Motegi SI. MFG-E8 drives melanoma growth by stimulating mesenchymal stromal cell-induced angiogenesis and M2 polarization of tumor-associated macrophages. Cancer Res. 76(14): 4283-492, 2016
  10. Yamakoshi Y, Motegi S-I, Ishikawa O. Evaluation of peripheral blood circulation disorder in scleroderma patients using an optical sensor with a pressurization mechanism. PLoS One 2016 Aug 1; 11(8): e0159611. doi: 10.1371/journal.pone.0159611.
  11. Yasuda M, Yamaguchi S, Miyachi Y, Ishikawa O, Takahashi K. Palmoplantar collagen bundle size correlated with a characteristic spatial expression of decorin and lumican. Exp Dermatol 25(4): 318-320, 2016
  12. *Baratchian M, Davis CA, Shimizu A, Escors D, Bagneris C, Barrett T, Collins MK. Distinct activation mechanisms of NF-κB regulator IKK by isoforms of the cell death regulator cFLIP. J Biol Chem. 291: 7608-20. 2016
  13. *Kaira K, Toyoda M, Shimizu A, Imai H, Sakakura K, Nikkuni O, Suzuki M, Iijima M, Asao T, Chikamatsu K. Decreasing expression of glucose-regulated protein GRP78/BiP as a significant prognostic predictor in patients with advanced laryngeal squamous cell carcinoma. Head Neck 38(10): 1539-44. 2016
  14. *Kaira K, Toyoda M, Shimizu A, Imai H, Sakura K, Nikkuni O, Suzuki M, Iijima M, Asao T, ChikamatsuK. Prognostic significance of GRP78/BiP expression in patients with Stage III/IV hypopharyngeal squamous cell carcinoma. Neoplasma 63(3): 477-83. 2016
  15. *Kaira K, Toyoda M, Shimizu A, Shino M, Sakakura K, Takayasu Y, et al. Expression of ER stress markers (GRP78/BiP and PERK) in adenoid cystic carcinoma. Acta Oto-laryngologica 136: 1-7. 2016
  16. *Takahashi K, Kaira K, Shimizu A, Sato T, Takahashi N, Ogawa H, Yoshinari D, Yokobori T, Asao T, Takeyoshi I, Oyama T. Clinical significance of β2-adrenergic receptor expression in patients with surgically resected gastric adenocarcinoma. Tumour Biol. 37(10): 13885-13892. 2016
  17. *Yazawa T, Kaira K, Shimizu K, Shimizu A, Mori K, Nagashima T, Ohtaki Y, Oyama T, Mogi A, Kuwano H. Prognostic significance of β2-adrenergic receptor expression in non-small cell lung cancer. Am J Transl Res 8(11): 5059-5070.2016

英文症例報告

  1. Hattori M, Shimizu A, Hisada T, Fukumoto T, Ishikawa O. Erythema induratum in a patient with pulmonary mycobacterium avium Infection. Acta Derm Venereol. 96(5): 705-706, 2016
  2. Hattori M, Motegi S-I, Amano H, Ishii N, Ishikawa O. Borderline lepromatous leprosy: cutaneous manifestation and type 1 reversal reaction. Acta Derm Venereol. 96(3): 422-423, 2016
  3. Ishibuchi H, Motegi S-I, Ishikawa O. Distinct clinical and histological features in dermatomyositis with anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibodies. J Dermatol, 43(8): 978-980, 2016
  4. Motegi S-I, Yonemoto Y, Yanagisawa S, Toki S, Uchiyama A, Yamada K, Ishikawa O. Successful treatment of multicentric reticulohistiocytosis with a adalimumab, predonisolone and methotrexate. Acta Derm Venereol. 96(1): 124-125, 2016
  5. Sekiguchi A, Motegi S-I, Uchiyama A, Uehara A, Toki S, Yamada K, Ishibuchi H, Yasuda M, Yamanaka M, Amano H, Ishikawa O. Erythema induratum associated with Bacillus Calmette-Guerin vaccination: Implication of MCP-1 expression and M1 macrophage infiltration. J Dermatol. 43(1): 111-113, 2016
  6. Shimizu A, Hattori M, Takeuchi Y, Ishikawa O. Generalized keratosis pilaris-like eruptions in a chronic myelogenous leukemia patient treated with nilotinib. J Dermatol. 43(9): 1100-1110, 2016.
  7. Shimizu A, Hattori M, Kaira K, Ishikawa O. Keratotic condyloma acuminatum. J Dermatol 43(6): 716-717, 2016
  8. Uchiyama A, Motegi SI, Ishikawa O. Angioinvasive lymphomatoid papulosis (type E): a first Japanese case. Eur J Dermatol. 26(5): 507-508, 2016
  9. Yasuda M, Takahashi A, Yamanaka M, Ishikawa O. Langerhans cell histiocytosis masquerading as hidradenitis suppurativa. J Dermatol 43(6): 720-721, 2016
  10. *Ashida A, Shimizu A, Okuyama R. Acquired epidermodysplasia verruciformis associated with HPV type 47 in an HIV-infected patient. J Dermatol. 43: 717-8. 2016
  11. *Ogata D, Shimizu A, Hokama Y, Tsuchida T. A case of human papillomavirus-associated squamous cell carcinoma with bone invasion and verruca vulgaris of the fingernails. Eur J Dermatol. 26 (5): 508-510. 2016

