群馬大学大学院 医学系研究科皮膚科学 > 教室紹介 > 業績集

教室紹介

業績集

2019年業績

受賞・研究助成+

上原顕仁
令和元年度~2年度 日本学術振興会 科学研究費 若手研究
「亜鉛欠乏による褥瘡発生機序の解明:なぜ亜鉛欠乏状態では褥瘡が発生しやすいのか?」

内山明彦
令和元年度日皮会基礎医学研究費(資生堂寄付)
「転写因子SOX2による皮膚虚血再灌流障害(急性期褥瘡)における制御機構の解明および新規治療法の開発」

内山明彦
2019年度ラ ロッシュ ポゼ基金(皮膚科学分野における基礎研究論文)
「SOX2 Epidermal Overexpression Promotes Cutaneous Wound Healing via Activation of EGFR/MEK/ERK Signaling Mediated by EGFR Ligands」

内山明彦
公益社団法人 中冨健康科学振興財団 令和元年度(第32回)研究助成金
「TRPV4による乾癬の制御機構の解明および新規治療薬の開発」

内山明彦
公益社団法人 コーセーコスメトロジー研究財団 2019年度 コスメトロジー研究助成
「転写因子SOX2による皮膚虚血再灌流障害(急性期褥瘡)における制御機構の解明および新規治療法の開発」

栗山裕子
2019 ESDR/JSID Young Fellow Collegiality Awards 受賞
「Long interspersed nuclear elements-1 expression in skin tumors. 」

齋藤晋太郎
令和2年度日本皮膚科学会・雑誌論文賞 受賞
「皮膚科医による基底細胞癌の側方マージン設定の正確性に関する検討」

清水 晶
2019年度 ノバルティス研究助成 受領
「皮膚筋炎における1型インターフェロン上昇メカニズムの解明」

関口明子
第13回加齢皮膚医学研究基金ロート賞
「なぜ亜鉛欠乏状態では褥瘡が発生しやすいのか?-亜鉛欠乏による褥瘡発生機序の解明-」

関口明子
第118回日本皮膚科学会総会 優秀演題賞 受賞
「Features of anti-MDA5 antibody+ dermatomyositis with rapid progressive interstitial lung disease」

関口明子
第83回日本皮膚科学会 東京・東部支部合同学術大会 合同学会賞 受賞
「耳朶皺壁を有する全身性強皮症患者の臨床的特徴について」

茂木精一郎
The 63rd Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology (JCR 2019) Excellent Abstract Award 受賞

