教員紹介

2006年業績集

I.著書

編著

  1. 石川 治,田村敦志編
    創傷治療プラクティス 南江堂(東京) 2006

分担執筆

  1. 安部正敏,石川 治
    エリテマトーデス Lupus profundus
    皮膚病変から診る膠原病(宮川幸子編) 全日本病院出版会(東京) pp19-25, 2006
  2. 安部正敏
    皮膚創傷治療のための基礎知識
    創傷治療プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp1-14, 2006
  3. 五十嵐直弥
    毛の病変,汗腺の障害,色素異常
    「日光蕁麻疹を主訴に受診したが,実はSjogren症候群に伴う無汗症だった」
    皮膚科診療のコツと落とし穴1:症候・症状,診断,検査(西岡 清編) 中山書店(東京) ページ2006
  4. 石川 治
    Wound bed preparation 
    皮膚疾患の最新医療(斎田俊明,他編) 先端医療技術研究所(東京) pp25-28, 2006
  5. 石川 治
    褥瘡 
    皮膚疾患最新の治療 2007-2008 南江堂(東京) pp103-104, 2006
  6. 石川 治
    強皮症
    皮膚科専門医テキスト集 2000年度(日皮会研修委員会監修) 日皮会 pp94-113, 2006
  7. 石川 治
    膠原病類縁疾患 
    皮膚科学(片山一郎,他編) 文光堂(東京) pp402-410, 2006
  8. 石川 治
    Wound bed preparationとは 
    What`s New in 皮膚科学(宮地良樹編) メディカルレビユー社(東京) pp142-143, 2006
  9. 石川 治
    褥瘡に消毒薬を使用してはいけないのですか? ポケットがある場合はどうするの? 
    消毒・滅菌・感染防止のQ&A(尾家重治編) 照林社(東京) pp109-110, 2006
  10. 石川 治
    褥瘡を洗浄する際,生理食塩水のかわりに微温湯(水道水)を使用してもいい? 
    消毒・滅菌・感染防止のQ&A(尾家重治編) 照林社(東京) p111, 2006
  11. 石川 治
    難治性褥瘡の治療 
    よくわかって役に立つ 新褥瘡のすべて(宮地良樹,他編) 永井書店(大阪) pp231-245, 2006
  12. 石川 治
    褥瘡治療の実際 
    創傷プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp99-133, 2006
  13. 石川 治
    皮膚の役割と紫外線 
    医学を学ぶ(群馬大学医学部編) 南江堂(東京) pp145-152, 2006
  14. 石川 治
    Goltz症候群 
    内分泌症候群III(第2版) 日本臨床社(東京) pp422-425, 2006
  15. 岡田悦子
    メスを用いた皮膚腫瘍手術のコツ.皮下の腫瘍:脂肪腫,神経鞘腫
    いますぐできる外来皮膚外科・美容皮膚科のスキル(宮地良樹監修) 
    中山書店(東京) pp45-50, 2006
  16. 曽我部陽子,石川 治
    Sjogren症候群の皮膚病変
    先端医療シリーズ38:皮膚科 皮膚疾患の最新医療(斉田俊明,他編) 
    先端医療技術研究所 pp154-156, 2006
  17. 田村敦志
    母斑,血管腫,リンパ管腫
    今日の治療指針 2006年版(山口 徹,他編) 医学書院(東京) pp872-873, 2006
  18. 田村敦志
    医原性皮膚疾患
    最新皮膚科学大系2006-2007(玉置邦彦,他編) 中山書店(東京) pp303-316,2006
  19. 田村敦志
    センチネルリンパ節生検
    WHAT’S NEW in 皮膚科学 2006-2007(宮地良樹編) 
    メディカルレビュー社(東京) pp112-113, 2006
  20. 田村敦志
    電気外科・皮膚キュレットを用いた手技
    いますぐできる外来皮膚外科・美容皮膚科のスキル(宮地良樹監修) 
    中山書店(東京) pp15-25, 2006
  21. 田村敦志
    播種状紅斑丘疹型薬疹
    皮膚科診療プラクティス19巻 薬疹を極める(塩原哲夫,他編) 文光堂(東京) pp33-37, 2006
  22. 田村敦志
    皮膚潰瘍治療外用薬と創傷被覆材の種類と使い方
    創傷治療プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp15-48, 2006
  23. 田村敦志
    静脈瘤性潰瘍
    創傷治療プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp57-60, 2006
  24. 田村敦志
    壊疽性膿皮症
    創傷治療プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp76-79, 2006
  25. 田村敦志
    Interventional Radiologyによる潰瘍
    創傷治療プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp89-91, 2006
  26. 田村敦志
    注射漏れによる潰瘍
    創傷治療プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp92-97, 2006
  27. 田村敦志
    皮膚小外傷の治療の実際
    創傷治療プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp163-170, 2006
  28. 田村敦志
    ケロイド,肥厚性瘢痕
    皮膚疾患 最新の治療 2007-2008(瀧川雅浩,他編) 南江堂(東京) p219, 2006
  29. 田村敦志
    にきび瘢痕のメカニズム:にきび跡はなぜ残る?
    皮膚科診療最前線シリーズ にきび最前線(宮地良樹編) 
    メディカルレビュー社(東京) pp44-47, 2006
  30. 田村敦志
    Wound Bed Preparationのコンセプトと実際
    よくわかって役に立つ 新・褥瘡のすべて(宮地良樹,他編) 永井書店(東京) pp176-192, 2006
  31. 永井弥生
    Still病を見逃さない
    What’s new in 皮膚科学(宮地良樹編) メディカルレビュー社(東京) pp98-99, 2006
  32. 永井弥生
    メスを用いた皮膚腫瘍手術のコツ 真皮内の腫瘍:神経線維腫,皮膚線維腫
    いますぐできる 外来皮膚外科・美容外科のスキル(宮地良樹監)  
    中山書店(東京) pp35-40, 2006
  33. 永井弥生
    皮膚創傷の消毒
    創傷治癒プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp49-54, 2006
  34. 永井弥生
    皮膚潰瘍治療の実際:糖尿病による潰瘍
    創傷治癒プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp61-66,2006
  35. 永井弥生
    閉塞性動脈硬化症(ASO)による潰瘍
    創傷治癒プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp67-71,2006
  36. 永井弥生
    閉塞性血栓性血管炎(TAO)による潰瘍
    創傷治癒プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp72-75,2006
  37. 永井弥生
    血管炎による潰瘍
    創傷治癒プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp80-83,2006
  38. 永井弥生
    全身性強皮症による潰瘍
    創傷治癒プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp2006
  39. 永井弥生
    熱傷・凍傷・化学熱傷の治療の実際
    創傷治癒プラクティス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp135-162, 2006
  40. 中村元信
    毛髪再生治療は可能か
    What’s new in 皮膚科学(宮地良樹編) メデイカルレビュー社(東京) pp118-119, 2006
  41. 中村元信
    毛の再生 未来治療
    毛の悩みに応える皮膚科診療 毛髪最前線(板見 智,他編) 南山堂(東京) pp197-206, 2006
  42. 中村元信
    症状を学び,診療科を探す(フローチャート) 皮膚の異常 4脱毛
    子どもは素晴らしい お母さんとお父さんの子育てのために(牛尾信也編)
    金原出版株式会社(東京) p140, 2006
  43. 中村元信
    今後の展望:皮膚の再生治療
    創傷治癒プラクテイス(石川 治,他編) 南江堂(東京) pp171-179, 2006
  44. 茂木精一郎
    Buerger病の中年女性でみられた手指のgangrene
    皮膚科診療のコツと落とし穴 ②疾患(西岡 清編) 中山書店(東京) pp136-137, 2006

