教員紹介

2015年業績集

I.著書

編著

  1. 石川 治 編集, 高齢者の褥瘡 ~今, 私たちにできること~, WOC Nursing 3(3), 2015

分担執筆

  1. 石川 治. 褥瘡の保存的治療 褥瘡治療薬の使い方.レジデントノート 17(10): 1953-1956, 2015
  2. 石川 治. 褥瘡 渡辺晋一,古川福実編集,皮膚疾患最新の治療2015-2016,東京,南江堂, 107-108, 2015
  3. 加藤円香、清水 晶. 狩野葉子編、トキシックショック症候群とトキシックショック様症候群の診断と対応  急性発疹症対応マニュアル. Derma, 東京、全日本病院出版会、47-50, 2015
  4. 茂木精一郎. 強皮症の皮膚潰瘍にプロスタグランディン製剤は有用か? 宮地良樹編集 EBM 皮膚疾患の治療 up-to-date, 中外医学社, 93-97, 2015
  5. 茂木精一郎. 加齢に伴う皮膚の構造と機能の変化. 石川 治 編集, 高齢者の褥瘡 ~今, 私たちにできること~, WOC Nursing 3(3), 7-13, 2015

II.論文

英文原著

  1. Kato M, Shimizu A, Yamamoto A, Shimomura Y, Ishikawa O. A novel autosomal recessive mutation of DSG4 causes monilethrix through the ER stress response. J Invest Dermatol 135(5): 1253-1260, 2015(平成26年度群馬大学大学院最優秀賞)
  2. Hattori M, Yokoyama Y, Hattori T, Moteg S-I, Amano H, Hatada I, Ishikawa O. Global DNA hypomethylation and hypoxia-induced expression of the ten eleven translocation (TET) family, TET1, in scleroderma fibroblasts. Exp Dermatol 24: 841-846, 2015
  3. Motegi S-I, Uchiyama A, Yamada K, Perera B, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O. Pathogenesis of multiple lentigines in LEOPARD Syndrome with PTPN11 gene mutation. Acta Derm Venereol. 95(8): 978-984, 2015
  4. Motegi S-I, Toki S, Yamada K, Uchiyama A, Ishikawa O. Demographic and clinical features of systemic sclerosis patients with anti-RNA polymerase III antibodies. J Dermatol 42(2): 189-192, 2015
  5. Shimizu A, Kaira K, Kato M, Yasuda M, Takahashi T, Tominaga H, Oriuchi N, Nagamori S, Kanai Y, Oyama T, Asao T, Ishikawa O. Prognostic significance of L-type amino acid transporter 1 (LAT1) expression in cutaneous melanoma. Melanoma Res 25(5): 399-405, 2015
  6. Toki S, Motegi S-I, Yamada K, Uchiyama A, Kanai S, Yamanaka M, Ishikawa O. Clinical and laboratory features of systemic sclerosis complicated with localized scleroderma. J Dermatol 42(3): 283-287, 2015
  7. Uchiyama A, Yamada K, Perera B, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O, Motegi S-I. Protective effect of botulinum toxin A after cutaneous ischemia-reperfusion injury. Sci Rep Mar 13; 5: 9072, 2015
  8. Uchiyama A, Yamada K, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Udey MC, Ishikawa O, Motegi S-I. Protective effect of MFG-E8 after cutaneous ischemia-reperfusion injury. J Invest Dermatol 135(4): 1157-65, 2015(2015年度 第17回日本研究皮膚科学会ガルデルマ賞)
  9. *Nakamura I, Takahashi K, Yasuda M, Okada E, Ishikawa O, Uezato H. A novel chromosomal translocation causing COL1A2 to PDGFB gene fusion in dermatofibrosarcoma protuberans: PDGF expression as a new DFSP diagnostic tool. JAMA Dermatol 151(12): 1330-1337, 2015

