教員紹介

2014年業績集

II.論文

英文原著

  1. Amano H, Kishi C, Motegi SI, Aoyama K, Shimizu A, Ishikawa O.
    Perifollicular elastolysis with atopic dermatitis.
    J Dermatol 41(3):231-232, 2014
  2. Hasegawa M, Asano Y, Endo H, Fujimoto M, Goto D, Ihn H, Inoue K, Ishikawa O, Kawaguchi Y, Kuwana M, Ogawa F, Takahashi H, Tanaka S, Sato S, Takehara K.
    Serum adhesion molecule levels as prognostic markers in patients with early systemic sclerosis: a multicentre, prospective, observational study.
    PLoS One Feb 6; 9 (2):e88150, 2014
  3. Ishibuchi H, Shimizu A, Negishi I, Ishikawa O.
    A perianal erythematous plaque: A quiz.
    Acta Derm Venereol 2013, Epub ahead of print
  4. Ishibuchi T, Shimizu A, Kato M, Takeuchi Y, Aoyama K, Yasuda M, Takahashi A,
    Okada E, Motegi SI, Amano H, Ishikawa O. Detection of human papillomavirus type 56 in giant condyloma acuminatum.
    Acta Derm Venereol 94(4): 482-483, 2014
  5. Kato M, Shimizu A, Takeuchi Y, Hattori T, Abe M, Amano H, Motegi SI, Tamura A, Ishikawa O.
    Human papillomaviruses in anogenital epithelial lesions.
    Acta Derm Venereol 94(5):597-599, 2014
  6. Kato M, Shimizu A, Ishikawa O.
    Metastatic tuberculous abscess as manifestation of milliary tuberculosis.
    J Dermatol 41(12):1117-1118, 2014
  7. Kishi C, Amano H, Suzue K, Ishikawa O.
    Plasmodium berghei infection ameliorates atopic dermatitis-like skin lesions in NC/Nga mice.
    Allergy 69(10):1412-1419, 2014
  8. Kishi C, Amano H, Shimizu A, Nagai Y, Ishikawa O.
    Cutaneous necrosis induced by extravasation of hydroxyzine.
    Eur J Dermatol 24(1):131-132, 2014
  9. Kishi C, Shimizu A, Kato M, Amano H, Ishikawa O
    Successful treatment of genital Bowen's disease with imiquimod 5% cream
    Int J STD AIDS 2014 Sep 25 [Epub ahead of print]
  10. Motegi SI, Toki S, Yamada K, Uchiyama A, Ishikawa O.
    Elevated plasma homocysteine level is possibly associated with skin sclerosis in a series of Japanese patients with systemic sclerosis.
    J Dermatol 41(12):986-991, 2014
  11. Motegi S, Okada E, Uchiyama A, Yamada K, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Monma F, Suzuki T, Ishikawa O.
    Role of endothelin-1/endothelin receptor signaling in fibrosis and calcification in nephrogenic systemic fibrosis.
    Exp Dermatol 23(9):664-9, 2014
  12. Motegi SI, Toki S, Hattori T, Yamada K, Uchiyama A, Ishikawa O.
    No association of atherosclerosis with digital ulcers in Japanese patients with systemic sclerosis: Evaluation of carotid intima-media thickness and plaque characteristics.
    J Dermatol. 41(7): 604-608, 2014
  13. Motegi SI, Yokoyama Y, Uchiyama A, Ogino S, Takeuchi Y, Yamada K, Hattori T, Hashizume H, Ishikawa Y, Goto M, Ishikawa O.
    First Japanese case of atypical progeroid syndrome/atypical Werner syndrome with heterozygous LMNA mutation.
    J Dermatol 41(12):1047-1052, 2014
  14. Motegi SI, Uchiyama A, Yamada K, Ogino S, Takeuchi Y, Ishikawa O.
    Blepharochalasis: Possibly associated with matrix metalloproteinases.
    J Dermatol 41(6):536-538, 2014
  15. Motegi SI, Hattori M, Shimizu A, Abe M, Ishikawa O.
    Elevated serum levels of TARC/CCL17, eotaxin-3/CCL26 and VEGF in a patient with Kimura's disease and prurigo-like eruption.
    Acta Derm Venereol 94(1): 112-113, 2014