II.論文

英文原著

  1. Abe M, Syuto T, Hasegawa M, Sogabe Y, Yokoyama Y, Kan C, Ishikawa O
    Daily versus intermittent application of high-concentration tacalcitol ointment in combination with low-dose cyclosporin for psoriasis vulgaris.
    J Dermatol 33:108-111, 2006
  2. Abe M, Tamura A, Sogabe Y, Yokoyama Y, Hashimoto C, Syuto T, Ishikawa O
    Harlequin sign (hemifacial flushing and contralateral hypohidrosis) in a 4-year-old girl with Horner syndrome.
    Pediatr Dermatol 23:358-360, 2006
  3. Bu S, Yamanaka M, Pei H, Bielawska A, Bielawski J, Hannun YA, Obeid L, Trojanowska M
    Dihydrosphingosine 1-phosphate stimulates MMP1 gene expression via activation of ERK1/2-Ets1 pathway in human fibroblasts.
    FASEB J 20:184-6, 2006
  4. Foitzik K, Krause K, Conrad F, Nakamura M, Funk W, Paus R
    Human scalp hair follicles are both a target and a source of prolactin, which serves as an autocrine and/or paracrine promoter of apoptosis-driven hair follicle regression.
    Am J Pathol 168:748-756, 2006
  5. Fukunaga A, Nagai H, Yu X, Oniki S, Okazawa H, Motegi S, Suzuki R, Honma N, Matozaki T, Nishigori C, Horikawa T
    Src homology 2 domain-containing protein tyrosine phos-phatase substrate 1 regulates the induction of Langerhans cell maturation.
    Eur J Immunol 36:3216-3226, 2006
  6. Ludan Qu, Abe M, Yokoyama Y, Ishikawa O
    Effects of 17b-estradiol on matrix metalloproteinase-1 synthesis by human dermal fibroblasts.
    Maturitas 54:39-46, 2006
  7. Hasegawa M, Nagai Y, Tamura A, Ishikawa O
    Arteriographic evaluation of vascular changes of the extremities in patients with systemic sclerosis.
    Br J Dermatol 155:1159-1164, 2006
  8. Hosoya R, Yokoyama Y, Hamana K, Itoh T
    Polyamine analysis within the eubacterial thirteen phyla Acidobacteria, Actinobacteria,chlorobi, Chloroflexi, Chrysiogenetes, Deferribacteres, Fibrobacteres, Firmicutes, Fusobacteria, Gemmatimonadetes, Nitrospirae, Planctomycetes, and Verrucomicrobia.
    Microbiol Cult Coll 22:21-33, 2006
  9. Motegi S, Tamura A, Matsushima Y, Nagai Y, Ishikawa O
    Squamous cell carcinoma of the eyelid arising from palpebral conjunctiva.
    Eur J Dermatol 16:187-189, 2006
  10. Motegi S, Okada E, Nagai Y, Tamura A, Ishikawa O
    Skin manifestation of mantle cell lymphoma
    Eur J Dermatol 16:435-438, 2006
  11. Motegi S, Tamura A, Tanaka S, Nagai K, Ishikawa O
    Aggressive basal cell carcinoma with pulmonary metastases.
    Eur J Dermatol 16:585-586, 2006
  12. Nagai Y, Yamanaka M, Ishikawa O, Nishimura S, Nakano A, Hasegawa A
    Drug eruption due to bosentan in a patient with systemic sclerosis.
    Modern Rheumatol 16:188-190, 2006
  13. Peters EMJ, Stieglitz MG, Liezman C, Overall RW, Nakamura M, Hagen E, Klapp BF, Arck P,
    Paus R
    p75 neurotrophin receptor-mediated signaling promotes human hair follicle regression (catagen)
    Am J Pathol 168:221-234,2006
  14. Roy BB, Jinno-Oue A, Shinagawa M, Shimizu A, Tamura K, Shimizu N, Tanaka A, Hoshino H
    Isolation of the feline alpha1,3-galactosyltransferase gene, expression in transfected human cells and its phylogenetic analysis.
    J Exp Zoolog B Mol Dev Evol 306:59-69. 2006
  15. Shibusawa Y, Negishi I, Ishikawa O
    Compound heterozygosity in sibling patients with recessive dystrophic epidermolysis bullosa associated with a mild phenotype.
    Int J Dermatol 45:302-305. 2006
  16. Shimizu A, Tamura A, Ishikawa O
    Invasive squamous cell carcinoma arising from verrucous carcinoma. Recognition of verrucous carcinoma of skin as an in situ carcinoma.
    Eur J Dermatol 16:439-442. 2006
  17. Shimizu A, Tamura A, Ishikawa O
    Livedo racemosa as a cutaneous manifestation of polycythemia vera.
    Eur J Dermatol 16:312-313. 2006
  18. Shinohara M, Ohyama N, Murata Y, Okazawa H, Ohnishi H, Ishikawa O, Matozaki T
    CD47 regulation of epithelial cell spreading and migration, and its signal transduction.
    Cancer Sci 97:889-895, 2006
  19. Sogabe Y, Abe M, Yokoyama Y and Ishikawa O
    Basic Fibroblast Growth Factor stimulates human keratinocyte motility by Rac activation.
    Wound Repair and Regen 14:457-462, 2006
  20. Takahashi N, Suzukamo Y, Nakamura M, Miyachi Y, Green J, Ohya Y, Finlay AY, Fukuhara S
    Japanese version of the Dermatology Life Quality Index: validity and reliability in patients with acne.
    Health Qual Life Outcomes 4:46, 2006
  21. Togo T, Utani M, Naitoh M, Ohta M, Tsuji Y, Morikawa N, Nakamura M, Suzuki S
    Identification of cartilage progenitor cells in the adult ear perichondrium: utilization for cartilage reconstruction.
    Lab Invest 86:445-457, 2006
  22. Tomaru K, Nagai Y, Ohyama N, Hasegawa M, Endo Y, Tamura A, Ishikawa O
    Adult-onset Still’s disease with prurigo pigmentosa-like skin eruption.
    J Dermatol 1:55-58, 2006
  23. Yasuda M, Tamura A, Shimizu A, Takahashi A, Ishikawa O
    Bowen's disease involving the urethra.
    Helix Review Series Urology 10:104-106, 2006
  24. Yasuda M, Miyachi Y, Ishikawa O, Takahashi K
    Spatial expressions of fibronectin and integrins by human and rodent dermal fibroblasts.
    Br J Dermatol 155:522-31, 2006
  25. Zaw KK, Yokoyama Y, Abe M, Ishikawa O
    Catalase restores the altered mRNA expression of collagen and matrix metalloproteinases by dermal fibroblasts exposed to reactive oxygen species.
    Eur J Dermatol 16:375-79, 2006