英文症例報告

  1. Ishibuchi H, Motegi SI, Amano H, Ishikawa O. Successful treatment with dapsone for skin lesions of amyopathic dermatomyositis. J Dermatol 42(10): 1019-1020, 2015
  2. Ishibuchi H, Motegi S-I, Yamanaka M, Amano H, Ishikawa O. Methotrexate-associated lymphoproliferative disorder: Sequential development of angioimmunoblastic T-cell lymphoma in the lymph nodes and diffuse large B-cell lymphoma in the skin in the same patient. Eur J Dermatol 25(4): 361-362, 2015
  3. Ishibuchi H, Motegi S-I, Amano H, Ishikawa O. Successful treatment with dapsone for skin lesions of amyopathic dermatomyositis. J Dermatol 42(8): 1019-1021, 2015
  4. Kato M, Shimizu A, Ishikawa O. A case of familial Michelin tire baby syndrome. J Dermatol 42(5): 534-536, 2015
  5. Kishi C, Shimizu A, Kato M, Amano H, Ishikawa O. Successful treatment of genital Bowen's disease with imiquimod 5% cream. Int J STD AIDS. 26(10): 752-754.2015
  6. Motegi S-I, Uchiyama A, Toki S, Yamada K, Amano H, Ishikawa O. Successful treatment of neutrophilic dermatosis in patient with Crohn's disease with granulocyte and monocyte adsorption apheresis. J Dermatol 42(8): 836-837, 2015
  7. Motegi S-I, Uchiyama A, Yamada K, Toki S, Amano H, Ishikawa O. Lichen planus complicated with thymoma: Report of three Japanese cases and review of the literature. J Dermatol, 42(11): 1072-1077, 2015
  8. Shimizu A, Yasuda M, Hoshijima K, Kato M, Takahashi A, Tamura A, Ishikawa O. Detection of human papillomavirus type 67 in subungual Bowen's disease presenting as longitudinal melanonychia. Acta Derma Venereol 95(6): 745-746, 2015
  9. Uchiyama A, Motegi S-I, Ishikawa O. Lymphomatoid papulosis associated with follicular B-cell lymphoma in lymph nodes. J Dermatol. 42(11): 1129-1130, 2015
  10. Uchiyama A, Motegi S-I, Ishikawa O. Poorly differentiated squamous cell carcinoma in an atomic bomb survivor. Ann Dermatol 27(3): 332-334, 2015
  11. Uchiyama A, Motegi S-I, Okada E, Hirai N, Nagai Y, Tamura A, Ishikawa O. Cutaneous marginal zone B-cell lymphoma evolving into anetoderma: a role of matrix metalloproteinases? Acta Derm Venereol 95(4): 499-500, 2015
  12. Uehara A, Abe M, Shimizu A, Motegi S-I, Amano H, Ishikawa O. Successful treatment of lichen spinulosus with topical adapalene. Eur J Dermatol. 25(5): 490-491, 2015
  13. Yamada K, Motegi S-I, Amano H, Ishikawa O. Epstein-Barr virus-related post-transplant lymphoproliferative disorder in the skin. J Dermatol 42(9): 936- 937, 2015
  14. Yasuda M, Kishi C, Yokoyama Y, Amano H, Ishikawa O. A case of X-linked hypohidrotic ectodermal dysplasia with a novel EDA missense mutation. J Dermatol 42(9): 907-908, 2015

和文総説

  1. 茂木精一郎、石川 治. 整形外科疾患に関連する皮膚疾患の臨床.整形外科 50(4): 347-352, 2015
  2. 茂木精一郎. 好酸球性筋膜炎. CareNet 希少疾患ライブラリー

和文原著

  1. 内山明彦、山田和哉、Buddhini Perera、荻野幸子、横山洋子、竹内裕子、茂木精一郎、石川 治. 皮膚創傷治癒による分泌蛋白MFR-E8の役割: MFG-E8と塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)による創傷治癒効果の検討. 皮膚の科学 13 (増22): 13-18, 2015
  2. 服部友保、竹内裕子、石川 治. 全身性強皮症におけるリンパ管数と線維化の関連.日皮会誌 125(10): 1903-1910, 2015
  3. 茂木精一郎. LEOPARD症候群(汎発性黒子症候群). 臨床画像 31(10): 236-237, 2015
  4. 安田正人. Proteus症候群. 臨床画像 31(10): 234-235, 2015

和文症例報告

  1. 天野博雄、岸 史子、栗山裕子、石川 治. サルコイドーシス ―肥満細胞の関与について―. J Visual Dermatol 14: 69-71, 2015
  2. 倉石夏紀、須藤麻利子、岡田悦子、永井弥生、石川 治. イミキモドクリーム外用が奏功した外陰部Bowen病の1例. 臨皮 69(3): 213-216, 2015
  3. 栗山裕子、田子 修、石渕隆広、笹平摂子、周東朋子、山中正義、天野博雄、永井弥生、石川 治. 全身性強皮症・Kleinfelter症候群患者に生じた難治性下腿潰瘍. 皮膚臨床 57(1): 15-18, 2015
  4. 高橋亜由美、安田正人、星島啓子、金井咲保里、石川 治. 硬口蓋粘膜を用いて再建した基底細胞癌の1例. 皮膚臨床 57(9): 1439-1442, 2015