  16. Motegi SI, Uchiyama A, Yamada K, Uehara A, Toki S, Ishikawa O.
    Skin sclerosis with elevation of serum interleukin-6 that is possibly associated with immunoglobulin 4-related disease.
    Ann Dermatol 26(6):766-767, 2014
  17. Motegi SI, Ishikawa O.
    Methotrexate-induced accelerated nodulosis in a patient with rheumatoid arthritis and scleroderma.
    Acta Derm Venereol 94:357-358, 2014
  18. Motegi SI, Kato M, Uchiyama A, Yamada K, Shimizu A, Amano H, Ishikawa O.
    Persistent prurigo nodularis in HIV-infected patient responsive to antiretroviral therapy with raltegravir.
    J Dermatol 41(3):272-273, 2014
  19. Shimizu A, Kamiyama Y, Kato M, Hattori T, Motegi SI, Amano H, Ishikawa O.
    Alopecia in a patient with Vogt-Koyanagi-Harada disease.
    J Dermatol 41(2):184-185, 2014
  20. Shimizu A, Kato M, Ishikawa O.
    Pigmented condyloma acuminatum.
    J Dermatol 41(4):337-339, 2014
  21. Shimizu A, Kato M, Ishikawa O.
    Bowenoid papulosis successfully treated with imiquimod 5% cream.
    J Dermatol 41(6):545-546, 2014
  22. Shimizu A, Kato M, Takeuchi Y, Sano T, Uezato H, Ishikawa O.
    Detection of human papilloma virus in patients with squamous cell carcinoma and the clinical characteristics of HPV-positive cases.
    Br J Dermatol 171(4): 779-785, 2014
  23. Shimizu A, Nakatani Y, Nakamura T, Jinno-Oue A, Ishikawa O, Boeke JD, Takeuchi Y, Hoshino H.
    Characterization of cytoplasmic DNA complementary to non-retroviral RNA viruses in human cells.
    Sci Rep 4: 5074, 2014
  24. Syuto T, Tago O, Kuriyama Y, Ishibuchi T, Sasahira S, Nagai Y, Ishikawa O.
    An unusual case of erythema elevatum diutinum with penile and laryngeal manifestations.
    Eur J Dermatol 24(1):96-97, 2014
  25. Toki S, Motegi S, Ishikawa O.
    Demographic and clinical features of autoimmune thyroid disorder in Japanese patients with systemic sclerosis.
    J Dermatol 41: 1053-1057, 2014
  26. Uchiyama A, Yamada K, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Udey MC, Ishikawa O, Motegi SI.
    MFG-E8 regulates angiogenesis in cutaneous wound healing.
    Am J Pathol 184(7): 1981-1990, 2014
  27. Uchiyama A, Motegi SI, Okada E, Hirai N, Nagai Y, Tamura A, Ishikawa O.
    Cutaneous Marginal Zone B-cell Lymphoma Evolving into Anetoderma: A Role of Matrix Metalloproteinases ?
    Acta Derm Venereol. 2014 Oct 28. doi: 10.2340/00015555-1992. [Epub ahead of print]
  28. Uchiyama A, Tamura A, Etsuko O, Motegi SI, Ishikawa O.
    Involuted facial infantile hemangioma with fatty replacement successfully treated with surgery.
    J Dermatol 41(5):453-454, 2014
  29. Uchiyama A, Motegi S, Yamada K, Amano H, Ishikawa O.
    Primary granulocytic sarcoma of the skin without hematologic disorders.
    Ann Dermatol 26(5): 653-655, 2014
  30. Uchiyama A, Motegi SI, Yamada K, Uehara A, Ishikawa O.
    Case of angioedema and urticaria induced by lenalidomide.
    J Dermatol 41(2):179-181, 2014
  31. Yamada K, Motegi S, Matsushima Y.
    Febrile ulceronecrotic Mucha-Habermann disease: A case report and review of the literature.
    Acta Derm Venereol 94: 603-4, 2014
  32. Yasuda M, Igarashi N, Nagai Y, Tamura A, Ishikawa O.
    Primary cutaneous CD4+ small/medium T-cell lymphoma with aggressive clinical course.
    Australas J Dermatol 5(4):304-306, 2014