和文総説

  1. 安部正敏
    創傷治癒の基礎 再生と修復と収縮
    日本褥瘡学会誌 8:6-11, 2006
  2. 安部正敏,石川 治
    皮膚潰瘍治癒の修復因子
    潰瘍33:19-23,2006
  3. 石川 治
    皮膚科セミナリウム 皮膚筋炎 
    日皮会誌116:282-288, 2006
  4. 石川 治
    TIMEの観点からの皮膚潰瘍・褥瘡治療 
    臨皮60(増):93-99, 2006
  5. 石川 治
    皮膚科医からのアンチアイジング・アドバイス 
    Modern Physician 26:571-574, 2006
  6. 石川 治
    世界標準の治療指針 膠原病 
    日皮会誌116:1701-1719, 2006
  7. 石川 治
    実践的創傷治癒論 
    日皮会誌116:2187-2190, 2006
  8. 田村敦志
    ほくろの治療指針:外科療法の実際
    MB Derma 117:58-65, 2006
  9. 田村敦志
    皮膚潰瘍への対応
    日本医事新報4302:49-52, 2006
  10. 永井弥生,石川 治
    Polyarteritis nodosa (PN)/皮膚型PN
    MB Derma 110:36-44, 2006
  11. 永井弥生
    成人Still病
    日皮会誌116:429-436, 2006
  12. 永井弥生,石川 治
    トキシックショック症候群
    MB Derma 119:17-24, 2006
  13. 中村元信
    毛包再生研究の現状と未来
    加齢皮膚医学セミナー 2:21-25, 2006
  14. 中村元信
    Churg-Strauss症候群
    MB Derma 110:45-50, 2006

和文症例報告

  1. 安部正敏,石渕裕久,周東朋子,横山洋子,石川 治
    ネオーラルからネオメルクへの切り換えにより症状が再燃した尋常性乾癬の1例
    Visual Dermatol 5:922-925, 20
  2. 安部正敏,曽我部陽子,横山洋子,橋本姿惠,周東朋子,石渕裕久,石川 治
    塩基性線維芽細胞増殖因子により惹起されるコラーゲンゲル収縮における細胞内シグナル
    伝達系の解析
    皮膚科学5 (Supp l):26-31, 2006
  3. 天野博雄,石川 治
    シクロスポリンと皮膚筋炎
    Visual Dermatol 10:1002-1003, 2006
  4. 安部万里絵,岡田悦子,永井弥生,田村敦志,石川 治
    面皰母斑の1例
    臨皮60:805-807, 2006
  5. 五十嵐直弥
    全身性無汗症が契機となり診断したSjogren症候群の1例
    臨皮60:907-910, 2006
  6. 五十嵐直弥
    眼瞼脂腺癌の1例 本邦報告132例についての検討
    臨皮60:985-988, 2006
  7. 石井則久,朝比奈昭彦,天谷雅行,飯島正文,石川 治,今村英一,大江麻利子,大滝倫子,
    加藤安彦,金澤伸雄,上出良一,神保 保,木花 光,小茂田昌代,杉山奈津子,関根万理,
    竹崎伸一郎,田中 勝,田村暢子,永岡 譲,南光寛子,林 正幸,牧上久仁子,松田知子,
    吉住順子 和田康夫
    疥癬診療ガイドライン(第2版) 
    日皮会誌 117:1-13, 2007
  8. 石渕裕久,清水 晶,永井弥生,田村敦志,石川 治
    OK-432局注療法が奏功した囊胞状リンパ管腫の1例
    皮膚臨床48:431-433,2006
  9. 石渕裕久,永井弥生,遠藤雪恵,岡田悦子,田子 修,菅原伸幸,松島陽一郎,田村敦志,
    石川 治
    多発性の皮膚潰瘍,壊疽を生じた全身性強皮症の2例
    皮膚科学5:148-152
  10. 石渕裕久,長谷川道子,豊田愛子,田村敦志,石川 治
    呼吸器症状を伴ったeosinophilic cellulitisと考えた1例
    臨皮60:367-370,2006
  11. 岩﨑智子,松島陽一郎,永井弥生,田村敦志,石川 治,土橋邦生
    腋窩に生じた皮膚腺病の1例
    臨皮60:83-85,2006
  12. 岩﨑智子,松島陽一郎,清水 晶,渋沢弥生,永井弥生,田村敦志,石川 治,草野元康
    食道病変を伴った尋常性天疱瘡の1例
    臨皮60:450-452, 2006
  13. 岡田克之,今井正之
    歯科との連携で治す皮膚疾患 Part2 歯科関連皮膚疾患 -皮膚科の視点から- 
    齲歯治療により治癒した掌蹠膿疱症
    Visual Dermatol 5:1098-1099, 2006
  14. 片田桐子,橋本姿恵,永井弥生,石川 治
    皮下結節を主訴とした全身性強皮症の1例
    臨皮61:315-317, 2006
  15. 嶋田八恵, 石川 治
    片側性眼瞼腫脹がMALTリンパ腫であった1例
    Visual Dermatol 5:1200-1201, 2006
  16. 周東朋子,安部正敏,長谷川道子,田村敦志,石川 治,服部 瑛
    温泉浴により誘発されたHallopeau稽留性肢端性皮膚炎汎発型の1例
    臨皮60:24-26,2006
  17. 菅原伸幸,松島陽一郎,永井弥生,田村敦志,石川 治
    下背部に生じたPTCAによる放射線皮膚障害
    Skin Surgery 15:83-86, 2006
  18. 菅原伸幸,安部正敏,石川 治
    初期 びまん性脱毛→完成 SLE
    Visual Dermatol 5:238-239, 2006
  19. 高橋 基,青山久美,遠藤雪恵,田村敦志,石川 治 
    局所再発をきたした皮膚原発adenoid cystic carcinomaの1例
    臨皮60:479-481, 2006
  20. 高橋 基,青山久美,長谷川道子,永井弥生,田村敦志,石川 治
    肺胞出血をきたした全身性エリテマトーデスの1例 
    皮膚臨床48:607-610, 2006
  21. 田子 修,永井弥生,石川 治,岡 伸,鈴木良彦
    下肢に生じたStewart-Treves症候群の1例
    皮膚臨床48:577-580, 2006
  22. 田中摂子,田村政昭,石川 治
    仙骨部褥瘡から生じた非クロストリジウム性ガス壊疽の2例
    褥瘡会誌8:188-194, 2006
  23. 田村政昭
    尋常性疣贅に対するタカルシトール20μg/g軟膏の治療効果
    臨皮60:93-95, 2006
  24. 田村政昭,森本奈緒子
    dyskeratosis congenita-血小板減少を伴った1例
    皮膚診療28:337-340, 2006
  25. 永井弥生,片田桐子,石渕裕久,田村敦志,石川 治
    当科における多発性基底細胞癌の検討
    加齢皮膚医学研究会2:45-47, 2006
  26. 安田正人,石川 治,宮地良樹,高橋健造
    ヒト真皮線維芽細胞の体の部位による形質の違い:塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)に対する反応性の検討
    皮膚科学5(Supp 1):21-25, 2006
  27. 山中正義,安部正敏,根岸 泉,岡田克之,龍崎圭一郎,田村政昭,田子 修,五十嵐直弥,
    長谷川道子,石川 治
    爪白癬治療における経口抗真菌剤,イトラコナゾールおよび塩酸テルビナフィンに対する
    患者好選度に関するアンケート調査
    新薬と臨床55:1031-1039, 2006