和文総説

  1. 茂木精一郎. 全身性強皮症の末梢血管障害の特徴と治療. 西日本皮膚科 78: 343-346, 2016
  2. 茂木精一郎. 総説 全身性強皮症の血管病変. Visual Dermatology 15: 32-36, 2016

和文原著

  1. 安田正人. ステロイドおよび活性型ビタミンD3外用薬をどのように組み合わせるか. Derma 240: 15-23, 2016
  2. 安田正人、岡田悦子、長谷川道子、遠藤雪恵、龍崎圭一郎、岡田克之、田村敦志、石川 治. 日光角化症に対するイミキモド(ベセルナクリーム®)外用の有効性、安全性を評価する後ろ向き多施設共同臨床研究. 西日本皮膚科 78(4): 408-413, 2016
  3. *浅野善英、藤本 学、石川 治、佐藤伸一、神人正寿、竹原和彦、長谷川 稔、山本俊幸、尹 浩信. 限局性強皮症 診断基準・重症度分類・診療ガイドライン. 日皮会誌 126(11): 2039-2067, 2016
  4. *神人正寿、山本俊幸、浅野善英、石川 治、佐藤伸一、竹原和彦、長谷川 稔、藤本 学、尹 浩信. 好酸球性筋膜炎 診断基準・重症度分類・診療ガイドライン. 日皮会誌 126(12): 2241-2250, 2016
  5. *長谷川 稔、石川 治、浅野善英、佐藤伸一、神人正寿、竹原和彦、藤本 学、山本俊幸、尹 浩信. 好酸球性筋膜炎 診断基準・重症度分類・診療ガイドライン. 日皮会誌 126(12): 2251-2257, 2016

和文症例報告

  1. 上原顕仁、須藤麻梨子、田子 修、長谷川道子、永井弥生、田村敦志、石川 治. 多種類の化学療法を試みたアポクリン汗腺癌. 臨皮 58(9): 1393-1398, 2016
  2. 栗山裕子、山中正義、石渕隆広、星島啓子、笹平摂子、渋沢弥生、天野博雄、石川 治. 多発関節痛を主訴としたサルコイドーシスの1例. 皮膚臨床 58(5): 723-727, 2016
  3. 関口明子、茂木精一郎、石川 治. 外陰部硬化性萎縮性苔癬の3例. 皮膚臨床 58(12); 1861-1864, 2016

V.学会

シンポジウム、ワークショップ、教育講演など

  1. 石川 治.
    誰にもわかる老化学
    第11回日本褥瘡学会関東甲信越地方会群馬支部学術集会 2016.2.6 前橋
  2. 茂木 精一郎.
    急性期褥瘡の病態・治療について
    第11回日本褥瘡学会関東甲信越地方会群馬支部学術大会 2016.2.6 前橋
  3. 茂木 精一郎、内山 明彦、石川 治.
    急性期褥瘡の発生機序の解明:新たな治療法を目指して.
    第18回日本褥瘡学会学術集会 2016.9.2-3 横浜
  4. 茂木精一郎.
    全身性強皮症に伴うレイノー現象・指尖部潰瘍に対するボツリヌス毒素注射療法
    第3回日本ボツリヌス治療学会学術大会 2016.9.30 東京
  5. 茂木 精一郎.
    フロントラインセミナー2「全身性強皮症に伴う難治性皮膚潰瘍の治療」
    第67回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2016.10.22-23 大阪
  6. 安田正人.
    教育セミナー 匠と考える乾癬Safety managementのコツとポイント 結核・間質性肺炎と生物学的製剤.
    第31回日本乾癬学会学術大会 2016.9.3 宇都宮

国際学会一般演題

  1. Fujiwara C, Uehara A, Yokoyama Y, Ogino S, Uchiyama A, sekiguchi A, Ogino S, Ishikawa O, Motegi S-I.
    Inhibitory regulation of MFGE-8 on fibrosis in systemic sclerosis.
    The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2016.12.9-113, Sendai (Oral presentation)
  2. Kishi C, Amano H, Motegi S-I, Ishikawa O.
    Non-bullous neutrophilic dermatosis in a patient with systemic lupus erythematosus
    The 4th Eastern Asia Dermatology Congress, 2016.11.16-18, Tokyo, Japan
  3. Motegi S-I, YamadaK, Uehara A, Sekiguchi A, Date Y, Nakamura T, Ishikawa O.
    Efficacy of the injection of botulinum toxin B on Raynaud’s phenomenon in patients with systemic sclerosis: single-blinded, randomized trial.
    The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2016.12.9-113, Sendai (Oral presentation)
  4. Perera B, Uchiyama A, Uehara A, Yamada K, Ogino S, Yokoyama Y, Ishikawa O, Motegi S-I.
    Mechanistic insight into ATP-induced fibrosis in systemic sclerosis.
    The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2016.12.9-113, Sendai (Plenary session)
  5. Sekiguchi A, Uchiyama A, Fujiwara C, Ogino S, Yokoyama Y, Akai R, Iwawaki T, Ishikawa O, Motegi S-I.
    Botulinum toxin B suppresses oxidative stress and the formation of decubitus-like ulcer in cutaneous ischemia-reperfusion injury mouse model.
    The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2016.12.9-113, Sendai (Oral presentation)
  6. Shimizu A, Hattori M, Wakamatsu K, Tokunaga F and Ishikawa O.
    Functional Characterization of a Novel KIT Mutant of Spontaneous Regressing Piebaldism.
    3rd International Symposium of Gunma University Medical Innovation (GUMI) and 8th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (AMDE). 2016. 12.9, Kiryu
  7. Uchiyama A, Ishikawa O, Motegi S.
    Mesenchymal stem cells-derived MFG-E8 accelerates cutaneous wound healing in diabetic mice model.
    The 2016 annual meeting of SID. 2016.5. 11-14, Arizona USA, (Oral session)
  8. *Yamakoshi Y, Motegi S, Ishikawa O, Sakamoto R, Murata K.
    Evaluation of microcirculatory disorder in scleroderma patients using an optical sensor with pressurization mechanism.
    3rd International Symposium of Gunma University Medical Innovation (GUMI) and 8th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (AMDE). 2016. 12.9, Kiryu