和文総説

  1. 石川 治
    限局性浮腫 
    浮腫 ~塩・水分過剰、新たな展開とは?~ 
    和泉 徹総監修、東京:医薬ジャーナル社、2014. 187-197
  2. 石川 治
    褥瘡のQI 
    皮膚科医療の質を考える ―QIを知っていますか?
    松永佳世子編集、東京:秀潤社、2014. 1164-1165
  3. 石川 治 
    疥癬 
    感染制御標準ガイド
    小林寛伊総監修、大久保 憲、林 純、松本哲哉監修、尾家重治編集、
    東京:じほう、2014. 54-60
  4. 田村政昭
    壊死組織や不良肉芽に対するドレッシング材の使い方: Bowen病とその仲間たち ベストな治療法を求めて
    WOC Nursing vol.2, No 12, pp43-49
  5. 安田正人、石川 治.
    先天異常/先天奇形 神経皮膚症候群(母斑症) Proteus症候群.
    神経症候群(第2版) -その他の神経疾患を含めて-
    日本臨床 別冊神経症候群IV; 758-761, 2014
  6. 茂木精一郎、石川治
    皮膚科医からみた強皮症の皮膚病変の診療
    -特にdigital ulcer に対する対策について-
    月刊リウマチ科52: 290-298, 2014
  7. 茂木精一郎 
    全身性強皮症における皮膚潰瘍治療 
    医学のあゆみ 251: 625-631, 2014
  8. 茂木精一郎 
    膠原病update
    新しい診断基準
    日本皮膚科学会雑誌 124, 2603-2607, 2014

和文原著

  1. 神山由佳、田中摂子、田子 修、宮永朋美、平戸純子、永井弥生、石川 治
    Castleman病に伴ったCrow-Fukase症候群の1例.
    皮膚臨床 56:245-249, 2014
  2. 倉石夏紀、田村敦志                            
    Cubital bursitis の1例
    臨床皮膚科68:1064-1066, 2014
  3. 笹平摂子、田子 修、神山由佳、永井弥生、石川 治.
    Rheumatoid neutrophilic dermatitis(RND) -持久性隆起性紅斑、PNGDとの異同に関する考察― 
    皮膚病診療 36:143-146, 2014
  4. 渋沢弥生、永井弥生、石川 治.
    後天性全身性無汗症患者10例に対するステロイドパルス療法.
    皮膚臨床 56:354-357, 2014
  5. 服部友保、永井弥生、石川 治.
    全身性強皮症に伴った胃食道逆流症に対するエソメプラゾールの効果.
    皮膚臨床 56:207-212, 2014
  6. 星島啓子、土岐清香、長谷川道子、永井弥生、石川 治.
    難治性の多形滲出性紅斑を契機に診断しえた骨髄異形成症候群の1例.
    臨皮 68:771-774, 2014
  7. 矢田康子、小川 愛、山中正義、赤川 誠、遠藤 歩
    Nail-Patella Syndromeの家族例
    皮膚臨床56:263-267, 2014

III.報告書・proceeding

  1. 土岐清香、茂木精一郎、石川 治
    指尖部皮膚潰瘍を生じた全身性強皮症のまとめ
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」平成25年度総括・分担研究報告書 pp180-185, 2014
  2. 横山洋子、茂木精一郎、石川 治
    強皮症の皮膚線維化におけるアペリンの抑制性制御
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」平成25年度総括・分担研究報告書 pp53-57, 2014