IV.短報・雑報

  1. 清水 晶. Lewandowskyの皮疹. 臨皮 69: 16, 2015

V.学会

シンポジウム、ワークショップ、教育講演など

  1. Ishikawa O. Diabetic ulcer and its treatment.
    7th Annual Summit of China-Japan Anti-Infection (SJASF 2015) 2015.9.25-26, Beijing
  2. 清水 晶
    教育講演31「ウイルス性疣贅update」遺伝子異常を伴う多発性疣贅の診断と治療
    第114回日本皮膚科学会総会, 2015.5.30, 横浜 
  3. 茂木精一郎.
    教育講演43「内臓疾患のデルマドローム」 内分泌・甲状腺疾患のデルマドローム.
    第114回日本皮膚科学会総会, 2015.5.29-31,横浜
  4. 茂木精一郎
    皮膚の老化
    第12回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会, 2015.7.3-4, 前橋
  5. 茂木精一郎
    「ブラックボックスの急性期褥瘡を解き明かす DTIの診断・介入を入れて」 「急性期褥瘡の初期治療の可能性」
    第17回日本褥瘡学会学術集会, 2015.8.28-29, 仙台
  6. 茂木精一郎
    加齢皮膚医学研究基金:ロート賞 受賞講演 「皮膚の老化における核膜蛋白質ラミンAの役割」
    第11回加齢皮膚医学研究会, 2015.9.5-6, 名古屋
  7. 茂木精一郎
    「マトリックス:強皮症の皮膚線維化:皮膚線維化の機序は?」
    第67回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2015.10.17-18, 長崎
  8. *藤田英樹, 井上雄二, 長谷川稔, レパブー アンドレ, 新谷洋一, 辻田淳, 茂木精一郎, 加納宏行, 金子栄.
    教育講演「創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン創傷一般~ガイドライン改訂版の概要」
    第114回日本皮膚科学会総会, 2015.5.29-31, 横浜

国際学会一般演題

  1. Amano H, Kishi C, Suzue K, Ishikawa O.
    Malaria parasites infection ameliorates atopic dermatitis-like skin lesions in NC/Ng mice.
    23rd world Congress of Dermatology 2015.6.8-13. Vancouver, Canada
  2. Hattori M, Shimizu A, Amano H, Ishikawa O, Mitsui T, Kaira K, Oikawa D, Tokunaga F, Nakano H, Sawamura D.
    Generalized verrucosis caused by a GATA2 deficiency.
    The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2015.12.11-13, Okayama
  3. Motegi S-I, Yokoyama Y, Ogino S, Yamada K, Uchiyama A, Perera B, Takeuchi Y, Ohnishi H, Ishikawa O.
    New insight into the pathogenesis of multiple lentigines in LEOPARD syndrome with PTPN11 gene mutation.
    The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2015.12.11-13, Okayama
  4. Motegi S-I, Yamada K, Toki S, Uchiyama A, Kubota Y, Nakamura T, Ishikawa O.
    Beneficial effect of botulinum toxin A on Raynaud’s phenomenone in Japanese patients with systemic sclerosis: a prospective, open label trial.
    The 2015 ACR/ARHP Annual Meeting, 2015.11.6-11, San Francisco, USA.
  5. Uchiyama A, Yamada K, Buddhini P, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O, Motegi S-I.
    Protective effect of botulinum toxin A after cutaneous ischemia-reperfusion injury.
    The 45th Annual ESDR Meeting. 2015.9. 9-12, Rotterdam, Netherland
  6. Uchiyama A, Motegi S, Ishikawa O.
    Atypical Progeroid syndrome.
    4th Munich International Summer Academy ISA 2015 of Practical Dermatology. 2015. 7. 28-8, Munich, Germany
  7. Uehara A, Yamada K, Uchiyama A, Perera B, Ogino S, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O, Motegi S-I.
    Mechanistic insight into the norepinephrine-induced fibrosis in systemic sclerosis.
    The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2015.12.11-13, Okayama
  8. Yamada K, Uchiyama A, Ogino S, Perera B, Yokoyama Y, Takeuchi Y, Ishikawa O, and Motegi S-I.
    MFG-E8 promotes mesenchymal stem cells-induced angiogenesis.
    The 45th Annual ESDR Meeting. 2015.9. 9-12, Rotterdam, Netherland
  9. Yokoyama Y, Ogino S, Uchiyama A, Yamada K, Uehara A, Ishikawa O, Motegi S-I.
    Inhibitory regulation of apelin on fibrosis in systemic sclerosis.
    The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2015.12.11-13, Okayama
  10. *Kuwana M, Hasegawa M, sirai Y, Ishikawa O, Endo H, Kobayashi F, Goto D, Sato S, Ihn H, Kawaguchi S, Takehara K.
    Parameters That Predict Worsening of Skin Thickness in Patients with Early Diffuse Cutaneous Systemic Sclerosis.
    The 2015 ACR/ARHP Annual Meeting, 2015.11.6-11, San Francisco, USA