III.報告書・proceeding

  1. 青山久美,遠藤雪恵,永井弥生,石川 治
    小児全身性強皮症の1例
    厚生労働科学研究強皮症調査研究班平成17年度報告書 pp249-252. 2006
  2. 石川 治,山中正義
    Sphingosine kinase-1は,TNF-a - NFkB, JNKシグナル伝達経路を介してヒトa2 (I)コラーゲン
    遺伝子の転写活性を制御している
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 強皮症における病因解明と
    根治的治療法の開発 平成17年度総括・分担研究報告書 pp133-140, 2006
  3. 大日方英,服部友保,立井一明,和泉孝志
    Gタンパク質共役型受容体G2Aのリガンド同定とシグナル解析
    脂質生化学研究 48:301-303, 2006
  4. Nagai Y, Hisada T, Ando M, Ishikawa O
    Sarcoidosis with dermatomyositis-like skin rashes accompanied by severe interstitial pneumonia and myositis.
    9th China-Japan Joint Meeting of Dermatology, pp36-37, 2006
  5. 永井弥生,五十嵐直弥,曽我部陽子,石川 治,安藤麻梨子,久田剛志
    皮膚筋炎様の皮疹を呈したサルコイドーシス -多発性筋炎合併と考えた1例
    サルコイドーシスと膠原病合併についての検討
    第16回日本リウマチ学会関東支部学術集会記録集 pp56-58, 2006
  6. 永井弥生,山中正義,石川 治,西村 茂,中野明彦,長谷川昭
    エンドセリン受容体拮抗薬ボセンタン(トラクリアⓇ)による薬疹を生じた重症肺高血圧合併全身性強皮症
    厚生労働省「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2006年度班会議・第9回強皮症研究会議合同会議報告書 2006  

IV.短報・雑報

  1. 石川 治
    夏に多い皮膚疾患
    深谷市・大里郡医師会報:4-6,2006
  2. 石川 治
    私の処方 皮脂欠乏性湿疹
    モダンフィジシャン26(8):1361,2006
  3. 石川 治
    指先で見つける膠原病
    medicina 43(10):1696-1698, 2006
  4. 岡田克之,石川 治,宮地良樹
    歯科材料除去による口腔粘膜症状の改善
    Topics in Atopy 5(1):41, 2006
  5. 岡田克之
    治療の最前線:⑪アトピー性皮膚炎
    夕刊 桐生タイムス 第16,000号:12, 2006.5.22
  6. 岡田克之
    チーム医療に関わって
    日本臨床皮膚科医会 北関東信越支部 会報「2006」:10-11, 2006
  7. 田村敦志
    巻頭言 皮膚科医にとって怖いものは?
    皮膚臨床48:481-482, 2006
  8. 田村敦志
    医学書籍
    臨床皮膚科 60(増):90, 2006
  9. 田村敦志
    癌を知る 皮膚がん
    健康通信倶楽部10:6-13, 2006
  10. 永井弥生
    婦人病のページ「にきび」
    健康通信倶楽部11:24-25, 2006
  11. 中村元信
    健康何でも相談室 ヘアカラーのかゆみ 
    健康通信倶楽部13:20,2006
  12. 中村元信,石川 治
    男性型脱毛症の新しい内服治療法 
    健康通信倶楽部13:16-17, 2006

V.学会

シンポジウム、ワークショップ、教育講演など

  1. 安部正敏
    ランチョンセミナー:ビタミンD3のどれを使うか?
    第19回日本乾癬学会学術大会2006.9.4-5 山形
  2. 安部正敏
    アフタヌーンセミナー:様変わりした皮膚病
    第22回日本臨床皮膚科医会臨床学術集会 2006.5.20 札幌 
  3. 安部正敏
    ランチョンセミナー:病院・診療所・患者と共同で取り組む乾癬治療とは?-患者友の会が無い
    地域での試み
    第22回日本臨床皮膚科医会臨床学術集会 2006.5.21 札幌
  4. 安部正敏
    イブニングセミナー:bFGFは本当に創傷治癒の質を改善するのか??
    第105回日本皮膚科学会総会 2006.6.3 京都
  5. 安部正敏
    ランチョンセミナー:ビタミンD3外用薬と内服療法(シクロスポリン)の併用のコツ
    第21回日本乾癬学会学術大会 2006.9.29 高知
  6. 石川 治
    教育講演:褥瘡発生の生理とメカニズム
    第3回日本褥瘡学会関東甲信越地方会 2006.5.26-27 甲府
  7. 石川 治
    教育講演:創傷治癒 実践的創傷治癒論
    第105回日本皮膚科学会学術大会 2006.6.2-4 京都
  8. 石川 治
    モーニングセミナー:皮膚科医だからこそできる皮膚潰瘍治療
    第105回日本皮膚科学会学術大会 2006.6.2-4 京都
  9. 石川 治
    教育講演:皮膚科医が語る皮膚の構造と機能
    日本褥瘡学会関東甲信越地方会第1回教育セミナー 2006.7.30東京
  10. 石川 治
    教育講演:世界標準の治療指針 膠原病
    第36回日本皮膚科学会生涯教育シンポジウム 2006.8.27 東京
  11. 石川 治
    ランチョンセミナー:皮膚科医に求められる創傷治癒の基本
    第335回日本皮膚科学会山形・宮城・福島地方会 2006.9.10 山形
  12. 石川 治
    教育講演:高齢者の褥瘡
    第44回日本老年医学会関東甲信越地方会 2006.9.30 東京
  13. 石川 治
    シンポジウム:膠原病に対する治療法の新展開 全身性強皮症
    第56回に本アレルギー学会秋季学術大会 2006.11.3 東京
  14. 永井弥生
    在宅における褥瘡を考える
    第8回日本褥瘡学会学術大会 2006.9.1-2 大宮
  15. 永井弥生
    ワークショップ:褥瘡のベストプラクティス―理想的な病院で何が起こるのか
    第8回日本褥瘡学会学術大会 2006.9.1-2 大宮
  16. 中村元信
    毛包再生研究の現状と未来
    第2回加齢皮膚医学研究会 2006.7.2 東京
  17. 中村元信
    免疫グロブリン言及から毛包研究への転向
    LO皮膚科学研究会 2006.2.16 越後湯沢

