群馬大学大学院 医学系研究科皮膚科学 > 研究 > 内山グループ

研究

内山グループ

研究室紹介

研究メンバーLABORATORY MEMBERS

内山 明彦(グループ責任者)
井上 裕太
Hritu Baral
Syahla Nisaa Amalia
Bolor NasanBat
荻野 幸子

研究テーマ

難治性皮膚潰瘍、褥瘡の病態解明と新規治療の開発

糖尿病性潰瘍や褥瘡(床ずれ)などの難治性潰瘍を生じる疾患の病態解明を目指した研究を行っています。これまでに遺伝子欠損マウスや糖尿病マウスを用いて、間葉系幹細胞による皮膚創傷治癒におけるアポトーシス細胞や血管新生の制御に関する研究を行ってきました。また、グループ責任者は留学先 (NIH, Laboratory of Skin Biology)で口腔粘膜と皮膚における創傷治癒の違い関する研究を行い、口腔粘膜で高い発現する転写因子SOX2が創傷治癒を促進するメカニズムを解明しました(Science Translational Medicine 2018, Journal of Investigative Dermatology 2019)。
また未だ有効な治療方法が確立されていない急性期の褥瘡に対する新たな治療開発を目標にこれまでに様々な研究を行っています。近年では酸化ストレスによる褥瘡の潰瘍形成に関する病態制御を解明し、新たな治療応用への可能性を見出しました(Wound Repair and Regeneration 2020)。これらの研究成果によって高齢化社会において問題となる褥瘡性潰瘍の発症・再発予防に対する新たな治療アプローチが期待できます。

参考文献:
■Inoue Y, et al. Wound Repair and Regeneration 2020 in press.
■Iglesias-Bartolome R, Uchiyama A, et al. Science Translational Medicine, 2018; 10: eaap8798.
■Uchiyama A, et al. Journal of Investigative Dermatology, 2019; 139: 1809-1820.
■Uchiyama A, et al. Journal of Dermatological Science, 2017; 86:187-197.
■Uchiyama A, et al. Experimental Dermatology, 2016; 25: 678-83.
■Uchiyama A, et al. Journal of Investigative Dermatology, 2015; 135: 1157-65.
■Uchiyama A, et al. Scientific Reports, 2015; 13; 5: 9072.
■Uchiyama A, et al. American Journal of Pathology, 2014; 184: 1981-90.

アトピー性皮膚炎の病態解明と新しい治療の開発

アトピー専門外来を通じて難治性、重症アトピー性皮膚炎の病態に研究を行っています。またアトピー性皮膚炎モデルマウスを用いた基礎研究を行い、新たな治療応用の可能性につながる分子や病態のメカニズムに関する検討も行っています。

医工・産学連携によって、群馬大学理工学府の板橋秀之先生と株式会社グッドアイ、株式会社ヤマトと連携しアトピー性皮膚炎の患者さんを対象として入浴剤を用いた新たなスキンケアの開発につながる研究を行っています。

乾癬の病態解明と新たな治療の開発
グループに所属する井上先生は当科安田先生、森本先生と共に乾癬外来を担当し、乾癬に関する臨床研究に取り組んでいます。また乾癬モデルマウスを用いた基礎研究も行っております。近年、乾癬の病態に重要とされるIL-23/Th17経路と神経伝達物質との関連に着目し、ボツリヌス毒素を用いた治療応用への可能性について検討を行いました(Journal of Dermatological Science, 2020)。

参考文献:
■Amalia SN, et al. Journal of Dermatological Science 2020 in press.

グループの特徴

私たちの研究グループでは臨床で得られる情報・検体を用いた臨床研究とマウスや細胞を用いた基礎研究の両方を行っています。臨床で生じた疑問・問題を研究によって解明し、その研究成果を患者さんへ還元できるよう日々研鑽を積んでいます。
また海外からの留学生も多く、国際色豊かなチーム編成になっています。将来、海外留学を目指す方が必ず役に立つ英語でのコミュニケーション能力の向上も期待できます。興味のある方がいましたら是非ご連絡下さい。

@

共同研究者

板橋 英之(群馬大学理工学府環境創生部門環境エネルギー分野)
柴崎 貢志(長崎県立大学大学院人間科学研究科細胞生化学講座)
Maria I. Morasso (米国国立衛生研究所(NIH) Laboratory of Skin Biology)

トップへ戻る