国内学会一般演題

  1. 石渕裕久 茂木精一郎 岸 史子 天野博雄 石川 治.
    群馬大学皮膚科における無筋症性皮膚筋炎患者の臨床的検討.
    第91回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.6.16 前橋
  2. 石渕裕久 茂木精一郎 天野博雄 石川 治.
    免疫グロブリン軽鎖(k鎖)が沈着した続発性限局性皮膚アミロイドーシスを伴った小児皮膚筋炎の1例.
    第92回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.9.15 前橋
  3. 石渕裕久 茂木精一郎 天野博雄 石川 治.
    群馬大学皮膚科における抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎患者の臨床的検討.
    第93回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.12.15 前橋
  4. 井上裕太 神山由佳 岸 史子 安田正人 石川 治.
    抗デスモグレイン抗体のプロファイルの変化に伴い落葉城天疱瘡へ移行した尋常性天疱瘡の1例.
    第92回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.9.15 前橋
  5. 井上裕太 須藤麻梨子 宮川真梨江 岡愛菜 岸史子 高橋亜由美 安田正人 石川 治.
    印環細胞を伴った左腋窩皮膚原発アポクリン腺癌の1例.
    第32回日本皮膚悪性腫瘍学会 2016.5.27-28, 鹿児島
  6. 岡 愛菜 安田正人 須藤麻梨子 岸 史子 高橋亜由美 山中正義 石川 治.
    生下時より脂腺母斑上に合併した乳頭状汗管嚢胞腺腫の1例.
    第90回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.3.17 前橋
  7. 岡 愛菜 茂木精一郎 関口明子 石渕裕久 土岐清香 青山久美 山中正義 天野博雄 石川 治.
    Buerger病における血清エンドセリン1濃度と臨床症状との相関性について.
    第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2016.2.20-21 東京
  8. 岡 愛菜 土岐清香 関口明子 石渕裕久 青山久美 山中正義 石川 治.
    血栓性微小血管障害(TMA)を合併した全身性エリテマトーデスの1例.
    第39回皮膚脈管・膠原病研究会 2016.1.22-23 高知
  9. 岡 愛菜 安田正人 須藤麻利子 岸 史子 高橋亜由美 山中正義 石川 治.
    ベムラフェニブが著効するも、休薬後に脳転移が急激に増大した悪性黒色腫の1例.
    第91回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.6.16 前橋
  10. 岡 愛菜 岸 史子 茂木精一郎 天野博雄 山中正義 石川 治.
    トラネキサム酸による多型滲出性紅斑型薬疹の1例.
    第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会学術大会 2016.11.5-6 東京
  11. 齋藤晋太郎 須藤麻梨子 山田和哉 岸 史子 安田正人 石川 治.
    Microvenular hemangiomaの1例.
    第92回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.9.15 前橋
  12. 齋藤晋太郎 山田和哉 岡 愛菜 須藤麻梨子 高橋亜由美 安田正人 石川 治.
    ニボルマブ中止後に急激に増悪した悪性黒色腫の1例.
    第80回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2016.10.29-30 浜松
  13. 佐藤実紅 茂木精一郎 関口明子 土岐清香 石川 治.
    肺高血圧症を合併した全身性強皮症の臨床的特徴について.
    第115回日本皮膚科学会総会2016.6.3-5 京都
  14. 清水 晶 解良恭一 大久保優子 安田正人 高橋健造 上里 博 石川 治.
    血管肉腫におけるPDL-1の臨床病理学的検討.
    第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2016,5.27-28、鹿児島
  15. 清水 晶、石川 治.
    群馬大学皮膚科の基礎研究紹介.
    第90回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.3.17 前橋
  16. 関口明子 茂木精一郎 土岐清香 石川 治.
    全身性強皮症患者における血性IV型コラーゲン値の検討.
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業」研究班2015年斑会議 2016.1.16 東京
  17. 関口明子 茂木精一郎 石川 治.
    BCG接種後に生じたバザン硬結性紅斑の1例:MCP-1およびM1マクロファージの関与について.
    第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2016.2.20-21 東京
  18. 関口明子 茂木精一郎 土岐清香 石川 治.
    全身性強皮症における4型コラーゲンの役割.
    第115回日本皮膚科学会総会学術大会 2016.6.3-5、京都
  19. 関口明子 茂木精一郎 石渕裕久 青山久美 高橋亜由美 安田正人 山中正義 石川 治 
    バージャー病と側頭動脈炎を伴ったeosinophilic peripheral arteritis(新規概念).
    第80回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2016.10.29-30 浜松
  20. 関口明子 内山明彦 藤原千紗子 Buddhini Perera 上原顕仁 横山洋子 荻野幸子 鳥居良子 細井真理 石川 治 茂木精一郎.
    急性期褥瘡(皮膚虚血再還流障害)モデルにおけるB型ボツリヌス毒素による酸化ストレス障害の制御.
    第23回新群筑皮膚合同研究会 2016.11.25. 前橋
  21. 服部麻衣 清水 晶 及川大輔 亀井希代子 山本明美 中野 創 澤村大輔 徳永文稔 石川 治.
    表皮基底層にVII型コラーゲン沈着が見られた優性栄養障害型表皮水疱症(前脛骨型)の1家系.
    第23回分子皮膚科学フォーラム 2016.4.15-16 大阪
  22. 服部麻衣 清水 晶 加藤円香 安田正人 天野博雄 赤坂英二郎 中野 創 澤村大輔 石川 治.
    新規c-kit遺伝子変異を同定した母娘3代のまだら症.
    第115回日本皮膚科学会総会学術大会 2016.6.3-5、京都
  23. 藤原千紗子 茂木精一郎 関口明子 山中正義 天野博雄 石川 治.
    Cutaneous collagenous vasculopathyの1例.
    第115回日本皮膚科学会総会学術大会 2016.6.3-5、京都
  24. 藤原千紗子 茂木精一郎 石川 治.