国内学会一般演題

  1. 青山久美 山中正義 茂木精一郎 天野博雄 石川 治 大倉千幸.
    SAPHO症候群の1例
    第87回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.6.18 前橋
  2. 石渕隆広 土岐清香 茂木精一郎 山中正義 石川 治.
    当科における抗RNAポリメラーゼ抗体陽性の全身性強皮症の検討.
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2014年度班会議・第18回強皮症研究会議 2015.1.17 東京
  3. 石渕隆広 笹平摂子 石渕裕久 山中正義 天野博雄 石川 治.
    皮膚好酸球性血管炎と考えた2例
    第38回皮膚脈管・膠原病研究会 2015.1.23-24 東京
  4. 石渕隆広 茂木精一郎 関口明子 土岐清香 山中正義 石川 治.
    抗RNAポリメラーゼ抗体陽性全身性強皮症の臨床的検討.
    第89回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.12.17 前橋
  5. 石渕裕久 茂木精一郎 山中正義 石川 治.
    皮膚病変を呈したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例.
    第86回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.3.19 前橋
  6. 石渕裕久 茂木精一郎 天野博雄 石川 治.
    皮膚筋炎の皮膚病変にDDSが奏功した1例.
    第87回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.6.18 前橋
  7. 内山 明彦 茂木 精一郎 石川 治.
    ボツリヌス毒素による皮膚虚血再還流障害の制御:褥瘡モデルマウスを用いた検討.
    第22回分子皮膚科学フォーラム 2015.4.18 高知
  8. 内山明彦 茂木精一郎 石川 治.
    皮膚T細胞性リンパ腫とリンパ節原発B細胞性リンパ腫が併発した1例.
    第86回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.3.19 前橋
  9. 内山明彦 茂木精一郎 石川 治.
    ボツリヌス毒素局所注入によって褥瘡発生を予防する:褥瘡モデルマウスを用いた検討.
    第114回日本皮膚科学会学術大会 2015.5.29-31横浜
  10. 内山明彦 山田和哉 Buddhini Perera 荻野幸子 横山洋子 竹内裕子 Mark Udey 石川 治 茂木精一郎.
    間葉系幹細胞による糖尿病性潰瘍の創傷治癒促進における分泌蛋白質MFG-E8の役割.
    第22回新群筑皮膚合同研究会 2015.10.18筑波
  11. 岡 愛菜 石渕裕久 関口明子 土岐清香 青山久美 山中正義 石川 治.
    落葉状天疱瘡患者に生じた急性汎発性発疹性膿疱症.
    第88回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.9.17 前橋
  12. 加藤円香 清水 晶 横山洋子 解良恭一 下村 裕 山本明美 亀井希代子 徳永文稔 石川 治.
    新規デスモグレイン4遺伝子変異による連珠毛形成における小胞体ストレスの関与.
    第114回日本皮膚科学会学術大会 2015.5.29-31横浜
  13. 金井咲保里 石渕裕久 栗山裕子 関口明子 土岐清香 渋沢弥生 山中正義 石川 治.
    PR3-ANCA陽性の好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の1例.
    第86回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.3.19 前橋
  14. 岸 史子 安田正人 関口明子 高橋亜由美 山中正義 石川 治.
    ニボルマブが奏功した多発転移をきたした頭部悪性黒色腫の1例.
    第443回日本皮膚科学会京滋地方会 2015.12.19 京都
  15. 岸 史子 安田正人 金井咲保里 関口朋子 高橋亜由美 牧口貴哉 堤 壮一 小池秀和 鈴木和浩 石川 治.
    総排泄腔外反術後瘢痕部に生じた有棘細胞癌の1例.
    第31回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2015.7.3-4 大阪
  16. 岸 史子 安田正人 宮川真梨江 須藤麻梨子 高橋亜由美 石川 治.
    放射線照射後に再発し、手術治療を要した下口唇有棘細胞癌の1例.
    第30回日本皮膚外科学会学術大会 2015.10.10-11,兵庫
  17. 清水 晶 石川 治.
    Pseudopelade of Brocqと診断した1例.
    第377回日本皮膚科学会新潟地方会 2015.4.25 新潟
  18. 清水 晶 解良恭一 加藤円香 安田正人 高橋亜由美 石川 治.
    悪性黒色腫におけるbeta2-adrenergic receptorの臨床病理学的検討 Abstract賞).
    第114回日本皮膚科学会学術大会 2015.5.29-31横浜
  19. 関口明子 茂木精一郎 石川 治.
    Blephalochalasisの1例
    第39回日本小児皮膚科学会学術大会 2015.7.18-19 鹿児島
  20. 関口明子 土岐清香 岡 愛菜 石渕裕久 青山久美 山中正義 石川 治.
    線条IgA水疱性皮膚症の1例.
    第89回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.12.17 前橋
  21. 土岐清香 茂木精一郎 山中正義 石川 治.
    当科における限局性強皮症を伴う全身性強皮症の臨床的検討
    厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2014年度班会議・第18回強皮症研究会議 2015.1.17 東京
  22. 土岐清香 岸 史子 安田正人 石川 治.
    当科におけるロドデノール誘発性白斑の追跡調査〜典型例と非典型例の比較
    第86回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.3.19 前橋
  23. 土岐清香 茂木精一郎 石川 治.
    全身性強皮症における血漿ホモシスチン値の検討
    第114回日本皮膚科学会学術大会 2015.5.29-31横浜
  24. 服部友保 竹内裕子 石川 治.
    全身性強皮症患者前腕部皮膚におけるリンパ管数の変化.
    第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2015.10.31-11.1 神戸
  25. 服部麻衣 清水 晶 石川 治 久田剛志.
    Mycobacterium avium感染によるerythema induratumの1例
    第87回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.6.18 前橋
  26. 服部麻衣 清水 晶 石川 治 大川 司 塚越博之.
    コクサッキーウイルスA6が検出された非定型的な手足口病の2例.
    第89回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.12.17 前橋
  27. 服部麻衣 清水 晶 加藤円香 天野博雄 山本明美 中野 創 澤村大輔 及川大輔 亀井希代子 徳永 文稔 石川 治. 
    表皮基底部にVII型コラーゲン沈着が見られた優性栄養障害型表皮水疱症(前脛骨型)の1例.
    第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2015.10.31-11.1 神戸
  28. 服部麻衣 清水 晶 石川 治 及川大輔 徳永文稔 解良恭一 三井健揮 中野 創 澤村大輔.
    GATA2遺伝子変異によるgeneralized verrucosis発症メカニズムの検討.
    第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2015.10.31-11.1 神戸
  29. 藤原千紗子 安田正人 石渕隆広 岸 史子 高橋亜由美 石川 治 星島啓子.
    皮膚転移を契機に発見された下大静脈平滑筋肉腫の1例.
    第86回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.3.19 前橋
  30. 藤原千紗子 栗山裕子 石渕隆広 土岐清香 石渕裕久 渋沢弥生 山中正義 石川 治.
    下腿潰瘍を主訴に診断したKleinfelter症候群の2例.
    第114回日本皮膚学術大会 2015.5.29-31横浜
  31. 宮川真梨江 安田正人 藤原千紗子 石渕隆広 須藤麻利子 岸 史子 高橋亜由美 山中正義 石川 治.
    神経線維腫症I型に合併し,急速に進行した足底悪性黒色腫の1例.
    第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2015.10.31-11.1 神戸
  32. 宮川真梨江 安田正人 金井咲保里 関口明子 須藤麻利子 岸 史子 高橋亜由美 山中正義 石川 治.
    D2-40陽性を示した有棘細胞癌の2例.
    第88回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.9.17 前橋
  33. 茂木精一郎 山田和哉 土岐清香 中村哲也 石川 治.
    全身性強皮症に伴うレイノー現象に対するA型ボツリヌス毒素局所注射療法の効果・安全性について.
    第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2015.10.31-11.1 神戸
  34. 茂木精一郎 横山洋子 内山明彦 荻野幸子 上原顕仁 山田和哉 竹内裕子 石川 治.
    ラミンA遺伝子変異を同定したatypical Werner症候群における光老化の検討.
    第62回北関東医学会総会 2015.10.1-2 前橋
  35. 茂木精一郎 荻野幸子 内山明彦 上原顕仁 山田和哉 横山洋子 竹内裕子 石川 治.
    腎性全身性強皮症における皮膚線維化・石灰化機序におけるエンドセリンの役割.
    第62回北関東医学会総会 2015.10.1-2前橋
  36. 茂木精一郎 石川 治.
    群馬大学皮膚科における臨床研究・産学連携・基礎研究の取り組み
    第89回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.12.17 前橋
  37. 安田正人 森本奈緒子 井上千鶴 石川 治.
    乾癬患者アンケート調査:大学病院・市中病院・診療所の比較.
    第30回日本乾癬学会学術大会 2015.9.4-5 名古屋
  38. 山田和哉 内山明彦 Buddhini Perera 荻野幸子 横山洋子 石川 治 茂木精一郎.
    分泌蛋白質MFG-E8は間葉系幹細胞による悪性黒色腫の腫瘍血管新生を亢進させる
    第22回分子皮膚科学フォーラム 2015.4.18 高知
  39. 山田和哉 茂木精一郎 天野博雄 石川 治 大倉千幸.
    Basedow病に伴った脛骨前粘液水腫の1例.
    第87回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.6.18 前橋
  40. 山田和哉 茂木精一郎 土岐清香 久保田有香 中村哲也 石川 治.
    全身性強皮症に伴うレイノー現象に対するA型ボツリヌス毒素局所注入療法の効果・安全性について.
    第62回北関東医学会総会 2015.10.1-2 前橋

