教員紹介

スタッフ紹介 - 略歴

茂木 精一郎

茂木 精一郎  MOTEGI SEI-ICHIRO

群馬大学大学院医学系研究科皮膚科学 准教授・医会長


略歴

1999年(平成11年)

群馬大学医学部医学科 卒業
群馬大学医学部附属病院研修医(皮膚科)
2000年(平成12年)
済生会宇都宮病院医師(皮膚科)
2001(平成13年)~
2004年(平成16年)
群馬大学大学院医学系研究科博士課程
(生体調節研究所 バイオシグナル分野所属)
2004年(平成16年)

群馬大学医学部附属病院皮膚科医員
東京大学医学部附属病院形成外科研究員
2005年(平成17年)
群馬大学医学部附属病院皮膚科医員
2006年(平成18年)
生体調節研究所バイオシグナル分野 COE研究員
2007(平成19年)~
2011年(平成23年)

米国国立衛生研究所(NIH)皮膚科学
Dr. Mark Udey Lab. visiting fellow
2009(平成21年)~
2010年(平成22年)
日本学術振興財団海外特別研究員(NIH)

2011年(平成23年)
群馬大学大学院医学系研究科皮膚科学 助教

2012年(平成24年)
群馬大学大学院医学系研究科皮膚科学 外来医長
2013年(平成25年)
群馬大学大学院医学系研究科皮膚科学 講師
2016年(平成28年)
群馬大学大学院医学系研究科皮膚科学 医会長
2017年(平成29年)
群馬大学大学院医学系研究科皮膚科学 准教授

受賞

2003年(平成15年)
第7回北関東医学会奨励賞
2004年(平成16年)
群馬大学大学院学術優秀賞 (New Investigators Award)
2005年(平成17年)
日本皮膚科学会東部支部学術奨励賞
2006年(平成18年)
日本皮膚悪性腫瘍学会ポスター賞
2007年(平成19年)
群馬大学COE若手研究者奨励賞
2009年(平成21年)
日本学術振興財団海外特別研究員(NIH)
2010年(平成22年)
The Fellows Award for Research Excellence (FARE) 2011 in NIH
2012年(平成24年)

日本皮膚科学会基礎医学研究費(資生堂寄付)
上原記念生命科学財団 研究奨励金
2013年(平成25年)

IID2013 JDA Travel Grant
武田科学振興財団 医学系研究奨励
2014年(平成26年)


群馬大学 ベストティーチャー石井賞
日本リディアオリリー協会 研究助成金
平成26年度加齢皮膚医学研究基金(ロート賞)
2015年(平成27年)


第62回北関東医学会総会 優秀発表賞
日本褥瘡学会 日本褥瘡学会研究助成金
中冨健康科学振興財団 平成27年度(第28回)研究助成金
2016年(平成28年)





2016年度 ノバルティス ファーマ研究助成
リディアオリリー記念ピアス皮膚科学振興財団研究助成金
武田科学振興財団 医学系研究奨励継続助成(がん領域)
第80回日本皮膚科学会東部支部 学会賞
第13回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会 最優秀演題賞
JSID’s Fellowship Shiseido Research Grant(資生堂賞)
2017年(平成29年)


第9回ロート皮膚医学研究賞 (Rhoto Dermatology Prize)
2017年 日本研究皮膚科学会賞(JSID賞)
2017年 公益財団法人コスメトロジー研究振興財団 研究助成

専門医・資格

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本臨床皮膚外科学会専門医

所属学会・役職

  • 日本皮膚科学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本癌学会
  • 日本研究皮膚科学会 (評議員)
  • 日本褥瘡学会
  • 日本臨床皮膚外科学会
  • 日本皮膚悪性腫瘍学会
  • 北関東医学会(評議員)
  • 日本皮膚科学会創傷・熱傷ガイドライン委員会
  • LO皮膚科学研究会(スカイクラブ)
  • 日本リウマチ学会
  • 日本結合組織学会
  • 加齢皮膚医学研究会
  • 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患研究事業「早老症の実態調査と予後改善を目指す集学的研究」研究分担者



研究内容


全身性強皮症の病態解明と治療への応用、悪性黒色種の腫瘍血管新生・新規治療の開発、褥瘡・難治性皮膚潰瘍・創傷の治療、皮膚の老化、遺伝性皮膚疾患の遺伝子検索など

挨拶


最新、最善の治療、情報を患者様に提供できるよう全力を尽くします。また、日常診療で出会った症例の一つ一つを大事にして、臨床の中で感じた疑問点、問題点を解き明かしたいという思いをもって研究を行っています。主に、全身性強皮症の病態解明と治療への応用を目指して診療、基礎研究・臨床研究を行っています。また、悪性黒色腫の新たな治療法の開発、褥瘡・難治性皮膚潰瘍の治療、遺伝性皮膚疾患の遺伝子検索なども行っています。

こちらもご参照ください。→http://researchmap.jp/seiichiro/


PAGE TOP