    顔面の腫脹を契機に胸腺癌が発見された1例.
    第91回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.6.16 前橋
  25. 藤原千紗子 茂木精一郎 石川 治.
    顔面の紅斑・腫脹を呈したサルコイドーシスの2例.
    第92回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.9.15 前橋
  26. 藤原千紗子 茂木精一郎 内山明彦 石川 治.
    Trigeminal trophic syndromeの2例.
    第80回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2016.10.29-30 浜松
  27. 藤原千紗子 上原顕仁 横山洋子 内山明彦 関口明子 Buddhini Perera 荻野幸子鳥居良子 細井真理 石川 治 茂木精一郎.
    全身性強皮症の皮膚線維化における分泌蛋白質MFG-E8の関与.
    第23回新群筑皮膚合同研究会 2016.11.25. 前橋
  28. 藤原 千紗子 茂木 精一郎 上原 顕仁 横山 洋子 内山 明彦 関口 明子 荻野 幸子 鳥居 良子 細井 真理 石川 治.
    分泌蛋白質MFG-E8はインテグリンαVβ3/5との結合を介して線維芽細胞のTGF-βシグナルを抑制する.
    第1回エラスチン・関連分子研究会学術集会 2016.12.2-3 東京
  29. 藤原千紗子 茂木精一郎 石川 治.
    カペシタビン(ゼローダ®)治療によって生じた化膿性肉芽腫の1例.
    第93回日本皮膚科学会群馬地方会2016.12.15 前橋
  30. 宮川真梨江 安田正人 須藤麻梨子 岸 史子 高橋亜由美 山中正義 石川 治.
    肛門部悪性黒色腫の1例.
    第90回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.3.17 前橋
  31. 宮川真梨江 安田正人 須藤麻梨子 岸 史子 高橋亜由美 山中正義 石川 治.
    陥凹し、浸潤を触れない斑を呈した隆起性皮膚線維肉腫の1例.
    第34回日本臨床皮膚外科学会 2016.3.5-6 大阪
  32. 茂木精一郎 横山洋子 荻野幸子 山田和哉 内山明彦 石川 治.
    LEOPARD症候群の病態解明.
    第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2016.2.20-21 東京
  33. 茂木精一郎 山田和哉 土岐清香 中村哲也 石川 治.
    全身性強皮症に伴うレイノー現象に対するA型ボツリヌス毒素局所注射療法の効果・安全性について.
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業」研究班2015年斑会議 2016.1.16 東京
  34. 茂木 精一郎.
    糖尿病性潰瘍と悪性黒色腫における間葉系幹細胞の役割.
    LO皮膚科学研究会2016.3.12 静岡
  35. 茂木精一郎 横山洋子 荻野幸子 山田和哉 内山明彦 上原顕仁 Buddhini Perera 石川 治.
    全身性強皮症の皮膚線維化・血管障害におけるアペリンの役割.
    第23回分子皮膚科学フォーラム 2016.4.15-16 大阪
  36. 茂木精一郎 内山明彦 山田和哉 関口明子 土岐清香 中村哲也 石川 治.
    強皮症に伴うレイノー現象に対するボツリヌス毒素注射療法:臨床試験と非臨床試験による解析.
    第115回日本皮膚科学会総会学術大会 2016.6.3-5、京都
  37. 茂木 精一郎 横山 洋子 荻野 幸子 大西 浩史 石川 治.
    LEOPARD症候群の多発性黒子の病態解明.
    北関東医学会総会 2016.9.29 前橋
  38. 茂木精一郎 山田和哉 上原顕仁 関口明子 土岐清香 中村哲也 石川 治.
    強皮症に伴うレイノー現象に対するB型ボツリヌス毒素局所注入の硬化・安全性について:ランダム化単盲検用量比較試験による検討.
    第80回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2016.10.29-30 浜松(東部支部学会賞Best Clinical Poster Award)
  39. 茂木精一郎 内山明彦 関口明子 石川 治.
    急性期褥瘡から皮膚潰瘍に至るまでにできることはないか? 褥瘡モデルマウスを用いた検討. 
    第13回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会.2016.12.22-23 東京 (最優秀演題賞)
  40. 森本奈緒子 安田正人 天野博雄 石川 治.
    アダリムマブ投与中に間質性肺炎を発症した乾癬5例の検討.
    第31回日本乾癬学会学術大会 2016.9.1-2 宇都宮
  41. 安田正人 茂木精一郎 山中正義 天野博雄 石川 治 塚本憲史.
    急性リンパ性白血病を合併し,dasatinibにより皮疹が消褪した菌状息肉症の1例.
    第76回日本皮膚科学会沖縄地方会 2016.2.13-14 沖縄
  42. 安田正人 須藤麻梨子 岡 愛菜 岸 史子 高橋亜由美 山中正義 石川 治.
    足背の角化性結節を伴った紅斑局面 
    第32回日本皮膚病理組織学会 2016.6.18 東京
  43. 安田正人 森本奈緒子 天野博雄 石川 治.
    免疫再構築症候群を考慮し、 アダリムマブ投与を継続しながら 結核の治療を行った尋常性乾癬の1例.
    第31回日本乾癬学会学術大会 2016.9.1-2 宇都宮
  44. 山田和哉 岡 愛菜 宮川真梨江 須藤麻梨子 岸 史子 高橋亜由美 安田正人 石川 治.
    イピリムマブによる免疫関連下垂体炎とサルコイドーシス様病変を併発した鼻根部悪性黒色腫の1例.
    第31回日本皮膚外科学会学術大会 2016.9.10-11 沼津
  45. *山越芳樹 茂木精一郎 石川 治.
    加圧光センサを用いた強皮症の末梢循環障害評価装置.
    北関東医学会総会2016.9.29 前橋
  46. 横山洋子 茂木精一郎 石川 治.
    ブレオマイシン誘発強皮症モデルマウスの皮膚線維化・血管障害におけるアペリンの役割.
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業」研究班2015年斑会議 2016.1.16 東京
  47. 横山 洋子 荻野 幸子 山田 和哉 内山 明彦 石川 治 茂木 精一郎.
    全身性強皮症の皮膚線維化・血管障害におけるアペリンの役割.
    北関東医学会総会2016.9.29 前橋
  48. Buddhini Perera, Akihiko Uchiyama, Kazuya Yamada, Akihito Uehara, Osamu Ishikawa, Sei-ichiro Motegi.
    Mechanisms of ATP-induced IL-6 production in systemic sclerosis fibroblasts.
    北関東医学会総会2016.9.29 前橋