VI.地域の講演

  1. 石川 治.
    膠原病の基礎知識と最近の話題 ~強皮症・皮膚筋炎・エリテマトーデスを中心に~
    平成27年度桐生保健福祉事務所 膠原病講演会 2015.11.4 桐生
  2. 石川 治.
    膠原病医療の未来
    全国膠原病友の会創立40周年記念講演会 2015.11.1 前橋
  3. 石川 治.
    わかりやすい膠原病のお話
    平成27年度富岡保健福祉事務所 2015.7.17 富岡
  4. 石川 治.
    症例から学ぶ ~臨床と研究の両立を目指して~
    第25回関東臨床皮膚疾患研究会 2015.6.4 東京

VIII.関連病院業績

著書

  1. 田村敦志.白板症(ロイコプラキー). 皮膚疾患 最新の治療 2015-2016, 渡辺晋一, 古川福実編, 南江堂, 東京, p214, 2015
  2. 田村敦志.熱傷・褥瘡の創面評価法. 定番・皮膚科外来検査のすべて, 宮地良樹編, 文光堂, 東京, p73-79, 2015
  3. 田村敦志.脂肪腫. 今日の診断指針(第7版), 金沢一郎,永井良三ほか編, 医学書院, 東京, p2001-2002, 2015
  4. 田村敦志. 美容的に配慮した皮膚小腫瘍の治療. 平成27年度美容皮膚科・レーザー指導専門医テキスト, 公益社団法人 日本皮膚科学会監修, 東京, p1-8, 2015
  5. 岡田克之. 高齢者褥瘡の特徴. 石川 治編集, 高齢者の褥瘡 ~今, 私たちにできること~, WOC Nursing 3(3), 医学出版, 14-22, 2015
  6. 岡田克之. 褥瘡管理に栄養補給はどこまで有用か? 宮地良樹編集, EBM皮膚疾患の治療up-to-date, 中外医学社, 113-116, 2015
  7. 岡田克之. 褥瘡に外用剤を塗布する際のポイント. 宮地良樹編集, ココがポイント!外用剤使用時・使用後の「ワザ」と「知恵」, 薬局66(8), 南山堂, 2352-2357, 2015
  8. 岡田克之. 消毒薬による化学熱傷・放射線皮膚炎など. 宮地良樹編集, 褥瘡と紛らわしい皮膚疾患, WOC Nursing 3(11), 医学出版, 81-88, 2015

論文

  1. Kuraishi N, Shimizu A, Kato M, Takeuchi Y, Tamura A. Giant condyloma acuminatum in the axilla. Acta Derm Venereol 95(3): 355-356, 2015
  2. Uchiyama A, Motegi S, Okada E, Hirai N, Nagai Y, Tamura A, Ishikawa O. Cutaneous Marginal Zone B-cell Lymphoma Evolving into Anetoderma: A Role of Matrix Metalloproteinases? Acta Derm Venereol 95(4): 499-500, 2015
  3. Shimizu A, Yasuda M, Hoshijima K, Kato M, Takahashi A, Tamura A, Ishikawa O. Detection of human papillomavirus type 67 in subungual Bowen’s disease presenting as longitudinal melanonychia. Acta Derm Venereol 95(6): 745-746, 2015
  4. Hasegawa M, Tamura A. Subungual angiokeratoma presenting as a longitudinal pigmented band in the nail. Acta Derm Venereol 95 (8): 1001-1002, 2015
  5. 田村敦志. 母斑・血管腫・遺伝性皮膚疾患: ポートワイン母斑, Sturge-Weber症候群, Klippel-Trenaunay-Weber症候群. 小児科診療 78(特大 11号):1524-1527, 2015
  6. 田村敦志. 症例で学ぶ! 褥瘡ステージごとの外用剤の選び方・使い方: 急性期・慢性期の浅い褥瘡. 薬局 66(8): 68-72, 2015
  7. 田村敦志, 長谷川道子. 滑液包炎, coccygeal pad, 肛門・仙骨部皮膚アミロイドシーシス, 感染性股関節炎. WOC Nursing 3(11): 60-67, 2015
  8. 長谷川道子, 田村敦志. 副耳下腺に生じた基底細胞腺腫の1例と本邦報告例の文献的考察. 日皮会誌 125(6): 1225-1230, 2015
  9. 長谷川道子, 田村敦志. Basal cell carcinoma of the nipple-areola complex の1例と内外報告57例の検討. 日皮会誌 125(12): 2283-2288, 2015
  10. 小川 愛, 田村敦志. 下眼瞼に生じたmantleomaの1例. 皮膚臨床 57(4): 428-431, 2015
  11. 長谷川道子, 田村敦志, 前田昇三. 経過中に小球性貧血をきたした低亜鉛母乳による亜鉛欠乏症の1例. 臨皮 69(10): 742-745, 2015
  12. 長谷川道子, 田村敦志. 爪甲色素線条を呈した爪下被角血管腫. 日本皮膚外科学会誌 19(1): 30-21, 2015