IV.短報・雑報

  1. 遠藤雪恵
    日焼けのお話 -正しい知識で紫外線を防ごう-
    利根の保健 538号
  2. 茂木精一郎 
    群馬大学のページ 茂木精一郎さんに聞く 
    上毛新聞 健康通信くらぶ 7月号
  3. 安田正人
    健康のバロメーター 爪で見つかる病気.
    上毛新聞 健康通信くらぶ 5月号
  4. 安田正人
    これから登場する乾癬治療.
    からっ風通信 No.16,
    群馬乾癬友の会(からっ風の会), 2014
  5. 安田正人
    紡ぐことば㉝ 普通の治療をしましょう
    若い医師たちにつむぐ言葉
    宮地良樹編集, メディカルレビュー社(東京) pp196-197, 2014

V.学会

シンポジウム、ワークショップ、教育講演など

  1. 天野博雄
    皮膚免疫発現機構の最前線. 皮膚科学を踏まえた正しいスキンケアのあり方
    第16回日本褥瘡学会学術集会 ワークショップ2 2014.8.30 名古屋
  2. 石川 治
    褥瘡を理解する ~臨床(マクロ)から細胞・分子(ミクロ)へ~
    第11回日本褥瘡学会九州地方会 2014.5.24 鹿児島
  3. 石川 治
    Signs & Symptoms ~症例から学ぶ~
    第30回日本臨床皮膚科医会臨床学術大会 2014.4.26-27 横浜
  4. 石川 治
    皮膚の老化,スキンケア
    第9回日本褥瘡学会関東甲信越地方会群馬支部学術集会 2014.3.1 前橋
  5. 茂木精一郎、石川 治
    ラミンA遺伝子異常と光老化:ラミンA遺伝子変異を同定したAtypical Werner症候群における検討
    第3回光皮膚科学研究会 2014.3.8 神戸
  6. 茂木精一郎
    教育講演「膠原病up date」:新しい診断基準
    第113回日本皮膚科学会総会 2014.5.30 京都
  7. 茂木精一郎
    急性期褥瘡の機序の解明:新たな治療法の開発を目指して
    第16回日本褥瘡学会学術集会 2014.8.29 名古屋

国際学会一般演題

  1. Kato M, Shimizu A, Yokoyama Y, Tokunaga F, Shimomura Y, Ishida-Yamamoto A, Ishikawa O.
    The possible mechanism of monilethrix due to a novel homozygous mutation in the desmoglein 4(DSG4) gene.
    3rd Eastern Asia Dermatology Congress, 2014.9.24-26, Jeju, Korea
  2. Uchiyama A, Yamada K, Buddhini P, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O、Motegi SI
    Protective effect of MFG-E8 after cutaneous ischemia-reperfusion injury.
    39th Japanese Society for Investigative Dermatology 2014.12.12-14, Osaka
  3. Uchiyama A, Yamada K, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O、Motegi SI
    The role of MFG-E8 in cutaneous ischemia-reperfusion injury.
    2014 Society for Investigative Dermatology Annual Meeting. 2014.5.7-10, Albuquerque
  4. Uehara A, Yamada K, Uchiyama A, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O, Motegi SI.
    The role of norepinephrine in fibrosis in systmic sclerosis.
    1st International Symposium of Gunma University Medical Innovation and 6th International Conference on Advanced Micro‐Device Engineering. 2014. 12.5 Kiryu
  5. Motegi S. Uchiyama A, Yamada K, Ogino S, Perera B, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Sato F, Suzuki T, Ishikawa O
    Role of Endothelin-1/Endothelin Receptor Signaling in Fibrosis and Calcification in Nephrogenic Systemic Fibrosis
    The 39th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, 2014, 12,12-14, Osaka
  6. Yamada K, Uchiyama A, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O, Motegi SI.
    The regulation of mesenchymal stem cells in melanoma by MFG-E8
    3rd Eastern Asia Dermatology Congress, 2014.9.24-26, Jeju, Korea
  7. Yamada K, Uchiyama A, Ogino S, Perera B, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O, Motegi SI.
    MFG-E8 promotes mesenchymal stem cells-induced angiogenesis in malignant melanoma
    The 39th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, 2014, 12,12-14, Osaka
  8. Yokoyama Y, Uchiyama A, Yamada K, Ogino S, Ishikawa O, Motegi S
    Inhibitory action against fibrosis in systemic sclerosis by apelin
    39th Japanese Society for Investigative Dermatology 2014.12.12-14, Osaka