茂木精一郎
2019年度 ノバルティス研究助成 受領
「制御性T細胞・Th17細胞バランスの制御による強皮症の線維化治療」

茂木精一郎
令和元年度 群馬大学「重点支援プロジェクト」
「全身性強皮症に伴う手指潰瘍・レイノー現象に対するB型ボツリヌス毒素局所注入両方の実用化を目指して」

茂木精一郎
第49回 日本創傷治癒学会研究奨励賞 受賞

著書+
分担執筆
  1. 石川 治.毛細血管拡張 尹 浩信,竹原和彦,佐藤伸一,桑名正隆編、強皮症の全てがわかる本、東京、保健同人社, 2019. 162
  2. 石川 治.免疫抑制薬・免疫調整薬 尹 浩信,竹原和彦,佐藤伸一,桑名正隆編、強皮症の全てがわかる本、東京、保健同人社, 2019. 160-161
  3. 遠藤 雪恵.眼瞼黄色腫 安部正敏 宮地良樹編、ジェネラリスト必携!この皮膚疾患にこの処方、東京、医学書院, 2019, 162-163
  4. 清水 晶. 水いぼ(伝染性軟属腫)、 安部正敏、宮地良樹編、ジェネラリスト必携!この皮膚疾患にこの処方、東京、医学書院、2019、 199
  5. 清水 晶. 難治性疣贅「何度も通っているのに治らない.なんとかしてほしい」、 出光俊郎編、皮膚科トラブル対応テキスト、東京、文光堂、2019、 154-156
  6. 田村敦志.壊死性筋膜炎,ガス壊疽.皮膚疾患 最新の治療 2019-2020,古川福実,佐伯秀久編,東京,南江堂,2019;165-166
  7. 田村敦志.陥入爪・巻き爪.ジェネラリスト必携! この皮膚疾患のこの発疹,宮地良樹,安部正敏編,東京,医学書院,2019;139-140
  8. 田村敦志.副乳.ジェネラリスト必携! この皮膚疾患のこの発疹,宮地良樹,安部正敏編,東京,医学書院,2019;228,2019
  9. 田村敦志.外陰部被角血管腫.ジェネラリスト必携! この皮膚疾患のこの発疹,宮地良樹,安部正敏編,東京,医学書院,2019;235
  10. 田村敦志.爪甲鉤彎症.ジェネラリスト必携! この皮膚疾患のこの発疹,宮地良樹,安部正敏編,東京,医学書院,2019;236-237
  11. 田村敦志.肛門仙骨部皮膚アミロイドーシス.ジェネラリスト必携! この皮膚疾患のこの発疹,宮地良樹,安部正敏編,東京,医学書院,2019;239
  12. 田村敦志.爪のケア.エビデンスに基づくスキンケアQ&A 新しい皮膚科治療へのアプローチ,宮地良樹,安部正敏編,東京,中山書店,2019;200-218
  13. 茂木精一郎. 強皮症 宮地良樹、安部正敏編「ジェネラリスト必携 この皮膚疾患のこの発疹」東京、医学書院2019; pp. 72-73.
  14. 茂木精一郎. 慢性円板状エリテマトーデス 古川福実、佐伯秀久編「皮膚疾患 最新の治療 2019-2020」 2019: p. 81.
  15. 茂木精一郎. 強皮症/ボセンタン 宮地良樹編「最新キーワードで読み解くAll about 皮膚科学」東京、メディカルレヴュー社2019; pp. 188-189.
論文+
英文総説
  1. Shimizu A, Kuriyama Y, Hasegawa M, Tamura A, Ishikawa O.
    Nail Squamous Cell Carcinoma: A Hidden High-risk HPV Reservoir for Sexually Transmitted Infections.
    J Am Acad Dermatol. 81:1358-1370. 2019 (IF=8.277)
英文原著
  1. Fujiwara C, Motegi S, Ohira A, Yamaguchi S, Sekiguchi A, Yasuda M, Nakamura H, Makiguchi T, Yokoo S, Hoshina D, Abe R, Takahashi K, Ishikawa O.
    The significance of tumor cells-derived MFG-E8 in tumor growth of angiosarcoma.
    Journal of Dermatological Science 2019; 96: 18-25. (IF=3.681)
  2. Fujiwara C, Uehara A, Sekiguchi A, Uchiyama A, Yamazaki S, Ogino S, Yokoyama Y, Torii R, Hosoi M, Suto C, Tsunekawa K, Murakami M, Ishikawa O, Motegi S.
    Suppressive Regulation by MFG-E8 of Latent Transforming Growth Factor β-Induced Fibrosis via Binding to αv Integrin: Significance in the Pathogenesis of Fibrosis in Systemic Sclerosis.
    Arthritis & Rheumatology 2019; 71: 302-314. (IF=9.586)
  3. Hattori M, Shimizu A, Ishida-Yamamoto A, Wakamatsu K, Ishikawa O. Melanocyte lineage cells in piebald skin.
    J Dermatol. 2019; 46:816-818. (IF=3.072)
  4. Motegi S, Sekiguchi A, Toki S, Kishi C, Endo Y, Yasuda M, Ikeuchi H, Sakairi T, Hara K, Yamaguchi K, Maeno T, Hiromura K, Ishikawa O.
    Clinical features and poor prognostic factors of anti-melanoma differentiation-associated gene 5 antibody-positive dermatomyositis with rapid progressive interstitial lung disease.
    European Journal of Dermatology 2019; 29(5), 511-517. (IF=2.782)
  5. Motegi S, Sekiguchi A, Sekine Y, Nakayama H, Suzuki K, Ishikawa O
    Prevalence and clinical characteristics of overactive bladder in systemic sclerosis.
    Modern Rheumatology 2019; 30(2): 327-331. (IF= 2.113)
  6. Motegi S, Fujiwara C, Sekiguchi A, Yamazaki S, Yokoyama Y, Yasuda M, Ishikawa O
    Possible contribution of PDGF-BB-induced autophagy in dermatofibrosarcoma protuberans: Autophagy marker Atg5 could be a differential marker between dermatofibrosarcoma protuberans and dermatofibroma.
    Journal of Dermatological Science, 2019; 93(2): 139-141. (IF=3.681)
