群馬大学大学院 医学系研究科皮膚科学 > 研究 > 安田グループ

研究

安田グループ

研究室紹介

研究メンバーLABORATORY MEMBERS

安田正人(グループ責任者)
メンバー募集中

研究テーマ

表皮角化機構・角化症研究
部位特異的表皮角化機構の解明

皮膚の最外層に位置する表皮は、体の各部位に合わせ、その生化学的特性や組織学的構造を大きく変化させています。 例えば、手の平・足の裏(掌蹠)は、体の皮膚とは異なり、厚い表皮有棘層と角層を持つことで大きな荷重や外力に耐えうる構造をとっているわけです。 Circumscribed palmoplantar hypokeratosisは、掌蹠の皮膚の一部が体幹の皮膚のようになってしまう稀な皮膚病です。この皮膚病を解析することで、掌蹠の皮膚と体幹の皮膚の違いを明らかにできると考えています (Br J Dermatol 2011)。

部位特異的表皮真皮相互作用の解析

掌蹠や口腔粘膜など部位によって異なる表皮構造は、その下の真皮線維芽細胞から分泌される因子によって制御されていることが明らかになっています。 つまり、真皮線維芽細胞もからの部位によって、大きく変化しているわけです。真皮線維芽細胞はコラーゲンなどの多くの細胞外基質を分泌することで皮膚の柔軟性、弾力性を維持していますが、これまでに私たちは、体幹の真皮線維芽細胞はファイブロネクチンという細胞外基質が、掌蹠の真皮線維芽細胞はデコリンというプロテオグリカンを多く分泌することで、その機能に影響を与えていることを明らかにしています (Br J Dermatol 2006, Exp Dermatol 2016)。

角化症の病態解明

乾癬、ダリエ病、掌蹠角化症など表皮に異常を生じるたくさんの疾患があり、その病態は少しずつ明らかになってきていますが、治療に結びついているものは多くありません。角化症病変部の表皮細胞における遺伝子発現を解析することで、病変部特異的な変化を明らかにし、治療への応用を目指しています。

参考文献:

■Yasuda M, et al. Circumscribed palmar hypokeratosis on both hands: distinct keratin expression in multiple depressed lesions. Br J Dermatol 2011; 164(1): 211-3.
■Yasuda M, et al Spatial expressions of fibronectin and integrins by human and rodent dermal fibroblasts. Br J Dermatol 2006; 155(3): 522-31.
■Yasuda M, Palmoplantar collagen bundle size correlated with a characteristic spatial expression of decorin and lumican. Exp Dermatol 2016; 25(4): 318-20.

皮膚悪性腫瘍研究

皮膚悪性腫瘍は、悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌、乳房外パジェット病、エクリン汗孔癌、メルケル細胞癌など非常に多彩です。多くの場合、手術により切除することで根治が可能ですが、一つ一つは稀な悪性腫瘍のため、その病態も明らかでなく、進行した場合の治療方法も少ないのが現状です。単一施設のみでは十分な研究が行えないため、多施設共同で、様々な皮膚悪性腫瘍の病態解明、治療方法の確立のための解析を行っています(Eur J Cancer 2020, J Dermatol Sci 2020, JAMA Dermatol 2015)。

参考文献:

■Ogata D, Namikawa K, Otsuka M, Asai J, Kato H, Yasuda M, et al. Systemic treatment of patients with advanced cutaneous squamous cell carcinoma: response rates and outcomes of the regimes used. Eur J Cancer 2020; 127: 108-117.
■Nakamura M, Magara T, Nojiri Y, Nishihara H, Kato H, Teramoto Y, Yasuda M, et al. Increased programmed death ligand-1 expression in metastatic Merkel cell carcinoma associates with better prognosis. J Dermatol Sci 2020; 97(2): 165-167.
■Nakamura I, Kariya Y, Okada E, Yasuda M, et al. A Novel Chromosomal Translocation Associated With COL1A2-PDGFB Gene Fusion in Dermatofibrosarcoma Protuberans: PDGF Expression as a New Diagnostic Tool. JAMA Dermatol 2015; 151(12): 1330-1337.

その他

大阪大学、山形大学、岡山大学と共同で、2013年に社会問題となったロドデノール配合化粧品により生じた白斑について解析を行いました(J Dermatol 2020)、また、株式会社資生堂と共同し、紫外線による皮膚の変化(光老化)が、表皮真皮接合部におけるラミニン511の低下を介して、表皮幹細胞の減少をきたすことを明らかにしました(Sci Rep 2020)。

参考文献:

■Yasuda M, et al. Immunohistochemical analysis of rhododendrol-induced leukoderma in improved and aggravated cases. J Dermatol Sci 2020; 99(2): 140-143.
■Iriyama S, Yasuda M, et al. Decrease of laminin-511 in the basement membrane due to photoaging reduces epidermal stem/progenitor cells. Sci Rep 2020; 10(1): 12592.

グループのメンバーの受賞

安田 正人

■2019年度群馬大学医学部附属病院GCP賞

グループの特徴

現在は病棟医長としての業務が多く、研究はあまり進められていないのが実情ですが、これまで行ってきた研究を少しずつ進め、皮膚の不思議を一つでも解明していきたいと考えています。皮膚は人体最大の臓器と言える組織ですが、一口に皮膚と言っても、頭皮、唇、体、手のひら・足の裏など部位によって、その性状や機能は大きく異なります。再生医療が盛んに研究されている昨今ですが、体中の皮膚を再生させるためには皮膚のそれぞれの部位の違いを明らかにしていくことが必要になります。また、それぞれの部位や構造から様々な皮膚悪性腫瘍が発生します。皮膚の違いが明らかになれば、皮膚悪性腫瘍の治療への応用も期待できると考えています。興味がある方は、是非一緒に研究しましょう。

共同研究者

高橋 健造(琉球大学医学部 皮膚科学教室)
内海 大介(琉球大学医学部 皮膚科学教室)
中村 泰大(埼玉医科大学国際医療センター 皮膚腫瘍科・皮膚科)
藤澤 康弘(筑波大学医学医療系 皮膚科)
中村 元樹(名古屋市立大学大学院医学研究科 加齢・環境皮膚科)
永瀬 浩太郎(佐賀大学医学部 皮膚科学教室)

トップへ戻る