国際学会一般演題

  1. Abe M, Ishikawa O, Chin-Han H, Frederick G
    Neither myosin light chain kinase nor phosphorylation of myosin light chain involve the lysophosphatidic acid- and platelet-derived growth factor-dependent fibroblast-collagen matric contraction.
    The 21st Century COE International Symposium Gunma University, 2006.11.1-2, Maebashi, Japan
  2. Amano H, Negishi I, Ishikawa O
    Effect of corticotropin-releasing factor on psychological stress-induced scratching behaviour in atopic dermatitis model mice.
    Weill Cornell Symposium on the Science of Dermatology, Stress and the Skin symposium, 2006. 6-4, New York, USA
  3. Hattori T, Obinata H, Ogawa A, Izumi T
    Eicosanoids in inflammation and chronic diseases: A biological role of G2A in human keratinocytes as a receptor for oxidized free fatty acids.
    Keystone Symposia, 2006.1.11, Park City, USA
  4. Hattori T, Obinata H, Ogawa A, Tatei K, Ishikawa O, Izumi T
    The roles of G2A in human keratinocytes as a receptor for 9-hydroxyoctadecadienoic acid.
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006.6.21, Kyoto, Japan
  5. Nagai Y, Yamanaka M, Ishikawa O, Nishimura S, Nakano A, Hasegawa A
    Drug eruption due to bosentan in a patient with systemic sclerosis complicated by severe pulmonary hypertension.
    International Symposium of Adverse Drug Reaction 2006.2.9-10, Yokohama, Japan
  6. Nagai Y, Hisada T, Ando M, Ishikawa O
    Sarcoidosis with dermatomyositis-like skin rashes accompanied by severe interstitial pneumonia and myositis.
    The 9th China-Japan Joint Meeting of Dermatology 2006.9.15-18, Chengdu, China
  7. Nakamura M, Jo J, Tabata Y, Ishikawa O
    New therapeutic approach targeting T-bet for alopecia areata mouse model C3H/HeJ mice.
    36th Annual European Society for Dermatological Research Meeting, 2006.9.7-9, Paris, France
  8. Shimizu A, Tamura A, Ishikawa O, Hoshino H
    Human papillomavirus detected in Bowen’s disease of the nail apparatus.
    10th annual European Society of Clinical Virology Meeting, 2006.10.2-10.5, Birmingham, UK
  9. Takeuchi Y, Tamura A, Kamiya M, Fukuda T, Ishikawa O
    Immunohistochemical analyses of p63 expression in nomal human skin and skin tumours.
    The 27th World Congres of Biomedical Laboratory Science, 2006.9.15-19, Seoul, Korea
  10. Tobiishi M, Yayo T, Ishikawa O, Inoue S
    Changes in molecular weight and localization of epidermal hyaluronan following UVB irradiaton. 67th Annual Meeting of the Society for Investigative Dermatology, 2006.5.3-6, Philadelphia, USA
  11. Yamanaka M, Ishikawa O
    Antifibrotic actions of N-methylethanolamine (MEA) in human dermal fibroblasts
    The 21st COE International Symposium Gunma University, 2006. 11.1-2, Maebashi, Japan