国内学会一般演題

  1. 新井美帆,石渕隆広,笹平摂子,渋沢弥生,山中正義,安田正人,石川 治
    仙腸関節炎に対して扁桃摘出術が著効した掌蹠膿疱症状の1例
    第37回皮膚脈管・膠原病研究会 2014.1.24 東京
  2. 石渕裕久,山中正義,天野博雄,石川 治
    群馬大学皮膚科学教室におけるアナフィラクトイド紫斑の臨床的検討
    第15回群馬県末梢血管病態研究会 2014.7.2 前橋
  3. 石渕裕久,山中正義,笹平節子,土岐清香,渋沢弥生,新井美帆,金井咲保里,天野博雄,石川 治,西田 豊
    当科で経験した抗CADM-140抗体陽性の小児皮膚筋炎の2例
    第78回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2014.10.4-5 青森
  4. 上原顕仁,岡田克之,小暮万理子,清水晶
    外陰部に生じた脂腺癌の1例
    第84回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.9.18. 前橋
  5. 上原顕仁, 岡田克之,関口明子,小暮万理子
    腋窩に生じた深在性エリテマトーデスの1例
    第85回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.12.18.  前橋
  6. 内山明彦、山田和哉、Buddhini Perera、荻野幸子、横山洋子、竹内裕子、石川 治、茂木精一郎
    急性期褥瘡の機序の解明:新たな治療法の開発を目指して
    第4回群信合同皮膚カンファレンス 2014.11.29 長野
  7. 内山 明彦、茂木 精一郎、石川 治
    急性期褥瘡の機序の解明:新たな治療法の開発を目指して
    第5回皮膚創傷治癒研究会 2014.12.19東京
  8. 遠藤雪恵、小倉治之、遠藤 究
    GnRHアゴニスト投与後に切除術を施行した外陰部Aggressive angiomyxomaの1例
    第32回日本臨床皮膚外科学会学術大会 2014.5.23-24 函館
  9. 鈴木 諭、遠藤雪恵、大野順弘
    random skin biopsyによる病理診断にて確定し得た結節性多発動脈炎の1例
    利根沼田医師会 症例検討会 2014.6.16 沼田
  10. 遠藤雪恵,石渕裕久,曽我部陽子
    ピアスケロイドの1例
    第83回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.6.23 前橋
  11. 遠藤雪恵,青山久美
    光治療器による光老化に対する治療効果の検討
    第32回日本美容皮膚科学会総会 2014.7.12-13 千葉
  12. 遠藤雪恵
    皮膚生検により確定診断に至ったdiffuse large B cell lymphomaの1例
    利根沼田医師会 症例検討会 2014.12.1 沼田
  13. 大西一德、森本奈緒子、安部万里絵
    当院における十年間の皮膚腫瘍の統計
    第82回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.9.19 前橋
  14. 加藤円香、清水 晶、横山洋子、山本明美、下村 裕、徳永文稔、石川 治
    先天性乏毛症/連珠毛の1例.デスモグレイン4遺伝子変異による病変形成メカニズムの検討
    第21回分子皮膚科学フォーラム 2014. 4.11京都
  15. 加藤円香、清水 晶、天野博雄、石川 治
    血管芽細胞腫の1例
    第38回日本小児皮膚科学会 2014. 7.6 東京
  16. 加藤円香、清水 晶、石川 治
    転移性結核性膿瘍の1例
    第84回日本皮膚科学会群馬地方会 2014. 9. 18 前橋
  17. 神山 由佳,小川 愛,曽我部 陽子
    Superficial granulomatous pyodermaの1例
    第84回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.9.18 前橋
  18. 倉石夏紀,田村政昭
    Bazex症候群の1例
    第83回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.6.19 前橋