学会

  1. 田村敦志.
    美容的に配慮した皮膚小腫瘍の治療.平成27年度 美容皮膚科・レーザー指導専門医研修会
    第33回日本美容皮膚科学会・学術大会 2015. 7. 25-26 大阪
  2. 長谷川道子 田村敦志
    臀部に単発したverrucous porokeratosis.
    第33回日本臨床皮膚外科学会学術集会 2015. 3.27-28 浦安
  3. 長谷川道子 田村敦志.
    インスリン注射部位に生じた限局性脂肪萎縮症の1例.
    第114回日本皮膚科学会総会 2015.29-5.31 横浜
  4. 長谷川道子 田村敦志.
    特異な組織像を呈した汗孔角化症.
    第87回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.6.18 前橋
  5. 長谷川道子 田村敦志 横山洋子 清水 晶 天野博雄.
    一部に多数の巨細胞を認めたBednar腫瘍.
    第31回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2015.7.3-4 大阪
  6. 長谷川道子 田村敦志.
    項部に生じた毛巣洞.
    第30回日本皮膚外科学会総会・学術集会 2015.10.10-11 三宮
  7. 岡田悦子 龍﨑圭一郎.
    表在性皮膚悪性腫瘍に対するイミキモドクリームによる治療経験.
    第114回日本皮膚科学会総会2015.5.30 横浜
  8. 川上千紗 岡田悦子 龍﨑圭一郎.
    乳頭部に生じた基底細胞癌の1例.
    第88回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.9.17 前橋
  9. 石川真衣 岡田悦子 龍﨑圭一郎.
    表在播種性汗孔角化症の1例.
    第88回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.9.17 前橋
  10. 岡田克之.
    褥瘡のキホン ~知っておくべき3つのこと~
    第10回日本褥瘡学会関東甲信越地方会群馬支部学術大会 2015.2.7 前橋
  11. 岡田克之.
    褥瘡対策と栄養サポートのコラボレーション
    第11回桐生地区口腔ケア研究会 2015.3.7 桐生
  12. 岡田克之.
    シンポジウム「褥瘡の多面的アプローチ」 多面的な、余りに多面的な〜褥瘡対策に三次元感覚を〜
    第12回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会 2015.7.3-4 前橋
  13. 岡田克之.
    ランチョンセミナー「褥瘡をいかに早く治すか〜エキスパートによる外用療法のコツ〜」 褥瘡を “みる” ということ〜外用薬を決める三次元の眼〜
    第17回日本褥瘡学会学術集会 2015.8.28-29 仙台
  14. 岡田克之.
    皮膚・爪のアセスメント(問診・視診・触診)
    日本フットケア学会 第7回フットケア指導士実技講習会 2015.10.25 久留米
    岡田克之.パネルディスカッション「多職種連携で支える地域NST」 医師として考えること
    第23回群馬NST研究会 2015.11.7 高崎
  15. 岡田克之.褥瘡の治療。
    日本褥瘡学会 第10回群馬県在宅褥瘡セミナー 2015.12.19 前橋
  16. Katsuyuki Okada, Junko Namiki, Makoto Kobayashi, Emiko Terai, Yoriko Muraoka, Chie Oyauchi, Miki Kanai, Midori Okawa, Yayoi Ishikawa, Tomohiro Iida.
    The nutritional and wound status of the severe pressure ulcer patients admitted to the dermatological ward.
    The 16th Congress of PENSA (Parenteral and Enteral Nutrition Society of Asia), 2015.7.24-26, Nagoya, Japan
  17. 並木純子、岡田克之、石川弥生、小林 誠、寺井恵美子、村岡頼子、佐々木杏奈、伊藤裕樹、田代香奈、井田知宏、平野浩司、飯田智広.
    Clostridium difficile 関連下痢症にNSTはどう介入していたか?
    第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2015.2.12-13 神戸
  18. 伊藤さやか、石川有理、岡田克之、寺井恵美子、小林 誠、村岡頼子、平野浩司、石川弥生、飯田智広.
    高齢者の大腿骨近位部骨折〜NSTはどう介入するべきか?〜.
    第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2015.2.12-13 神戸
  19. 上岡奈美、上原美奈子、前田 孝、村岡頼子、寺井恵美子、浅野弥生、岡田克之、石川弥生、飯田智広.
    ICUから一般病棟に繋がる栄養管理 〜総腸骨動脈瘤術後の人工呼吸器離脱困難患者に対する栄養サポート〜.
    第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2015.2.12-13 神戸
  20. 伊藤麻美、飯田智広、高橋百合、広町陽志、藤井 努、木村理絵、村岡頼子、石川弥生、岡田克之、丸田 栄.
    当院における下痢対策マニュアル導入後の効果.
    第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2015.2.12-13 神戸
  21. 廣町陽志、飯田智広、伊藤麻美、高橋百合、木村理絵、藤井 努、村岡頼子、石川弥生、岡田克之、丸田 栄.
    当院におけるEAT-10簡易版の摂食嚥下障害スクリーニングの活用方法の検討.
    第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2015.2.12-13 神戸
  22. 岡田克之、石川典子、川﨑美智子、清水玲子、高頭佳代、松島広美、関口明子.当科における爪白癬患者の実態〜どう治療してきたか?どう治療していくか?〜.第13回日本フットケア学会年次学術集会 2015.2.14-15 東京
  23. 大森優子、中島雅子、河井利恵子、岡田克之、桑島 信.
    入院時結核スクリーニングとしての抗酸菌検査導入効果.
    第30回日本環境感染学会総会・学術集会 2015.2.20-21 神戸
  24. 宇田川雅敏、今井正之、宇津野こずえ、木村希望、岡田克之、石川弥生、飯田智広、宮下朋美、丸田 栄.
    口腔ケアの介入をした破傷風の1例.
    第11回桐生地区口腔ケア研究会 2015.3.7 桐生
  25. 岡田克之、関口明子、野尻 基.
    会陰に生じた壊疽性膿皮症の1例.
    第67回群馬実地皮膚科医会 2015.6.28 前橋
  26. 岡田克之、大谷内千恵、金井美紀、大川三登利、小野里貴子、井上智子、伊藤恵美、並木純子.
    褥瘡を主訴とした皮膚科入院の現状 〜地域における褥瘡対策システムが必要である〜.
    第12回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会 2015.7.3-4 前橋
  27. 伊藤恵美、岡田克之、大谷内千恵、金井美紀、大川三登利、小野里貴子、井上智子.
    脳神経外科・呼吸器外科の混合病棟における褥瘡発生の現状.
    第12回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会 2015.7.3-4 前橋
  28. 岡田克之、大谷内千恵、金井美紀、大川三登利、小野里貴子、井上智子、伊藤恵美.
    3年ごとにみた当院の褥瘡〜減らない「持ち込み」褥瘡の現状を考える〜.
    第17回日本褥瘡学会学術集会 2015.8.28-29 仙台
  29. 井上智子、岡田克之、大谷内千恵、金井美紀、大川三登利、小野里貴子、伊藤恵美.
    全身状態の悪化に伴う褥瘡ケアの事例.
    第17回日本褥瘡学会学術集会 2015.8.28-29 仙台
  30. 石渕隆広、神山由佳、曽我部陽子.
    当科における結節性紅斑の経験例
    第88回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.9.17 前橋
  31. 田村政昭 倉石夏紀.
    当院におけるマムシ咬傷の臨床的検討.
    第86回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.3.19 前橋
  32. 金井咲保里 田村政昭.
    エイ刺傷の1例.
    第87回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.6.18 前橋
  33. 金井咲保里 田村政昭.
    豆腐によるアナフィラキシーの1例.
    第89回日本皮膚科学会群馬地方会 2015.12.17 前橋