国内学会一般演題

  1. 青山久美,遠藤雪恵,永井弥生,石川 治
    小児全身性強皮症の1例
    第29回皮膚脈管膠原病研究会 2006.1.27-28 岡山
  2. 安部正敏
    bFGFが惹起するコラーゲンゲル収縮にはRacとRhoキナーゼの活性化が必要である
    第3回bFGF創傷治癒研究会 2006.10.7 東京
  3. 安部正敏,曽我部陽子,横山洋子,周東朋子,石渕裕久,石川 治
    ヒト線維芽細胞の細胞外基質関連蛋白産生に対するシクロスポリンの影響
    強皮症斑会議 2006.1.15東京
  4. Abe M, Sogabe Y, Yokoyama Y, Shyuto T, Ishibuchi H, Ishikawa O
    Influence of cyclosporin on production of extracellular matrix proteins and proliferation of human dermal fibroblasts.
    第31回日本研究皮膚科学会学術大会 2006.6.1京都
  5. 安部正敏,曽我部陽子,横山洋子,周東朋子,石渕裕久,石川 治
    ヒト線維芽細胞由来細胞外基質関連蛋白に対するシクロスポリンの影響
    第21回日本乾癬学会学術大会 2006.9.29-30高知
  6. 安部正敏,周東朋子,石渕裕久,石川 治
    シクロスポリン内服療法が奏功した難治性地図状舌の1例
    第21回日本乾癬学会学術大会 2006.9.29-30 高知
  7. 安部正敏,石渕裕久,周東朋子,石川 治
    ネオーラルからネオメルクへの切り換えにより症状が再燃した尋常性乾癬の1例
    第58回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2006.11.9 佐賀
  8. 安部正敏,周東朋子,石渕裕久,石川 治
    シクロスポリン内服療法が奏功した難治性地図状舌の1例
    第54回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.12.14 前橋
  9. 安部正敏,曽我部陽子,周東朋子,横山洋子,石川 治
    線維芽細胞増殖因子による創傷治癒の質的変化に関する基礎的研究
    第36回日本創傷治癒学会 2006.12.4-5 東京
  10. 安部正敏
    創傷治癒家庭組織リモデリング期におけるbFGFの効果に関する基礎的研究
    第4回bFGF創傷治癒研究会 2006.10.27 東京
  11. 安部万里絵,永井弥生,石川 治,柳沢三朗,金古善明,長谷川昭
    Osler結節の1例
    第52回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.6.15 前橋
  12. 石渕裕久,安部正敏,石川 治
    pigmentatio reticularis faciei et colliと考えた1例
    第57回日本皮膚科学会中部支部総会学術大会 2006.10.7 名古屋
  13. 岡田悦子,清水 晶,田村敦志,石川 治
    若年女性の外陰に生じた有棘細胞癌
    第45回日本皮膚科学会沖縄地方会 2006.1.21~22 那覇
  14. 岡田悦子,五十嵐直弥,永井弥生,田村敦志,石川 治
    広範囲な皮疹を呈したlivedo vasculitisの1例
    第69回日本皮膚科学会東京支部学術大会 2006.2.11.~12 横浜
  15. 岡田悦子,安田正人,田村敦志,石川 治
    隆起性皮膚線維肉腫の臨床・組織学的検討
    第105回日本皮膚科学会学術大会 2006.6.2~4 京都
  16. 岡田悦子,田村敦志,石川 治
    多発転移で発見された足底悪性黒色腫
    第8回メラノーマ研究会 2006.9.2 札幌
  17. 岡田悦子,安部万里絵,田村敦志,石川 治
    Reverse-flow plantar marginal septum cutaneous island flapによるpapillomatosis cutis carcinoides 切除後の前足部の再建
    第21回日本皮膚外科学会総会・学術大会 2006.8.26-27 新潟
  18. 岡田悦子,田村敦志,石川 治
    多発転移で発見された足底悪性黒色腫
    第54回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.12.14 前橋
  19. 岡田克之
    当院における褥瘡の現況 -特に入院後の発生例について-
    第9回日本褥瘡学会学術集会 2006.9.2 さいたま
  20. 片田桐子,橋本姿恵,永井弥生,石川 治,北畠雅人
    皮下結節を主訴として受診した全身性強皮症の一例
    第52回日本皮膚科学会群馬地方会 2007.6.15 前橋
  21. 佐野宏和,長沼 篤,竝川昌司,鏑木大輔,新井理記,森 一世,蘇原直人,丸田 栄,片田桐子,岡田克之
    ペグインターフェロン-α-2a製剤による治療中にStevens-Johnson症候群を発症したC型慢性肝炎の1例
    第536回日本内科学会関東地方会 2006.6.10 東京
  22. 渋沢弥生,永井弥生,石川 治
    成人T細胞白血病・リンパ腫の1例
    第52回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.6.15 前橋
  23. 清水 晶,永井弥生,田子 修,安部正敏,田村敦志,石川 治
    ループス膀胱炎後にループス腸炎を繰り返したSLEの1例
    第29回皮膚脈管・膠原病研究会 2006.1.27 岡山
  24. 清水 晶,遠藤雪恵,永井弥生,田村敦志,石川 治
    広範な皮膚石灰沈着と難治性指尖潰瘍を呈したSLEの1例
    第69回 日本皮膚科学会 東京支部学術大会 2006.2.12 東京
  25. 周東朋子,安部正敏,石渕裕久,石川 治
    乾癬の爪病変に対する低用量シクロスポリン内服療法
    第21回日本乾癬学会 2006.9.30 高知
  26. 新見佳保里,田村政昭
    灯油皮膚炎の4例
    第51回日本皮膚科学会群馬地方会2006.3.16 前橋 
  27. 菅原伸幸
    間質性肺炎,肺塞栓を合併した高齢者全身性エリテマトーデスの1例
    第53回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.9.21 前橋
  28. Shinohara M, Ohyama N,Murata Y,Okazawa H,Ohnishi H,Ishikawa O,Matozaki T
    CD47 regulation of epithelial cell spreading and migration, and its signal transduction
    第16回生理活性ペプチド国際シンポジウム 2006.08.30~09.02 箱根
  29. 曽我部陽子,天野博雄,石川 治
    腎移植後の患者に生じた多毛症の1例
    第51回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.3.16 前橋
  30. Sogabe Y, Abe M, Ishikawa O
    Analyses of signal transduction in human keratinocyte stimulated by basic fibroblast growth factor.
    第31回日本研究皮膚科学会 2006.5.31-6.2 京都
  31. 曽我部陽子,石川 治
    群馬大学皮膚科におけるシェーグレン症候群170名の臨床的検討
    第105回日本皮膚科学会総会 2006.6.2-4 京都
  32. 曽我部陽子,石川 治
    群馬大学皮膚科におけるシェーグレン症候群患者の検討
    第53回北関東医学会総会 2006.9.21-22 前橋
  33. 曽我部陽子,安部正敏,石川 治
    bFGFによるヒト表皮細胞遊走能の制御機構
    第4回bFGF創傷治癒研究会 2006.10.7 東京
  34. 高橋亜由美
    結節嚢腫型基底細胞癌の1例
    第52回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.6.15 前橋
  35. 高橋亜由美
    慢性C型肝炎に伴ったクリオグロブリン血症の1例
    第54回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.12.14 前橋
  36. 田子 修
    水疱性類天疱瘡の治療経過中に下肢深部静脈血栓症を合併した1例
    日本皮膚科学会群馬地方会
  37. 田子 修
    熱傷瘢痕上に生じた栄養障害性皮膚石灰沈着症の1例
    日本皮膚科学会群馬地方会
  38. 竹内 卓,山中正義,清水 晶,永井弥生,石川 治
    粘膜類天疱瘡の1例
    第54回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.12.14 前橋
  39. 竝川昌司,鏑木大輔,新井理記,森 一世,長沼 篤,蘇原直人,丸田 栄,宮田大士,吉田カツ江,岡田克之
    急性腹症として発症し,診断に苦慮した成人発症Henoch-Schoenlein紫斑病の1例
    第541回日本内科学会関東地方会 2006.12.10 東京
  40. 田中摂子,石川 治
    Dyshidrosiform pemphigoidの1例
    第51回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.3.16 前橋
  41. 田中摂子,岡田克之
    手掌にも皮疹を生じた丘疹型環状肉芽腫の1例
    第52回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.6.15 前橋
  42. 田中摂子,岡田克之,古瀬善朗,東郷頼子
    アナフィラクトイド紫斑の1例-当科における本症のまとめ-
    第53回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.9.21 前橋