  19. 倉石夏紀,田村政昭
    乾癬との鑑別を要したアルタット®による薬疹の2例
    第84回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.9.18 前橋
  20. 倉石夏紀,田村政昭
    水疱形成を伴った皮膚筋炎の1例
    第85回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.12.18 前橋
  21. 栗山裕子,石渕隆広,星島啓子,笹平摂子,渋沢弥生,山中正義,天野博雄,石川 治
    多発関節痛を主訴としたサルコイドーシスの1例
    第37回皮膚脈管膠原病研究会 2014.1.24 東京
  22. 栗山裕子、清水 晶、加藤円香、天野博雄、石川 治、中野 創、澤村大輔
    GATA2遺伝子変異を認めたgeneralized verrucosis
    第78回日本皮膚科学会東部支部学術大会2014. 10.4-5 青森
  23. 栗山裕子、清水 晶、加藤円香、天野博雄、石川 治、中野 創、澤村大輔
    GATA2遺伝子変異を認めたgeneralized verrucosis
    第4回群信合同皮膚カンファレンス2014. 11.29 長野
  24. 渋沢弥生、山中正義、笹平摂子、石渕隆広、石川 治、平柳公利、本田文昭
    右半身発汗低下を契機に発見された脊髄空洞症を伴うChiari奇形Ⅰ型の1例
    第38回日本小児皮膚科学会 2014.7.5-6 東京
  25. 渋沢弥生、山中正義、笹平摂子、石渕隆広、石川 治、平柳公利、本田文昭
    右半身発汗低下を契機に発見された脊髄空洞症を伴うChiari奇形Ⅰ型の1例
    第84回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.9.18 前橋
  26. 嶋岡正利
    乳房 Pagetoid 癌の1例
    第83回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.6.19 前橋
  27. 清水 晶、加藤円香、竹内裕子、森 隆久、平井 誠、石川 治表皮嚢腫におけるHuman papillomavirus感染の検討
    第113回日本皮膚科学会総会 2014.5.31 京都
  28. 清水 晶、加藤円香、徳永文稔、中野 創、澤村大輔、山本明美、石川 治
    前脛骨型先天性表皮水疱症の1例
    第398回北海道地方会 2014.6.7 旭川
  29. 清水 晶、加藤円香、竹内裕子、解良恭一、石川 治
    当科で経験した有棘細胞癌におけるHuman papillomavirus感染の検討
    第30回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2014.7.5 東京
  30. 曽我部陽子、神山由佳、小川愛、三秋恒平
    Nail-Patella症候群の1例
    第83回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.6.19 前橋
  31. 土岐清香
    甲状腺機能異常を合併した全身性強皮症のまとめ
    膠原病を語る会 2014.12.11 前橋
  32. 土岐清香、茂木精一郎、石川 治
    甲状腺機能異常を合併した全身性強皮症のまとめ
    第113回日本皮膚科学会総会 2014.5.30-6.1 京都
  33. 土岐清香,茂木精一郎,石川 治
    当科におけるモルフェアを伴う全身性強皮症の臨床的検討
    第65回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2014.10.24-25 大阪
  34. 土岐清香、茂木精一郎、石川 治
    指尖部皮膚潰瘍を生じた全身性強皮症のまとめ
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2013年度班会議・第17回強皮症研究会議 2014.1.19 東京
  35. 藤原千紗子, 土岐清香, 石渕裕久, 渋沢弥生, 安田正人, 山中正義, 天野博雄, 石川 治
    子宮体癌術後のリンパ浮腫に続発した下腹部血管肉腫の1例