  7. Motegi S, Fujiwara C, Sekiguchi A, Hara K, Yamaguchi K, Maeno T, Higuchi T, Hirasawa H, Kodaira S, Tomonaga H, Tsushima Y, Ishikawa O
    Clinical value of (18)F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography/computed tomography for interstitial lung disease and myositis in patients with dermatomyositis.
    Journal of Dermatology 2019; 46(3): 213-218. (IF=3.072)
  8. Motegi S, Sekiguchi A, Yonemoto Y, Mieda T, Chikuda H, Ishikawa O
    Demographic and clinical characteristics of spinal calcinosis in systemic sclerosis: Possible association with peripheral angiopathy
    Journal of Dermatology 2019; 46: 33-36. (IF=3.072)
  9. Nakamura H, Sekiguchi A, Ogawa Y, Kawamura T, Akai R, Iwawaki T, Makiguchi T, Yokoo S, Ishikawa O, Motegi S
    Zinc deficiency exacerbates pressure ulcers by increasing oxidative stress and ATP in the skin
    Journal of Dermatological Science 2019; 95: 62-69. (IF=3.681)
  10. Perera LMB, Sekiguchi A, Uchiyama A, Uehara A, Fujiwara C, Yamazaki S, Yokoyama Y, Ogino S, Torii R, Hosoi M, Ishikawa O, Motegi S.
    The regulation of skin fibrosis in systemic sclerosis by extracellular ATP via P2Y2 purinergic receptor
    Journal of Investigative Dermatology 2019; 139(4): 890-899. (IF=7.143)
  11. Sekiguchi A, Motegi S, Fujiwara C, Yamazaki S, Inoue Y, Uchiyama A, Akai R, Iwawaki T, Ishikawa O.
    Inhibitory effect of kaempferol on skin fibrosis in systemic sclerosis by the suppression of oxidative stress
    Journal of Dermatological Science 2019; 96: 8-17. (IF=3.681)
  12. Kuribayashi S, Motegi S, Hara K, Shimoyama Y, Hosaka H, Sekiguchi A, Yamaguchi K, Kawamura O, Hisada T, Ishikawa O, Kusano M, Uraoka T.
    Relationship between esophageal motility abnormalities and skin or lung involvements in patients with systemic sclerosis.
    J Gastroenterol. 2019; 54: 950-962. (IF= 6.132)
  13. Kurozumi S, Kaira K, Matsumoto H, Hirakata T, Yokobori T, Inoue K, Horiguchi J, Katayama A, Koshi H, Shimizu A, Oyama T, Sloan EK, Kurosumi M, Fujii T, Shirabe K.
    β2-Adrenergic receptor expression in estrogen receptor-negative breast cancer predicts poor prognosis and is associated with biomarkers of tumor immunity.
    Breast Cancer Res Treat. 177:603-610.2019 (IF=3.831)
  14. Kaira K, Kamiyoshihara M, Kawashima O,Endoh H, Imaizumi K, Sugano M, Tanaka S, Fujita A, Kogure Y, Shimizu A, Oyama T, Asao T, Shimizu K, Mogi A. Prognostic Impact of β2 Adrenergic Receptor Expression in Surgically Resected Pulmonary Pleomorphic Carcinoma.
    Anticancer Res. 39:395-403. 2019 (IF=1.994)
  15. Ueda-Hayakawa I, Hamaguchi Y, Okiyama N, Motegi S, Yamaoka T, Miyake S,
    Higashi A, Okamoto H, Takehara K, Fujimoto M.
    Autoantibody to transcriptional intermediary factor-1β as a myositis-specific antibody: clinical correlation with clinically amyopathic dermatomyositis or dermatomyositis with mild myopathy.
    Br J Dermatol. 2019; 180(4): 881-887. (IF =7.000)
  16. Yamaguchi K, Yamaguchi A, Itai M, Kashiwagi C, Takehara K, Aoki S, Sawada Y, Taguchi K, Umetsu K, Oshima K, Uchida M, Takemura M, Hara K, Motegi S, Muro Y, Nakasatomi M, Sakairi T, Hiromura K, Kurabayashi M, Maeno T.
    Clinical features of patients with anti-melanoma differentiation-associated gene-5 antibody-positive dermatomyositis complicated by spontaneous pneumomediastinum.