VI.地域の講演

  1. 清水 晶 川島 眞(東京女子医科大学).
    ウイルス感染症 ヒト乳頭腫ウイルス感染症
    第1回皮膚科感染症サマースクール 2016.6.18 淡路市
  2. 茂木精一郎.
    血管病変からみた全身性強皮症と皮膚筋炎
    大阪自己免疫性皮膚疾患セミナーVI 2016.9.9 大阪
  3. 茂木精一郎.
    強皮症治療最前線
    第4回群馬皮膚疾患セミナー 2016.10.20 前橋
  4. 茂木精一郎.
    膠原病の皮膚病変について
    第7回膠原病のリハビリテーション研究会 2016.12.4 金沢
  5. 茂木精一郎.
    全身性強皮症の血管障害の病態と治療 ~手指潰瘍を中心に~
    第2回Clinical Immunology Conference  2016.11.2 名古屋
  6. 茂木精一郎.
    末梢循環障害と皮膚線維化におけるエンドセリンの役割.
    全身性強皮症に伴う手指潰瘍の治療を考えるセミナー. 2016.12.8 前橋
  7. 茂木精一郎.
    強皮症の診断と治療(びまん性と限局性の違い、抗体値の種類と見方、服薬治療).
    第2回強皮症患者会「明日の会」2016.10.2.前橋
  8. 茂木精一郎.
    当科で行った臨床試験について
    第1回強皮症患者会「明日の会」2016.6.12 前橋
  9. 安田正人.
    高齢者に対する乾癬バイオ治療の実際.
    第2回乾癬を語る会 -群馬-, 2016.4.14 前橋
  10. 安田正人.
    高齢者に対する乾癬バイオ治療の実際.
    Psoriasis Interactive Meeting, 2016.6.25 東京
  11. 安田正人.
    乾癬外用療法の新しい時代 〜2回塗らないで1回外用で治す治療〜.
    第17回とちぎ乾癬友の会学習懇談会, 2016.7.17 宇都宮
  12. 安田正人.
    群馬大学皮膚科におけるアダリムマブ投与の実際 〜80mg投与の重要性〜.
    群馬Expert Meeting in 群馬, 2016.9.14 前橋
  13. 安田正人.
    皮膚科いきものがかり 〜乾癬と悪性黒色腫〜.
    大分市皮膚科医会講演会, 2016.10.8 大分
  14. 安田正人.
    ますます選択肢が増える乾癬治療 〜今こそ学び直す時〜.
    大分乾癬友の会学習懇談会, 2016.10.9 大分
  15. 安田正人.
    悪性黒色腫の外科的治療〜群馬大学医学部附属病院皮膚科における治療経験を踏まえて〜.
    Melanomaセミナー, 2016.10.16 東京
  16. 安田正人.
    抗IL-12/23抗体・抗IL-17A抗体無効、抗TNFα抗体によるKL-6の上昇が続く尋常性乾癬の1例.
    乾癬エキスパートミーティング in 関東甲信越, 2016/11/12 東京
  17. 安田正人.
    皮膚科医が診る関節症性乾癬.
    群馬県リウマチ登録医・実地医家の会, 2016.11.19, 前橋
  18. 安田正人.
    安全性、利便性を考慮した乾癬バイオ治療.
    Biologics Users Web Conference, 2016.11.22 東京