    第83回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.6.19 前橋
  36. 藤原千紗子、石渕隆久、土岐清香、石渕裕久、渋沢弥生、山中正義、天野博雄、石川 治
    下腿潰瘍を主徴としたKlinefelter症候群の1例
    第4回群信合同皮膚カンファレンス 2014.11.29 長野
  37. 茂木精一郎、石川 治
    硬化性萎縮性苔癬 診断基準・重症度分類
    平成26年度厚生労働科学研究費補助金 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業 班会議 2014.11.29 東京
  38. 茂木精一郎、内山明彦、横山洋子、荻野幸子、山田和哉、石川 治
    ラミンA遺伝子変異を同定したAtypical Werner症候群における核構造と光老化の検討
    第21回分子皮膚科学フォーラム 2014.4.11-12 京都
  39. 茂木 精一郎, 横山 洋子, 内山 明彦, 荻野 幸子, 山田 和哉, 石川 治
    ラミンA遺伝子変異を同定したAtypical Werner症候群の本邦初症例 ―患者由来皮膚線維芽細胞を用いた解析も含めて―
    第113回日本皮膚科学会総会 2014.5.30 京都
  40. 茂木精一郎、内山明彦、山田和哉、Buddhini Perera、荻野幸子、横山洋子、竹内裕子、石川 治
    皮膚虚血再還流障害における分泌蛋白質MFG-E8の役割: 急性期褥瘡の新たな治療法を目指して
    第21回新群筑皮膚合同研究会 2014.10.17新潟
  41. 茂木精一郎、土岐清香、石川 治
    指尖部皮膚潰瘍を生じた全身性強皮症のまとめ ―指尖部皮膚潰瘍とアテローム性動脈硬化との関連について―
    第66回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2014.11.8. 高松
  42. 茂木精一郎, 横山洋子, 内山明彦, 荻野幸子, 山田和哉, 竹内 裕, 服部友保、石川 治
    ラミンA遺伝子変異を同定したAtypical Werner症候群の本邦初症例
    第85回日本皮膚科学会群馬地方会2014.12.18 前橋
  43. 森本奈緒子、大西一德
    Febrile ulceronecrotic Mucha Habermann diseaseの1例
    第81回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.6.19 前橋
  44. 森本奈緒子、大西一德
    爪甲色素線条を伴った被角線維腫
    第83回日本皮膚科学会群馬地方会 2014.12.18 前橋
  45. 安田正人、井上千鶴、茂木精一郎、石川 治
    群馬大学医学部附属病院皮膚科乾癬外来通院患者まとめ
    第82回日本皮膚科学会群馬地方会, 2014.3.20, 前橋
  46. 安田正人、米本由木夫、砂長則明、石川 治
    アダリムマブ投与中に乾癬性関節炎を発症し、薬剤性間質性肺炎を併発した尋常性乾癬の1例
    第29回日本乾癬学会学術大会, 2014.9.19-20, 高知
  47. 安田正人、関口明子、金井咲保里、岸 史子、高橋亜由美、山中正義、石川 治、三井健揮、塚本憲史
    慢性膿皮症様の外観を呈したLangerhans cell histiocytosisの1例
    第438回日本皮膚科学会京滋地方会, 2014.12.19-20, 京都
  48. 横山洋子,茂木精一郎,石川 治
    強皮症の皮膚線維化におけるアペリンの抑制的制御
    厚生労働省「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2013年度班会議・第17回強皮症研究会議 2014.1.18 東京
  49. 横山洋子,茂木精一郎,石川 治
    アペリンによる強皮症の皮膚線維化の制御機構
    第61回北関東医学会総会 2014.9.25 前橋
  50. 横山洋子、茂木精一郎、石川 治
    強皮症の皮膚線維化におけるアペリンの抑制性制御
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2013年度班会議・第17回強皮症研究会議 2014.1.19 東京

