教室紹介

医師ワークライフ支援プログラム

栗山 裕子  (医師ワークライフ支援プログラムで大学病院に復帰していた医師)

平成22年卒

第2子出産後に復帰

私は4年目のシニアレジデントで昨年11月に第2子を出産し、この4月から女性医師支援プログラムを利用し働いています。4月は週12時間、5月からは週24時間勤務しており、今後子供の成長を見ながら更に勤務時間を増やしていき、キャリアアップを目指したいと思っています。一概に「子育てをしながら働く」といっても、家庭によってパートナー、両親、シッターさんのサポートの有無、仕事と子育てのバランスの取り方に対する考え方や価値観は様々です。当科では医会長はじめ、子育ての先輩でもある上級医の女性医師がいつでも相談に乗ってくれそれぞれのケースに応じて復帰時期、勤務形態や勤務時間を考慮してくれます。
 私は初期臨床研修中に第1子を出産し、2年目の初期臨床研修中に皮膚科に興味を持ち、尊敬できる上級医との出会いが決めてとなり皮膚科への入会を決断しました。大学の皮膚科の研修は、外来で上級医と初診の方を診たり、入院患者をチームで担当しながら多くの症例を経験し丁寧にご指導いただきながら勉強しています。医師として、母としてどちらも十分にはできず、周りの援助を受けながら、多大なご迷惑をお掛けしながらの生活に申し訳なく、心苦しく思うことも多々あります。それも十分承知した上で、私にできることは理解ある職場に恵まれたことに感謝し、同じ時期に両方できる有り難さを感じながら患者さんにも医局にも貢献できる臨床医を目指して奮闘することだと思っています。
 興味のある方は是非皮膚科に一度見学に来て入会を検討してみてはいかがでしょうか。女性医師が働き続けやすい制度や理解があるのはもちろん、男性は非常に重宝され、活躍できるチャンスが多いはずです。


女性医師支援プログラム

PAGE TOP