地域の講演

  1. 田村敦志.
    社会とともに変遷する褥瘡 ―抗MRSA薬の適正使用を含めて―.
    褥瘡サミットin群馬2015(主催:群馬県薬剤師会) 2015.12.13 高崎
  2. 岡田克之,大谷内千恵.
    在宅における褥瘡対策 ~知っておくべき知識とスキル~
    桐生厚生総合病院 第2回地域連携勉強会 2015.1.22 桐生
  3. 岡田克之.
    当科における乾癬治療の変化 〜患者さんの声を聞きながら〜
    乾癬を語る会 —群馬— 2015.4.16 前橋
  4. 岡田克之.
    爪白癬をどう治療してきたか? 〜足外来とフットケアチームの連携へ〜
    クレナフィン発売記念講演会 2015.4.23 前橋
  5. 岡田克之.
    肌の“かゆみ”を解消しよう! 〜なぜかゆい? どうなおす?〜
    桐生市けんこう塾 2015.9.16 桐生
  6. 岡田克之.
    アトピー性皮膚炎について
    FM桐生 You've got Kiryu! 「健康コーナー」 2015.9.24 桐生
  7. 岡田克之.
    NST十年の歩み 〜やってきたこと、やるべきこと〜
    桐生・みどりの栄養と介護を考える会(桐生厚生総合病院NST十周年記念講演会) 2015.10.17 桐生
  8. 岡田克之.
    湿疹・皮膚炎〜どう診てどう治すか〜
    伊勢崎佐波皮膚科医会 2015.10.22 伊勢崎
  9. 岡田克之.
    食と栄養に関する基礎知識 『この関係に注目!〜褥瘡&栄養〜』
    群馬県栄養士会 生涯教育(基幹教育)研修会 2015.10.24 前橋
  10. 岡田克之.
    3秒の技術〜皮膚科医なんに何やってんの?〜
    MEDプレゼン2015 2015.11.22 東京
  11. 青山久美 山中正義 茂木精一郎 天野博雄 石川 治 大倉千幸.
    SAPHO症候群の1例.
    皮膚科セミナー 2015.6.25 前橋
  12. 嶋岡正利.
    DESIGN-R®について.
    第24回地域褥瘡検討会2015.6.12 藤岡
  13. 田村政昭.
    保存的治療を継続した糖尿病性壊疽の1例.
    第32回栃木県ストーマ研究会 2015.6.20 佐野
  14. 田村政昭.
    講義②褥瘡の褥瘡発生とアセスメント.
    第9回在宅褥瘡セミナー(栃木) 2015.9.27 壬生

他 

  1. 石渕隆広. 特集 紫外線対策. 石井病院季刊誌 サンホスピタル 39号, p2, 2015

PAGE TOP