教員紹介

教室の沿革

昭和19年山碕順先生が初代教授として群馬大学に着任し、当講座はスタートした。
その後昭和47年に石川英一先生が第2代教授として着任した。石川英一教授は全身性強皮症の診療、研究をライフワークとし、膠原病についての診療・研究の礎を築いた。
平成4年、第3代教授に就任した宮地良樹教授は、従来からの膠原病診療、および研究に加え、皮膚アレルギー、皮膚外科の診療、研究を大きく推進させた。
宮地教授が京都大学医学部皮膚科(現京都大学大学院医学研究科皮膚生命科学講座皮膚科学分野)教授として転出した後、当時助教授の石川治先生が平成11年第4代教授に昇任し、現在に至っている。
近年は細胞生物学、分子生物学など最新の知見や技術を積極的に取り入れ、教室のテーマは膠原病の診療、研究を中心として、皮膚アレルギー学、皮膚腫瘍学、皮膚外科学などと多岐にわたっている。また最近では、高齢化社会において大きな問題となっている褥瘡について、創傷治癒の基礎的研究から臨床まで積極的に展開している。
なお、石川教授は平成18年度から4年間附属病院長をつとめ、平成23年度からは副学長(教育・国際交流担当)として対外的にも活躍の場を広げている。


PAGE TOP