    Clin Rheumatol. 2019; 38: 3443-3450. (IF=2.394)
英文症例報告
  1. Hattori M, Shimizu A, Ishikawa O.
    Development of pemphigus nodularis after remission of bullous lesions.
    Clin Exp Dermatol. 44:e1-e2. 2019 (IF=1.977)
  2. Ishikawa M, Motegi S, Toki S, Endo Y, Yasuda M and Ishikawa O
    Calciphylaxis and nephrogenic fibrosing dermopathy with pseudoxanthoma elasticum-like changes: Successful treatment with sodium thiosulfate
    Journal of Dermatology 2019; 46: e240-e242. (IF=3.072)
  3. .Ishikawa M, Endo Y, Uehara A, Suto M, Yasuda M, Motegi S (Corresponding author), Ishikawa O.
    A cutaneous adult xanthogranuloma having a small portion of BRAFV600E mutated LCH populations: A case report and the review of literature
    Journal of Dermatology 2019; 46(2): 161-165. (IF=3.072)
  4. Kim J, Yasuda M, Suto M, Kishi C, Motegi S, Okamoto M, Ishikawa O.
    Unresectable local recurrence of dermatofibrosarcoma protuberans with fibrosarcomatous change treated with carbon-ion radiotherapy after neoadjuvant chemotherapy.
    Journal of Dermatology 2019 46(12):e457-e458. (IF=3.072)
  5. Kuriyama Y, Shimizu A, Toki S, Endo Y, Yasuda M, Motegi S, Ishikawa O.
    Two cases of chronic oral ulcers effectively treated with systemic corticosteroid therapy: Circumorificial plasmacytosis and Traumatic ulcerative granuloma with stromal eosinophilia.
    J Dermatol. 46:48-51. 2019 (IF=3.072)
  6. Motegi S, Ishikawa M, Sekiguchi A, Ishikawa O.
    Nanoparticle Albumin-Bound Paclitaxel and/or Gemcitabine-Induced Scleroderma Accompanied by Acanthosis Nigricans-Like Skin Changes
    Case Rep Dermatol 2019; 11: 273-277.
  7. Motegi S, Sekiguchi A, Fujiwara C, Yamazaki S, Ishikawa O
    Milia-like idiopathic calcinosis cutis and plaque-type syringoma in a girl with Down syndrome.
    Journal of Dermatology 2019; 46: e136-7. (IF=3.072)
  8. Morimoto N, Shimizu A, Hattori M, Kuriyama Y, Nakano H, Ohnishi K.
    Dystrophic epidermolysis bullosa pruriginosa with a flagellate scarring lesion.
    Clin Exp Dermatol. 44:e5-e6. 2019 (IF=1.977)
  9. Yasuda M, Morimoto N, Yonemoto Y, Sunaga N, Ishikawa O. Concurrent development of psoriatic arthritis, drug-induced interstitial pneumonia, and increased anti-nuclear antibodies in a patient with psoriasis vulgaris undergoing adalimumab treatment.
    Eur J Dermatol 29(1); 81-82, 2019 (IF=2.782)
和文総説 /和文原著
  1. 岡田克之. 医師が教える!ドレッシング材の選び方と使い方:アルギン酸塩製剤. 月刊ナーシング 39(8): 93-95, 2019
  2. 岡田克之. チームでその人を“みる” 在宅の褥瘡ケア. 月刊ケアマネジメント 30(7): 20-26, 2019
  3. 齋藤晋太郎、中村泰大、寺本由紀子、浅見友梨、松谷泰祐、安田正人、石川 治、山本明史、荒木隆一郎.
    皮膚科医による基底細胞癌の側方マージン設定の正確性に関する検討.
    日皮会誌 129(10): 2157-2164, 2019 (2019年度日本皮膚科学会誌 雑誌論文賞)
  4. 清水 晶. アトピー性皮膚炎? Kaposi水痘様発疹症 内科医のための皮膚疾患アトラス. 診断と治療 増刊号 107: 50-51, 2019
  5. 清水 晶. 痛みを伴う皮疹 帯状疱疹 内科医のための皮膚疾患アトラス. 診断と治療 増刊号 107: 248-249, 2019
  6. 清水 晶. 爪部有棘細胞癌/Bowen病におけるヒト乳頭腫ウイルスの検出 臨床皮膚科 増刊号 73: 45-47, 2019
  7. 清水 晶. HPVと皮膚腫瘍 今だから学ぶ性感染症. Derma. 285: 41-46, 2019
  8. 田村敦志,長谷川道子.爪疾患 病理組織のみかた.皮膚病診療 41(9):807-811,2019
  9. 田村敦志,長谷川道子.爪疾患の小手術.MB Derma 288:57-68,2019
  10. 長谷川道子.胸部異常陰影を合併した顔面の紅色結節.総合診療29(6):641-642,2019
  11. 長谷川道子.外用剤で治癒しない露光部の皮疹.総合診療29(6):655-656,2019
  12. 長谷川道子.出血を伴う黒色結節.総合診療29(6):657-658,2019
  13. 茂木精一郎. 治りづらい褥瘡の新たな治療法を目指して. 「難病と在宅ケア」2019; 25, pp. 25-27.
  14. 茂木精一郎. 難治性皮膚潰瘍の病態と治療:新たな治療法を目指して. 「日本臨床皮膚科医会雑誌」2019; 36, pp. 496-499.
  15. 茂木精一郎. シリコン粘着剤付創傷被覆材. 「月刊ナーシング」2019; pp. 102-104.