VIII.関連病院業績

著書

  1. 田村敦志. 美容に配慮した皮膚小腫瘍の治療. WHAT’S NEW in 皮膚科学 2016-2017, 宮地良樹, 鶴田大輔編, メディカルレビュー社, 東京, p172-173, 2016
  2. 田村敦志. 指先・爪下の腫瘍の診断と対処. 皮膚科研修ノート, 永井良三 総監修, 佐藤伸一, 藤本 学編, 診断と治療社, 東京, p502-504, 2016
  3. 田村敦志. 外用薬の選び方と使い方① 急性期・慢性期の浅い褥瘡. 外用薬の特性に基づいた褥瘡外用療法のキホン, 宮地良樹編, 南山堂, 東京, p95-100, 2016
  4. 田村敦志. 爪部の局所解剖. カラーアトラス 爪の診療実践ガイド, 安木良博, 田村敦志編, 全日本病院出版会, 東京, p2-10, 2016
  5. 田村敦志. 陥入爪,過弯曲爪の治療方針に関するdebate: 症例により外科的操作が必要と考える立場から. カラーアトラス 爪の診療実践ガイド, 安木良博, 田村敦志編, 全日本病院出版会, 東京, p105-114, 2016
  6. 田村敦志. 陥入爪, 過弯曲爪の治療:フェノール法を含めた外科的治療. カラーアトラス 爪の診療実践ガイド, 安木良博, 田村敦志編, 全日本病院出版会, 東京,
    p131-140, 2016
  7. 田村敦志, 長谷川道子. 爪部の手術療法. カラーアトラス 爪の診療実践ガイド, 安木良博, 田村敦志編, 全日本病院出版会, 東京, p141-165, 2016
  8. 岡田克之. 褥瘡をどう記載するか? 上出良一編集, 褥瘡の外用療法 —匠はどう考え、どう使うか?—, WOC Nursing 4(3), 医学出版, 14-25, 2016
  9. 岡田克之. 局所のスキンケアと栄養サポート. 山中英治編集, 褥瘡ケアの栄養サポート, Nutrition Care 9(7), メディカ出版, 614-617, 2016
  10. 岡田克之. 外用薬を塗布する際のポイント. 宮地良樹編集, 外用薬の特性に基づいた褥瘡外用療法のキホン, 南山堂, 132-138, 2016
  11. 岡田克之. 急性期病院皮膚科と在宅の連携. 袋 秀平編集, 褥瘡をめぐる急性期医療と在宅医療のコラボレーション〜シームレスな治療・ケア提供をめざして〜, WOC Nursing 4(11), 医学出版, 74-84, 2016

論文

  1. 田村敦志. 糖尿病患者によくみられる皮膚症状 壊死性筋膜炎・ガス壊疽. 糖尿病診療マスター 14(8): 633-635, 2016
  2. 田村敦志. 「これ何ですか?」と聞かれる高齢者皮膚病変. 老年医学 54(10): 969-972, 2016
  3. 長谷川道子 田村敦志. 臀部に単発したverrcous porokeratosis. 日皮会誌 126(2): 157-162, 2016
  4. 長谷川道子 田村敦志 清水 晶 天野博雄 横山洋子. 一部に巨細胞性線維芽細胞腫の組織像を認めたBednar腫瘍. 日皮会誌 126(12): 2281-2286, 2016
  5. 安田正人, 岡田悦子, 長谷川道子, 遠藤雪恵, 龍崎圭一郎, 岡田克之, 田村敦志, 石川 治. 日光角化症に対するイミキモド(ベセルナクリーム5%)外用の有効性, 安全性を評価する後ろ向き多施設共同臨床研究. 西日皮膚78(4): 408-413, 2016
  6. 上原 顕仁 須藤 麻梨子 田子 修 長谷川 道子 永井 弥生 田村 敦志 石川 治. 多種類の化学療法を試みたアポクリン汗腺癌の2例. 皮膚臨床58(9): 1393-1398, 2016
  7. 長谷川道子 田村敦志. 項部に生じた毛巣洞.日本皮膚外科学会誌 20(1):54-55, 2016
  8. 大森優子、松崎晋一、中島雅子、河井利恵子、岡田克之、桑島 信. 結核スクリーニングとしての抗酸菌塗抹検査導入の効果. 日本環境感染学会誌 31(5): 319-325, 2016