  43. 種田研一,松葉祥一,鎌野マヤ,佐藤英里,高森建二,安部正敏,高橋慎一
    浦安地域における第2回乾癬患者勉強会の試みと通院、診療に関するアンケートについて
    第21回日本乾癬学会学術大会 2006.9.30 高知
  44. 田村敦志,石川 治
    フラッシュスキャナー付き炭酸ガスレーザーによる日光角化症の治療
    第2回加齢皮膚医学研究会 2006.7.1-2 東京
  45. 田村政昭,新見佳保里
    皮角様外観を呈した外歯廔の1例
    第53回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.9.21 前橋
  46. 永井弥生,山中正義,石川 治,西村 茂,中野明彦,長谷川 昭
    エンドセリン受容体拮抗薬ボセンタン(トラクリアⓇ)による薬疹を生じた重症肺高血圧合併全身性強皮症
    厚生労働省「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班 2005年度班会議・
    第9回強皮症研究会議 合同会議 2006.1.14 東京
  47. 永井弥生,山中正義,石川 治,西村 茂,中野明彦,長谷川 昭
    エンドセリン受容体拮抗薬ボセンタン(トラクリアⓇ)による薬疹を生じた重症肺高血圧合併全身性強皮症
    第29回 皮膚脈管膠原病研究会 2006.1.27-28 岡山
  48. 永井弥生,石川 治
    成人Still病10例の検討
    第333回日本皮膚科学会東北6県合同地方会 2006.2.4-5 仙台
  49. 永井弥生,山中正義,田子 修,石渕裕久,田村敦志,石川 治
    多発性単神経炎および広範囲の網状皮斑を主症状としたPolyarteritis nodosaの2例
    -1例は筋生検により確定診断を得た症例
    第6回関東脈管懇話会 2006.2.19 東京
  50. 永井弥生,五十嵐直弥,曽我部陽子,石川 治,安藤麻梨子,久田剛志
    皮膚筋炎様の皮疹を呈したサルコイドーシス―多発性筋炎合併と考えた1例
    第188回日本皮膚科学会熊本地方会 2006.3.25-26 熊本
  51. 永井弥生,荻野幸子,石川 治
    培養細胞の増殖及び細胞外基質遺伝子発現に対するアイビーセラーの影響
    第1回アイビーセラー研究会 2006.4.21 東京
  52. 永井弥生,片田桐子,石渕裕久,田村敦志,石川 治
    当科における多発性基底細胞癌の検討
    第2回加齢皮膚医学研究会 2006.7.1-2 東京
  53. 永井弥生,茂木精一郎,漆畑真理,岡田悦子,田村敦志,石川 治
    褥瘡より発症した壊死性筋膜炎―フルニエ壊疽を呈した1例
    第3回創傷治癒セミナー 2006.7.7 前橋
  54. 永井弥生,五十嵐直弥,長谷川道子,田中摂子,石渕裕久,田村敦志,石川 治
    全身性強皮症に合併した顕微鏡的多発血管炎(疑い例を含めて)の検討
    第7回関東皮膚脈管懇話会 2006.9.3 東京
  55. 永井弥生,茂木精一郎,漆畑真理,安藤麻梨子,岡田悦子,田村敦志,石川 治,曲 友弘,
    山本 巧,柴田博康
    褥瘡より発症した壊死性筋膜炎―フルニエ壊疽を呈した1例
    第14回群馬救急懇話会 2006.9.9 沼田
  56. 永井弥生,青山久美,遠藤雪惠,石川 治
    Rheumatoid lymphedem―関節リウマチに伴い著明な四肢の浮腫を生じた1例
    日本皮膚科学会西部支部学術大会 2006.11.11-12 佐賀
  57. 中村元信,石川 治
    DLX3,GJA1遺伝子の変異,K6hf遺伝子の遺伝子多型のないcongenital woolly hair女児
    の1例
    第54回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.12.14 前橋
  58. 中村元信,石川 治
    脱毛,掌蹠の角化,爪甲異常,伝音性難聴,角膜炎,小顎症を伴い,GJB2,GJB6遺伝子に変異を認めなかった1例
    第70回東部支部総会 2006.10.14-15 弘前
  59. 中村元信,石川 治
    カチオン化ゼラチンを用いたT-bet siRNA徐放化技術による円形脱毛症モデルマウス治療
    第31回日本研究皮膚科学会 2006.6.1 京都
  60. 根岸 泉
    アトピー民間療法中に発症したカポジ水痘様発疹症の1例
    第8回群馬アトピー性皮膚炎研究会 2006.11.16 前橋
  61. 橋本姿惠,永井弥生,安藤麻梨子,田村敦志,石川 治
    前額と大腿に生じたmarginal zone B-cell lymphoma -骨に浸潤した1例-
    第22回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2006.3.28-29 京都
  62. 橋本姿惠,安部正敏,和田 望,横山洋子,石川 治
    Acrogeria (Gottron type) の1例
    第38回日本結合組織学会学術大会 2006.5.11-12 前橋
  63. 橋本姿惠,田村敦志,石川 治
    色素血管母斑症(V型);Phacomatosis casiomarmorataと考えた1例
    第30回日本小児皮膚科学会学術大会 2006.6.17-18 名古屋
  64. 服部友保,大日方英,小川 愛,立井一明,石川 治,和泉孝志
    酸化遊離脂肪酸の受容体G2Aのヒト表皮角化細胞における生理的役割
    第31回日本研究皮膚科学会 2006.5.31 京都
  65. 三原清香,曽我部陽子,永井弥生,田村敦志,石川 治
    結節性紅斑に伴った肉芽腫性乳腺炎
    第52回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.615 前橋
  66. 茂木精一郎, 岡田悦子, 永井弥生, 田村敦志, 石川 治
    膝窩部に生じた巨大な基底細胞癌の1例
    第51回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.3.16 前橋
  67. 茂木精一郎, 田村敦志, 石川 治
    リンパ管静脈吻合術による下肢リンパ浮腫の治療
    第142回日本皮膚科学会鹿児島地方会 2006.3.18 鹿児島
  68. 茂木精一郎, 安部万理絵, 岡田悦子, 永井弥生, 田村敦志, 石川 治
    逆行性広背筋皮弁で再建した腰部放射線潰瘍の1例
    第24回日本臨床皮膚外科学会 2006.4.25 東京
  69. 茂木精一郎, 田村敦志, 田中司玄文, 長井今日子, 石川 治
    肺転移を伴った基底細胞癌の1例
    第22回日本皮膚悪性腫瘍学会 2006.4.28-29 京都
  70. 茂木精一郎, 天野博雄, 田村敦志, 石川 治
    毛包母斑の1例
    第30回日本小児皮膚科学会 2006.6.17 名古屋
  71. 茂木精一郎, 岡田悦子, 永井弥生, 田村敦志, 石川 治
    リンパ管静脈吻合術による下肢リンパ浮腫の治療
    第21回日本皮膚外科学会 2006.8.26 新潟
  72. 茂木精一郎, 岡田悦子, 永井弥生, 田村敦志, 石川 治
    リンパ管静脈吻合術による下肢リンパ浮腫の治療
    第53回北関東医学会総会 2006. 9.21-22 前橋
  73. 茂木精一郎, 永井弥生, 田村敦志, 石川 治
    多発性表皮嚢腫を伴った基底細胞母斑症候群の1例
    第70回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2006.10.14-15 弘前
  74. 安田正人,長谷川道子
    ケルズス禿瘡様の脱毛斑で発症した尋常性天疱瘡の1例
    第52回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.6.15 前橋
  75. 安田正人,長谷川道子
    C型肝炎を伴った環状扁平苔癬の1例
    第53回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.9.21 前橋
  76. 安田正人,天野博雄,永井弥生,田村敦志,石川 治,山口 悟
    pyodermatitis-pyostomatitis vegetansの1例
    第70回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2006.10.14-15 弘前
  77. 山田和哉,木暮圭子,五十嵐直弥,永井弥生,田村敦志,石川 治
    MALT Lymphomaの1例
    第51回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.3.16 前橋
  78. 山田和哉,田村政昭
    播種性血管内凝固症候群を合併したツツガムシ病の1例
    第53回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.9.21 前橋
  79. 山田和哉,田村政昭
    掌蹠点状角化症の1例
    第54回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.12.14 前橋
  80. 山中正義,石川 治
    ヒト皮膚線維芽細胞におけるPhospholipase D シグナリングの細胞外基質関連遺伝子発現制御について
    第31回日本研究皮膚科学会 2006.5.31-6.2 京都
  81. 山中正義,石川 治
    ヒト皮膚線維芽細胞におけるMEA ( N-methylethanolamine ) の細胞外基質関連遺伝子発現制御
    第1回 瘢痕・ケロイド治療研究会 2006.9.3 大宮
  82. 渡邉梨恵子. 五十嵐直弥,永井弥生,石川 治
    関節リウマチに合併した壊疽性膿皮症の1例
    第53回日本皮膚科学会群馬地方会 2006.9.21 前橋
  83. 渡邉梨恵子. 五十嵐直弥,茂木精一郎, 永井弥生,田村敦志,石川 治
    関節リウマチに合併した多発指趾壊疽の1例
    第70回日本皮膚科学会東京支部学術大会 2006.2.17~18 東京