  16. 茂木精一郎. レイノー現象と皮膚潰瘍の治療. SSK 膠原、2019; No. 193, pp. 18-19.
  17. 茂木精一郎. LEOPARD症候群(多発性黒子を伴うNoonan症候群). 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo.4 内分泌症候群(第3版), 2019; pp. 484-487.
    安田正人. 膿瘍、炎症性粉瘤に対する切開術 Monthly Book Derma 288: 20-24, 2019
  18. 安田正人. アプレミラストの臨床を学ぶ!大学病院で活用する Visual Dermatology 18: 1011-1013, 2019
  19. 山中正義. 下腿の痛みを伴うしこり 総合診療29(6):647-648,2019
  20. 山中正義. 顔にできた茶色いシミ 総合診療29(6):651-652,2019
  21. 山中正義. 頬が腫れた 総合診療29(6):665-666,2019
  22. 関口千夏、今井正之、近藤直子、石原梨映、青木真美、高久裕紀、信澤愛子、田中 舞、岡田克之、横尾 聡. 口腔衛生管理を行った尋常性天疱瘡の3例 ?口腔衛生管理の目的と歯科衛生士の役割? 日本口腔ケア学会雑誌 14(1): 35-38, 2019
  23. 関口千夏、今井正之、近藤直子、石原梨映、青木真美、高久裕紀、信澤愛子、田中 舞、岡田克之、横尾 聡. 口腔衛生管理を行った尋常性天疱瘡の3例 ?口腔衛生管理の目的と歯科衛生士の役割? 日本口腔ケア学会雑誌 14(1): 35-38, 2019
  24. 渡辺 大輔, 五十嵐 敦之, 江川 清文, 門野 岳史, 川瀬 正昭, 小林 里実, 清水 晶, 須賀 康, 鶴田 大輔, 中西 元, 三石 剛. 尋常性疣贅診療ガイドライン2019(第1版)日本皮膚科学会雑誌 2019 年 129 巻 6 号 p. 1265-1292
和文症例報告
  1. 青山 久美、山中 正義.躯幹に生じた硬化性萎縮性苔癬の小児例.皮膚病診療 41(11); 1021-1024, 2019
  2. 遠藤雪恵. Clinical Exercise 145 Q考えられる疾患は何か?. 臨床皮膚科73(10): 751-752, 2019
  3. 岡 愛菜、岡田克之. アリルイソプロピルアセチル尿素による固定薬疹の1例. 皮膚科の臨床 61(1): 10-11, 2019
  4. 金 滋仁 山田和哉 石川真衣 須藤麻梨子 安田正人 石川 治.大腿基部に生じた懸垂性巨大線維脂肪腫の1例.臨皮 73(3): 245-248, 2019
  5. 齋藤 晋太郎, 田村 政昭, 江崎 諒, 加藤 達也.
    異所性石灰化を契機に診断したWerner症候群
    皮膚病診療41(11), 1041-1044, 2019
  6. 長谷川道子,田村敦志.Eruptive vellus hair cyst とのhybrid cyst がみられた右腋窩のlocalized steatocystoma multiplex.Skin Surgery 28 (2): 100-1032019
  7. 長谷川道子,田村敦志.経口金製剤による全身性接触皮膚炎.日皮会誌 129(4):543-547,2019
  8. 長谷川道子,田村敦志.臨床的に悪性腫瘍との鑑別を要した大型のclear cell acanthomaの1例.臨皮 73(13):1081-1087,2019
  9. 日高太陽,長谷川道子,田村敦志.増殖性外毛根鞘性腫瘍を生じた頭部の巨大外毛根鞘嚢腫の1例.臨皮 73(10):773-777,2019
  10. 久永 悦子, 高山 佳泰, 深井 泰守, 栗林 志行, 下山 康之, 茂木 精一郎, 平戸 純子. 消化管ミオパシーにより腹部コンパートメント症候群を来たした全身性強皮症の1剖検例. 診断病理 36巻3号 Page215-221(2019.07)
報告書・proceeding+
  1. 安田正人, 高橋亜由美, 須藤麻梨子, 岸 史子, 石川 治, 辻本賢樹. 切除後の鼻翼全層欠損に対し、axial frontnasal flapを中心に再建した3例. 日本皮膚外科学会誌 23: 48-49, 2019
  2. 日高太陽,長谷川道子,田村敦志.Giant trichilemmal cystから発生したと考えられたproliferating trichilemmal cyst.日本皮膚外科学会誌 23(2):124-125,2019
短報・雑報+
  1. 岡田克之. 「健康カルテ」双方向のコミュニケーション ①いかに学びあうか? タウンわたらせ第820号(桐生タイムス社)2019.8.3
  2. 岡田克之. 「健康カルテ」双方向のコミュニケーション ②ホスピタリティ タウンわたらせ第831号 2019.11.2
  3. 安田正人. <症例アラカルト⑦> 人中部に急速に増大した腫瘤. Skin Surgery 28: 113-114, 2019
  4. 安田正人. <症例アラカルト⑧> 陰部の結節病変. Skin Surgery 28: 199-200, 2019
学会+
シンポジウム、ワークショップ、教育講演など
国際学会
  1. Sei-ichiro Motegi. JSID Young Academician-Fostering Seminar; Kisaragi Juku
    2019 Future Leaders Symposium. 49th ESDR Annual meeting 2019.9. 17, Bordeaux
  2. Sei-ichiro Motegi, Important points to check when writing scientific research articles in English. The 44th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. 2019.11. 8-10 Aomori
国内学会
  1. 岡田克之. 褥瘡連携のかたち?在宅と急性期病院皮膚科? 日本褥瘡学会関東甲信越地方会千葉支部 第15回褥瘡セミナー 2019.2.2 千葉
  2. 岡田克之.口から食べて足を良くする. 第11回日本下肢救済・足病学会学術集会 2019.6.28-29 神戸
  3. 岡田克之. 褥瘡栄養対策最前線:皮膚科医が苦手な栄養アセスメントから経口・経腸栄養まで. 第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2019.11.16-17 東京
  4. 岡田克之、日本フットケア学会研修委員会実技指導ワーキンググループ. 皮膚・爪のアセスメント(問診・視診・触診) 第11回フットケア指導士実技講習会 2019.9.8 沼津
  5. 清水 晶. ヒトパピローマウイルス(HPV)の特徴と生活環、病型と疫学について理解する 教育講演 第118回日本皮膚科学会総会 2019 6. 9. 名古屋
  6. 清水 晶. 消化器疾患と皮膚(肝臓、腸管、膵臓) 教育講演 第118回日本皮膚科学会総会 2019 6. 6. 名古屋
  7. 清水 晶. ウイルス感染症、ヒト乳頭腫ウイルス感染症 第4回皮膚科感染症サマースクール 2019.6.30(滋賀)
  8. 清水 晶. 東部支部企画「研修医、学生からみた皮膚科」第83回東京・東部支部学術大会 2019. 11. 16. 東京
  9. 田村敦志.爪の病理.第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6-9 名古屋
