教室紹介

医師ワークライフ支援プログラム

森本奈緒子  (医師ワークライフ支援プログラムで大学病院に復帰していた医師)

平成13年卒

子育てが一段落して復帰


私は今年の4月から女性医師支援枠の非常勤医師として、大学病院に勤務しています。我が家では、子供達がちょうど今年の4月から小学生になり、少し手が離れたため、このタイミングに、大学病院に復帰してみることにしました。

勤務時間に関しては、いろいろ考えましたが、今のところ大学でも時短勤務で皮膚科の外来を中心に働かせていただいております。

 

働き始めて半年ほどがたちましたが、一般病院では経験できない症例や、治療などを見せていただき、たくさんのことを勉強させていただいております。

復帰をきめるまではいろいろな不安もありとても迷いましたが、多くの心強い先輩や後輩に支えていただき、今では復帰してとても良かったと思っています。

 

まだまだ、毎日の業務におわれ、目の前の仕事をこなすのが精一杯ですが、いつも職場の方々や、家族に支えられ、時短勤務でありながらも最前線の医療に触れられる環境にいられることに感謝し、少しでも多くの皆さんのお役に立てるような医師になれるよう、日々研鑽していきたいと思っております。


女性医師支援プログラム

PAGE TOP