学会

  1. 田村敦志.
    特別企画 皮膚外科道場 皮膚外科基本編(ビデオ講演)
    第31回日本皮膚外科学会総会・学術集会 2016.9.10-11 沼津
  2. 長谷川道子 田村敦志
    ジアフェニルスルホン(DDS)による低HbA1c値を呈した水疱性類天疱瘡の1例.
    第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2016.2.20-21 新宿
  3. 長谷川道子 田村敦志.
    生下時より尾骨部に隆起を認めたcoccygeal pad.
    第34回日本臨床皮膚外科学会学術大会 2016.3.5-6 吹田
  4. 長谷川道子 田村敦志.
    診断確定までに複数回の生検を要したボーエン病.
    第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2016.5.27-28 鹿児島
  5. 長谷川道子 田村敦志.
    皮下硬結を伴った頸部の硬化性萎縮性苔癬.
    第115回日本皮膚科学会総会 2016.6.3-5 京都
  6. 長谷川道子 田村敦志.
    比較的稀な2腫瘍の既往を有する36歳女性のPinkus腫瘍.
    第31回日本皮膚外科学会総会・学術集会 2016.9.10-11 沼津
  7. 長谷川道子 田村敦志.
    Coccygeal padの1例.
    第92回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.9.15 前橋 
  8. 長谷川道子 田村敦志.
    腹筋麻痺を生じた腹部帯状疱疹の1例.
    第80回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2016.10.29-30 浜松
  9. 茂木麻美 岡田悦子 龍﨑圭一郎.
    繊維性肉腫様変化を伴った隆起性皮膚線維肉腫の1例.
    第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2016.2.20 東京
  10. 石川真衣 岡田悦子 龍﨑圭一郎.
    Brooke-Spiegler症候群の1例.
    第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2016.2.20 東京
  11. 石川真衣 岡田悦子 龍﨑圭一郎.
    Signet-ring cellの細胞形態を呈した浸潤性乳房外Paget病の1例.
    第90回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.3.16 前橋
  12. 岡田悦子 龍﨑圭一郎 原田直之.
    メトトレキサート内服中の関節リウマチ患者に生じた再発性水痘の1 例
    第115回日本皮膚科学会総会 2016.6.3-5 京都
  13. 岡田克之.
    みんなで目指す「褥瘡のひろば」〜在宅から病院までの褥瘡連携やいかに〜
    第11回 日本褥瘡学会関東甲信越地方会群馬支部学術大会 2016.2.6 前橋
  14. 岡田克之.
    シンポジウム「食事で褥瘡予防・治療をめざす〜多職種連携で『食べる』を考える〜」 ずっと褥瘡発生前であれ〜入院前こそ「食」が大切〜
    第18回日本褥瘡学会学術集会 2016.9.2-3 横浜
  15. 大森優子、中島雅子、河井利恵子、岡田克之、桑島 信.
    ICTからの提言による抗菌薬適正使用への試みとその評価.
    第31回 日本環境感染学会総会・学術集会 2016.2.20-21 京都
  16. 岡田克之、並木純子、小林 誠、根岸弥生、寺井恵美子、村岡頼子、佐々木杏奈、清水瑠美香、伊藤さやか、伊藤裕樹、井田知宏、石川弥生、飯田智広.
    皮膚科に入院した重度褥瘡患者の「栄養状態」と「創状態」を考える〜積極的に“顔を見せる連携”へ〜.
    第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2016.2.25-26 福岡
  17. 小林 誠、岡田克之、並木純子、井田知宏、石川弥生、伊藤さやか、伊藤裕樹、佐々木杏奈、飯田智広.
    NSTとの考えに開きがあった患者との係わり 〜経口摂取困難だった2症例〜.
    第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2016.2.25-26 福岡
  18. 石川有理、井田知宏、岡田克之、寺井恵美子、村岡頼子、伊藤さやか、伊藤裕樹、平野浩司、田代香奈、石川弥生、飯田智広.
    地域へ向けたNST講演会による啓発活動 〜今回はロコモティブシンドロームをテーマとして〜.
    第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2016.2.25-26 福岡
  19. 佐々木杏奈、清水瑠美香、岡田克之、並木純子、小林 誠、井田知宏、伊藤さやか、伊藤裕樹、石川弥生、飯田智広.
    在宅療養に移行できた重度の持ち込み褥瘡の1例 〜退院後に繋げる栄養サポート〜.
    第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2016.2.25-26 福岡
  20. 今井正之、高久裕紀、石川有理、井田知宏、寺井恵美子、村岡頼子、平野浩司、田代香奈、岡田克之、石川弥生、飯田智広.
    電子カルテシステムを生かした周術期口腔機能管理の取り組み.
    第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2016.2.25-26 福岡
  21. 清水 瞳、竝川昌司、鈴木悠平、藤井友理奈、高橋ゆかり、松島広美、木村理絵、小林 誠、藤井 努、村岡頼子、飯田智広、岡田克之.
    肝硬変における分岐鎖アミノ酸製剤の剤型変更による影響.
    第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2016.2.25-26 福岡
  22. 岡田克之.
    重度褥瘡患者の創状態と栄養状態.
    第115回日本皮膚科学会総会 2016.6.3-5 京都
  23. 岡田克之、中里貴江、大谷内千恵、金井美紀、大川三登利、小野里貴子、井上智子、伊藤恵美.
    より良い褥瘡連携に向けて「褥瘡のひろば」の構築を目指す(第1報).
    第18回日本褥瘡学会学術集会 2016.9.2-3 横浜
  24. 大川三登利、岡田克之、大谷内千恵、金井美紀、小野里貴子、井上智子、伊藤恵美.
    当院における医療関連機器圧迫創傷の現状.
    第18回日本褥瘡学会学術集会 2016.9.2-3 横浜
  25. 岡田克之、村岡頼子、寺井恵美子、小林 誠、木村理絵、柴田耕治、伊藤さやか、伊藤裕樹、佐々木杏奈、平野浩司、田代香奈、石川有理、石川弥生、飯田智広.
    昨年度のNST活動を振り返ってみて 〜A・B・C:3チームの現在過去未来〜.
    第3回日本静脈経腸栄養学会関東甲信越地方会学術集会 2016.9.25 飯山
  26. 岡田克之、村岡頼子、寺井恵美子、藤井 努、小林 誠、木村理絵、並木純子、野﨑 貢、平野浩司、石川弥生、伊藤さやか、伊藤裕樹、佐々木杏奈、田代香奈、石川有理、飯田智広.
    「多職種協働」で取り組んできたNST〜この十年、次の十年〜.
    第25回群馬NST研究会 2016.10.1 高崎
  27. 岡田克之、大谷内千恵、金井美紀、大川三登利、小野里貴子、井上智子、伊藤恵美、上原美奈子.
    なぜ医療関連機器圧迫創傷を発生させてしまったのか?〜当院の現状と予防への努力〜.
    第46回日本創傷治癒学会 2016.12.9-10 東京
  28. 岡田克之、大谷内千恵、金井美紀、大川三登利、小野里貴子、井上智子、伊藤恵美、粕川由貴子、中里貴江.
    褥瘡連携に関わる地域の課題を考える〜「褥瘡のひろば」の構築に向けて〜.(優秀演題賞受賞)
    第13回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会 2016.12.22-23 東京
  29. 石渕隆広、神山由佳、曽我部陽子.
    結節性紅斑様皮疹を伴ったIgA血管炎の1例
    第91回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.6.16 前橋
  30. 北村理恵、須田俊一、曽我部陽子、友政蘭、鈴木忍、林礼人、水野博司.
    脂漏性角化症病巣内から発症したBowen病の一例.
    第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2016.5.27-28 鹿児島
  31. 山﨑咲保里 田村政昭.
    Intraepidermal epitheliomaの像を呈したBowen病の1例.
    第91回日本皮膚科学会群馬地方会 2016.6.16 前橋