  10. 田村敦志.動画による皮弁術の実際.ハンズオンセミナー2 皮膚外科:実践編,第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2019.11.16-17 新宿
  11. 茂木精一郎. 良い研究をするために必要だと思うこと. 第10回日本研究皮膚科学会きさらぎ塾 2019.2.14-17 沖縄
  12. 茂木精一郎. 難治性末梢循環障害に対するボツリヌス毒素局所注入療法 ライフサイエンス新技術説明会 2019.6.27 東京
  13. 茂木精一郎. 全身性強皮症の病態における傷害関連分子パターンの役割の解明. 第118回日本皮膚科学会総会2019.6.6-9 名古屋
  14. 茂木精一郎. 全身性強皮症に伴うレイノー現象・手指潰瘍に対するボツリヌス毒素局所注入療法. 第6回日本ボツリヌス治療学会学術大会 2019.9.27 東京
  15. 茂木精一郎. 臨床の「?」を「!」にしよう!:Physician-scientistを目指すために. Clinical Dermatology Leadership Seminar 2019 2019.10.26 東京
  16. 犬飼道雄、中西陽一、吉田貞夫、岡田克之、児玉佳之、佐々木淳、社本 博、田崎亮子、豊田義貞、中村悦子、中山真美、野田さおり、二村昭彦、森光 大、秋山和宏、東口髙志. WAVESと地域包括ケアシステム. 第34回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 2019.2.14-15 東京
  17. 金子 栄、茂木清一郎、岡田克之、加納宏行、倉繁祐太、澄川靖之、高橋秀典、玉城善史郎、辻田 淳、西澤 綾、藤田英樹、レパブー アンドレ、渡辺正一、長谷川稔. ガイドラインから学ぶ創傷・褥瘡・熱傷の治療の基本とupdate:創傷、褥瘡、熱傷の治療に役立つ創傷一般の基礎知識. 第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6-9 名古屋
国際学会一般演題
  1. Amalia SN, Baral H, Inoue Y, Yamazaki S, Fujiwara C, Sekiguchi A, Uchiyama A, Yokoyama Y, Ishikawa O, and Motegi S.
    Botulinum toxin B injection inhibits imiquimod-induced psoriasis-like dermatitis via the regulation of neuroimmune system.
    The 44th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. 2019.11. 8-10 Aomori
  2. Baral H, Sekiguchi A, Inoue Y, Amalia S, Yamazaki S, Fujiwara C, Uchiyama A, Ogino S, Yokoyama Y, Torii R, Hosoi M, Ishikawa O, and Motegi S.
    Inhibitory effect of botulinum toxin B on bleomycin-induced skin fibrosis in mice: Possible regulation of oxidative stress
    The 44th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. 2019.11. 8-10 Aomori (Concurrent oral session)
  3. Fujiwara C, Ohira A, Yamaguchi S, Sekiguchi A, Yasuda M, Nakamura H, Makiguchi T, Yokoo S, Hoshina D, Abe R, Takahashi K, Ishikawa O, Motegi S.
    The significance of tumor cell-derived MFG-E8 in tumor growth of angiosarcoma
    The 44th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. 2019.11. 8-10 Aomori
  4. Inoue Y, Uchiyama A, Sekiguchi A, Yamazaki S, Fujiwara C, Ishikawa O, and Motegi S.
    Administration of dimethyl fumarate prevents the development of pressure ulcer formation after cutaneous I/R injury.
    49th ESDR Annual meeting 2019.9. 17, Bordeaux (Poster presentation)
  5. Inoue Y, Uchiyama A, Sekiguchi A, Yamazaki S, Fujiwara S, Ishikawa O, and Motegi S.
    Therapeutic possibility of administration of dimethyl fumarate for preventing the development of pressure ulcers by cutaneous I/R injury.
    The 44th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. 2019.11. 8-10 Aomori
  6. Kuriyama Y, Shimizu A, Mizuno S, Ishikawa O
    Long interspersed nuclear elements-1 expression in skin tumors.
    49th ESDR Annual meeting 2019.9.17, Bordeaux (Poster presentation)
  7. Kuriyama Y, Shimizu A, Mizuno S, Ishikawa O.
    Differential expression of long interspersed nuclear elements-1 correlates with global DNA methylation level in skin tumors.
    44th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2019.11.9 Aomori, Japan
  8. Motegi S, Ishikawa O.
    Efficacy and safety of botulinum toxin B injection for Raynaud’s phenomenon and digital ulcers in patients with systemic sclerosis: single-blind, randomized trial.
    The 63rd Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology 2019.4.17 Kyoto (Oral presentation)