VI.地域の講演

  1. 天野博雄
    薬疹~重症薬疹を中心に~
    第203回前橋市薬剤師会定期研修会 2014.1.30 前橋
  2. 天野博雄
    アトピー性皮膚炎と寄生虫感染―衛生仮説の研究―
    皮膚科セミナー 2014.2.13 前橋
  3. 天野博雄
    アトピー性皮膚炎
    アレルギー週間講演会 2014.2.22 前橋
  4. 天野博雄
    皮膚疾患の救急対応
    平成25年度第10回レジデントセミナー 2014.3.13 前橋
  5. 天野博雄
    小児の皮膚疾患 ~皮膚科の立場から~
    前橋小児科医会講演会 2014.6.9 前橋
  6. 天野博雄
    アトピー性皮膚炎 ~臨床と群馬大学皮膚科における基礎研究を含めて~
    第3回伊勢崎地区皮膚疾患学術講演会 2014.6.12 伊勢崎
  7. 天野博雄
    夏場の皮膚疾患 ~診断と治療~
    北信地区皮膚疾患学術講演会 2014.8.21 長野
  8. 天野博雄
    乾癬とアトピー性皮膚炎
    市民公開講座 皮膚の病気を知ろう 2014.10.26 前橋
  9. 石川 治
    膠原病の疑問にお答えします
    平成26年度群馬県難病団体連絡協議会主催難病医療相談会 2014.11.22 前橋 
  10. 石川 治
    関節リウマチの皮膚症状
    第6回医療従事者の為のリウマチ講演会 2014.10.24 高崎
  11. 石川 治
    皮膚潰瘍の診断と治療 ~褥瘡も含めて~
    第193回愛知県皮膚科医会 2014.7.19 名古屋
  12. 石川 治
    皮膚潰瘍の診断と治療
    第38回東海プロスタグランディン研究会 2014.5.10 名古屋
  13. 石川 治
    膠原病及び類縁疾患~最近の話題~
    第29回近畿MMC研究会 2014.2.8 大阪
  14. 曽我部陽子
    皮膚のトラブルと、その予防法~これって病気なの?~
    地域医療講演会2014.3.8 伊勢崎
  15. 嶋岡正利
    DESIGN-R について
    第22回 地域褥瘡検討会 2014.6.6 藤岡
  16. 田村政昭
    当院における生物学的製剤による乾癬治療
    第5回 生物学的製剤の安全性管理地域連携会 2014.5.22 前橋
  17. 田村政昭
    生物学的製剤による乾癬の治療経験
    足利地区乾癬治療病診連携会 2014.6.17 足利
  18. 田村政昭
    褥瘡の褥瘡発生とアセスメント
    日本褥瘡学会関東甲信越地方会栃木県支部 第11回褥瘡対策講演会 2014.8.3 宇都宮
  19. 田村政昭
    褥瘡の発生要因・アセスメント・予防
    株)スローライフ社内研修会 2014.12.9 宇都宮
  20. 茂木精一郎
    私の13年間の研究遍歴
    LO皮膚科学研究会(スカイクラブ)2014.8.30 札幌
  21. 安田正人
    皮膚疾患の治療に向けた幹細胞研究
    沖縄琉大皮膚科勉強会 第17回皮膚科リサーチセミナー 2014.2.7 那覇
  22. 安田正人
    創傷治療戦略 -何をどこにどう使うか-
    第287回沖縄皮膚科勉強会 2014.2.8 那覇
  23. 安田正人
    乾癬患者意識調査 -大学病院・市中病院・診療所での違い-
    第5回生物学的製剤の安全性管理地域連携会 2014.5.22 前橋
  24. 安田正人
    群馬県における乾癬診療の現状
    市民公開講座 乾癬治療A to Z 2014.6.15 前橋
  25. 安田正人
    みんなで理解しよう乾癬
    市民公開講座 皮膚の病気を知ろう 乾癬とアトピー性皮膚炎2014.10.26 前橋
  26. 安田正人
    アトピー患者が皮膚科医になって感じること、やっていること
    市民公開講座 皮膚の病気を知ろう 乾癬とアトピー性皮膚炎2014.10.26 前橋
  27. 安田正人
    乾癬患者意識調査 -大学病院・市中病院・診療所での違いupdate-
    乾癬治療を考える地域連携会 2014.11.20 前橋

PAGE TOP