VI.地域の講演

  1. 安部正敏
    指定演題 「難治性皮膚疾患に対する塩酸フェキソフェナジンを用いたcombination therapyの有用性」
    第44回日本皮膚科学会群馬地方会2006.6.20 前橋
  2. 安部正敏
    特別講演 「ビタミンD3のどれを使うか?」
    第46回日本皮膚科学会群馬地方会2006.12.19 前橋
  3. 安部正敏
    創傷治癒の修復因子
    第1回日本褥瘡学会群馬支部学術集会 2006.3.23 前橋
  4. 安部正敏
    経済性を重視する乾癬治療 -群馬大学乾癬外来での試み
    松江臨床皮膚懇話会 2006.4.20 松江
  5. 安部正敏
    様変わりした皮膚病
    福岡皮膚医会学術講演会 2006.6.12福岡
  6. 安部正敏
    様変わりした乾癬治療
    第5回群馬県角化症研究会 2006.10.5 前橋
  7. 安部正敏
    創傷治癒過程におけるbFGFの底力
    第4回福岡地区bFGF研究会 2006.10.6 福岡
  8. 安部正敏
    創傷治癒の細胞生物学
    藤沢市創傷治癒研究会2006.10.15 藤沢
  9. 安部正敏
    創傷治癒の細胞生物学 ~新たなる治療戦略~
    第1回東京創傷マネージメント研究会2006.11.9 東京
  10. 石川 治
    褥瘡の保存的治療 ~TIMEの観点を含めて~ 
    第212回沖縄皮膚科勉強会 2006.1.19 那覇
  11. 石川 治
    新規シルク素材及び頭皮マッサージ器の皮膚科学的評価
    東和新生会ビジネス交流会 2006.2.15 高崎
  12. 石川 治
    褥瘡の処置 Up to date
    茂原市長生郡医師会学術講演会 2006.3.15 茂原
  13. 石川 治
    教育講演 「褥瘡局所治療ガイドラインの読み方と湿潤環境の迷信」
    日本褥瘡学会関東甲信越地方会新潟支部 2006.4.22 新潟
  14. 石川 治
    教育講演 「褥瘡局所治療ガイドラインの読み方と湿潤環境の迷信」
    群馬skin wound healing研究会 2006.5.21 前橋
  15. 石川 治
    教育講演 「褥瘡局所治療ガイドラインの読み方と湿潤環境の迷信」
    神奈川CNC褥瘡トータルケアセミナー 2006.6.4 横浜
  16. 石川 治
    教育講演 「皮膚科医が語る褥瘡局所治療」
    日本縦断・創傷ケアセミナー in 群馬 2006.6.10 前橋
  17. 石川 治
    EBMに基づいた褥瘡治療
    病院皮膚科フロンティア 2006.6.22 東京
  18. 石川 治
    特別講演 「EBMに基づいた褥瘡治療」
    第2回bFGF臨床応用研究会 2006.6.29 津
  19. 石川 治
    教育講演 「褥瘡局所治療ガイドラインの読み方と湿潤環境の迷信」
    褥瘡セミナー IN栃木 2006.7.15 宇都宮
  20. 石川 治
    特別講演 「夏に多い皮膚疾患 その診断と治療のポイント」
    深谷美里医師会 2006.7.18 深谷
  21. 石川 治
    特別講演 「褥瘡治療とEBM」
    第400回新潟三木会学術集会
  22. 石川 治
    教育講演 「皮膚科医に求められる褥瘡予防・治療の知識」
    第57回東京都皮膚科医会学術集会 2006.9.2
  23. 石川 治
    皮膚科医が語る褥瘡治療
    第18回名古屋市立大学しゃちほこセミナー 2006.10.21 名古屋
  24. 石川 治
    白癬
    第12回糖尿病フットケア研究会 2006.10.28 東京
  25. 石川 治
    皮膚潰瘍の治療
    第14回四国MMC研究会 2006.11.4 愛媛
  26. 石川 治
    プライベートパーツの皮膚疾患(II)
    平成18年群馬臨床泌尿器医会度第2回学術講演会 2006.11.9 前橋
  27. 岡田克之
    皮膚科医と学ぶ創傷被覆材 「うまくいかなかった症例に学ぶ」
    皮膚科創傷セミナー in 群馬 2006.5.21 前橋
  28. 岡田克之
    桐生厚生総合病院ICTの歩み
    感染対策講演会 2006.7.7 桐生
  29. 岡田克之
    さまざまな皮膚疾患 皮膚疾患のさまざま
    桐生地区皮膚疾患を考える会 2006.9.15 桐生
  30. 岡田克之
    おしゃれ障害の正しい理解と学校での対応について
    群馬県「学校・地域保健連携推進事業」 2006.12.5 みどり市(群馬県立大間々高等学校)
  31. 田村敦志
    日常よく見るウイルス性皮膚疾患
    館林市邑楽郡医師会学術講演会 2006.9.28 館林
  32. 永井弥生
    皮膚潰瘍の治療
    科研製薬講演会 2006.5. 高崎
  33. 永井弥生
    皮膚科医と学ぶ創傷被覆材 「褥瘡」
    皮膚科創傷セミナー in 群馬 2006.5.21 前橋
  34. 根岸 泉
    皮膚科医と学ぶ創傷被覆材 「その他の創傷について」
    皮膚科創傷セミナー in 群馬 2006.5.21 前橋
  35. 服部友保
    酸化脂質とその受容体の皮膚における役割
    群馬大学医学部皮膚医会推薦講演 2006.3.23 前橋
  36. 山中正義
    爪白癬治療における経口抗真菌剤、イトラコナゾールおよび塩酸テルビナフィンに対する患者好選度に関するアンケート調査
    皮膚科セミナー 2006. 2. 24 前橋

PAGE TOP