  9. Sekiguchi A, Fujiwara C, Yamazaki S, Inoue Y, Uchiyama A, Akai R, Iwawaki T, Ishikawa O, Motegi S.
    Inhibitory effect of kaempferol on skin fibrosis in systemic sclerosis by the suppression of oxidative stress
    49th ESDR Annual meeting 2019.9. 17, Bordeaux (Poster presentation)
  10. Sekiguchi A, Motegi S, Ishikawa O, Shimokawa C, Hisaeda H.
    Prevention of drug-induced systemic sclerosis in mice infected with intestinal helminths
    49th ESDR Annual meeting 2019.9.17, Bordeaux (Poster presentation)
  11. Sekiguchi A, Nakamura H, Ogawa, Kawamura T, Makiguchi T, Yokoo S, Ishikawa O, Motegi S.
    Mechanistic insight into the development of pressure ulcers in zinc deficiency mice.
    The 44th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. 2019.11. 8-10 Aomori (Concurrent oral session)
  12. Shimizu A, Kuriyama Y, Mizuno S, Ishikawa O.
    Detection of high-risk HPV in nail squamous cell carcinoma and comprehensive analyses of 136 cases of the literatures; its implication for high-risk HPV reservoir and sexual transmitted infection.
    49th ESDR Annual meeting 2019.9.17, Bordeaux (Poster presentation)
  13. Uchiyama A, Nayak S, Graf R, Cross M, Hasneen K, Bartolome RI, Silvio JG, Brooks SR, Motegi S, Ishikawa O and Morasso MI.
    Transcriptome analysis identified transcription factor SOX2 primes human oral mucosa for rapid wound healing.
    The 44th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. 2019.11. 8-10 Aomori, Japan (Plenary)
  14. Yamazaki S, Sekiguchi A, Uchiyama A, Inoue Y, Fujiwara C, Ishikawa O, and Motegi S.
    Preventive regulation for the development of pressure ulcers by apelin/APJ signaling.
    The 44th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. 2019.11. 8-10 Aomori (Concurrent oral session)
国内学会一般演題
  1. 青山 久美、山中 正義.
    臀部に生じたMycobacterium fortuitumによる皮膚非結核性抗酸菌症の1例.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.7.28 前橋
  2. 青山 久美,山中 正義.
    強い瘙痒を伴った表在性播種型汗孔角化症の1例.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.11.24 前橋
  3. Amalia SN, Motegi S, Fujiwara C, Sekiguchi A, Uchiyama A, Ishikawa O.
    Botulinum toxin B injection inhibits imiquimod-induced psoriasis-like dermatitis via the regulation of neuroimmune system.
    第66回北関東医学会総会 2019.9.26-27. 前橋(優秀演題賞)
  4. 石川真衣, 土岐清香, 岡愛菜, 上原顕仁, 安田正人, 遠藤雪恵, 茂木精一郎, 石川 治.
    Calciphylaxisによる下腿潰瘍に対しチオ硫酸ナトリウムで加療した1例.
    第1回両毛野GDJカンファレンス 2019.4.12 宇都宮
  5. 石川真衣、安田正人、横山洋子、遠藤雪恵、石川治.
    USP6遺伝子再構成を検出し得た小児の前額部結節性筋膜炎の1例.
    第43回日本小児皮膚科学会学術大会 2019.7.20 大宮
  6. 石川真衣、大西一德.
    BCG接種後に生じた腺病性苔癬の1例.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.7.28 前橋
  7. 石川真衣、大西一德.
    消費性凝固障害により生じた右前腕血腫の1例.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.11.24 前橋
  8. 井上裕太、茂木精一郎、関口明子、藤原千紗子、中山紘史、関根芳岳、鈴木和浩、石川 治.
    全身性強皮症患者における過活動膀胱の合併について.
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究」研究班2019年度班会議・第23回強皮症研究会議 2019.1.26 東京
  9. 上原顕仁,遠藤雪恵,金滋仁, 中島瑞穂, 石川真衣, 岡 愛菜, 土岐清香, 茂木精一郎, 石川 治.
    群馬大学皮膚科において精査した即時型食物アレルギー10例のまとめ
    第101回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.3.24 前橋
  10. 上原顕仁、遠藤雪恵、土岐清香、須藤麻梨子、岸史子、安田正人、茂木精一郎、石川 治.
    当科における入院加療を要したアトピー性皮膚炎患者のまとめ.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.11.24. 前橋
  11. 上原顕仁,土岐清香,遠藤雪恵,小坂啓寿, 岡 愛菜, 茂木精一郎, 石川 治 .
    再発性皮膚好酸球性血管炎が疑われた1例.
    第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会 2019.11.29-12.1 横浜
  12. 内山明彦.
    口腔粘膜と皮膚における創傷治癒制御機構の違いについて
    ~トランスクリプト―ム解析による検討~.