地域の講演

  1. 田村敦志. 
    EGFR阻害薬の皮膚障害に対する当院でのマネージメント.
    第4回東毛地区大腸癌化学療法セミナー 2016.12.15 太田
  2. 龍﨑圭一郎.
    尋常性乾癬と悪性黒色腫の治療 -新しい展望-.
    第179回市民健康医学講座 2016.3.23 高崎
  3. 岡田克之.
    在宅でも役立つ褥瘡対策 〜見る・診る・看る〜
    伊勢崎佐波医師会講演会 2016.1.19 伊勢崎
  4. 岡田克之.
    褥瘡をふせぐ眼、みる眼、ケアする眼
    老年病研究所附属病院講演会 2016.1.26 前橋
  5. 岡田克之,川﨑美智子.
    守りたい大切な足 〜いつまでも元気に歩いてほしい〜
    桐生厚生総合病院 第7回地域医療勉強会 2016.3.10 桐生
  6. 岡田克之.
    褥瘡をみてみてみよう!〜三次元の眼を鍛えましょう〜
    石井病院講演会 2016.3.31 伊勢崎
  7. 岡田克之.
    当科の乾癬治療の実際〜患者のQOL改善を目指して〜
    第2回乾癬を語る会—群馬— 2016.4.14 前橋
  8. 岡田克之.
    皮膚科医として『足病』を考える〜フットケア外来と足外来〜
    東毛皮膚科懇話会 2016.4.19 桐生
  9. 岡田克之.
    「足外来」の在り方を考える〜越えるべきハードル〜
    第6回群馬皮膚創傷治癒研究会 2016.6.9 前橋
  10. 岡田克之.
    褥瘡対策に必要な2つのアセスメント〜いかに防ぎ、いかに治すか?〜
    前橋市医師会卒後研修会 2016.7.21 前橋
  11. 岡田克之.
    素肌の健康を保つために 加齢による皮膚の変化と病気
    桐生市けんこう塾 2016.7.26 桐生
  12. 岡田克之.
    栄養をみる、褥瘡をみる、患者をみる〜見逃さないチーム医療〜
    太田記念病院院内講演会 2016.8.1 太田
  13. 岡田克之.
    みんなで鍛えよう!褥瘡をみる三次元の眼〜アセスメントの+α〜
    CAPE Communication Seminar 2016.9.11 広島
  14. 岡田克之.
    『足病』を診るということ〜足外来ノススメ〜
    佐野厚生総合病院院内講演会 2016.9.13 佐野
  15. 岡田克之.
    生物学的製剤に対する躊躇から期待へ〜自ら打つことの決意と意義〜
    乾癬 Expert Meeting in 群馬 2016.9.14 前橋
  16. 岡田克之.
    乾癬治療の選択肢〜生物学的製剤を中心に〜
    乾癬フォーラム in 両毛 2016.9.29 桐生
  17. 岡田克之.
    外用薬をどう選び、どう塗るか?〜皮膚科医の眼に映るもの〜
    第3回外用療法研究会 2016.12.4 新潟
  18. 嶋岡正利.
    DESIGN-R®について.
    第26回地域褥瘡検討会 2016.6.17 藤岡
  19. 田村政昭.
    講義①褥瘡 褥瘡の発生とアセスメント.
    第10回在宅褥瘡セミナー 2016.11.23 宇都宮
  20. 遠藤雪恵.
    皮膚科医が語る美容皮膚科 ~お肌を考えるすべての人へ~、
    平成28年度 群馬県 皮膚の日 市民公開講座 2018.11.20 前橋市

PAGE TOP