    第26回新群筑皮膚合同研究会 2019.10.11 前橋
  13. 遠藤雪恵、金 滋仁、安田正人、茂木精一郎、石川 治.
    ロングパルスダイレーザー(V-Beam®︎)で治療したくも状血管腫31例のまとめ.
    第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6-9 名古屋
  14. 遠藤雪恵.
    当科におけるステロイド外用剤の使用状況.
    第26回信群筑皮膚合同研究会  2019.10.11 前橋
  15. 遠藤雪恵、岸 史子、石川 治.
    前額部に生じたLupus erythematosus profundusの1例 -Lupus tumidus との鑑別を含めて-
    第49回皮膚免疫アレルギー学会 2019 11.29-12.1 横浜
  16. 岡 愛菜、安田正人、中島瑞穂、須藤麻梨子、岸 史子、茂木精一郎、石川 治、根岸 泉.
    アトピー性皮膚炎としてステロイド長期内服中に発症したカポジ肉腫の1例
    第101回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.3.24 前橋
  17. 岡 愛菜、遠藤雪恵、茂木精一郎、石川 治.
    Infantile acropustulosisの1例.
    第43回日本小児皮膚科学会学術大会 2019.7.21 大宮
  18. 岡 愛菜、関口明子、土岐清香、遠藤雪恵、茂木精一郎、石川 治.
    サイトメガロウイルス感染症を合併した皮膚筋炎患者の臨床的特徴
    第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2019.11.16 東京
  19. 岡田克之.
    病名に「足」が付く患者さん ~足病変がどう関連しあっているか?~.
    第9回群馬県皮膚創傷治癒研究会 2019.5.30 前橋
  20. 岡田克之.
    皮膚科医としてスキンケアをいかに啓発するか?.
    第75回群馬実地皮膚科医会 2019.6.30 前橋
  21. 金 滋仁、安田正人、中島瑞穂、須藤麻梨子、岸史子、茂木精一郎、石川 治.
    切除困難な巨大鼠径リンパ節転移に対しぺムブロリズマブ投与を行った悪性黒色腫の1例.
    第101回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.3.24 前橋
  22. 金 滋仁、安田正人、須藤麻梨子、岸 史子、茂木精一郎、石川 治、岡本雅彦.
    胸腔 内浸潤し、アドリアマイシン・イフォスファミド併用化学療法と重粒子線照射で部分奏功した隆起性皮膚繊維肉腫の1例.
    第35回日本皮膚悪性腫瘍学会 2019.5.24
  23. 金滋仁、田村政昭.
    Retronychiaの1例.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.7.28 前橋
  24. 金滋仁、田村政昭.
    神経梅毒の1例.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.11.24 前橋
  25. Kuriyama Y, Shimizu A, Ishikawa O.
    Differential expression of LINE-1protein in skin tumors.
    第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6-9 名古屋(Oral Presentation in English)
  26. 栗山裕子、清水 晶、金滋仁、須藤麻梨子、岸史子、安田正人、茂木精一郎、石川 治.
    指DIP関節部に生じたHPV16型陽性有棘細胞癌の1例.
    第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2019.11.16 東京
  27. 栗山裕子、清水晶、西尾麻由、斎藤晋太郎、須藤麻梨子、岸史子、安田正人、茂木精一郎、石川治.
    メルケル細胞ポリオーマウィルス(MCPyV)陽性のメルケル細胞癌の1例.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019. 11. 24  前橋
  28. 小坂啓寿, 土岐清香, 岡愛菜, 上原顕仁, 遠藤雪恵, 茂木精一郎, 石川 治.
    顔面の発赤で受診したミュンヒハウゼン症候群の1例.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会2019.7.28 前橋
  29. 小坂啓寿、土岐清香、岡 愛菜、上原顕仁、遠藤雪恵、茂木精一郎、石川 治、石井文人、古賀浩嗣.
    抗デスモコリン1.2.3抗体および抗デスモグレイン1抗体陽性 増殖性天疱瘡の1例.
    第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2019.11.16 東京
  30. 小坂啓寿、土岐清香、岡愛菜、上原顕仁、遠藤雪恵、茂木精一郎、石川 治、石井文人、古賀浩嗣.
    抗デスモコリン1.2.3抗体および抗デスモグレイン1抗体陽性増殖性天疱瘡の1例.
    第41回水疱症研究会  2020.1.10-11 松山
  31. 齋藤晋太郎、中村泰大、浅見友梨、寺本由紀子、岸 明子、鹿田祐子、大原國章、石川 治、山本明史.
    ニボルマブ投与開始後3年2か月で劇症I型糖尿病を発症した悪性黒色腫の1例.
    第35回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2019.5.24-25 神戸
  32. 齋藤晋太郎、中村泰大、浅見友梨、矢野光剛、松谷泰祐、寺本由紀子、山本明史、石川 治、安田政実.
    卵巣原発メラノーマと考えた免疫チェックポイント阻害薬の効果について.
    第35回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2019.5.24-25 神戸
  33. Saito S, Teramoto Y, Nakamura Y, Asami Y, Yamamoto A.
    Cutaneous adverse reactions associated with BRAF and MEK inhibitors in BRAF mutant melanoma.
    第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6 名古屋 (Oral Presentation in English)
  34. 齋藤晋太郎、須藤麻梨子、金 滋仁、石川真衣、岸 史子、安田正人、石川 治.
    脂漏性角化症から生じたClear cell acanthomaの1例.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.07.28 前橋
  35. 齋藤晋太郎、須藤麻梨子、西尾麻由、岸 史子、安田正人、茂木精一郎、石川 治.
    ニボルマブによる心筋炎,筋炎合併重症筋無力症を生じた悪性黒色腫の1例.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.11.24 前橋
  36. 齋藤晋太郎、安田正人、西尾麻由、須藤麻梨子、岸 史子、茂木精一郎、石川 治.
    前胸部 Solitary Fibrous Tumor の1例 -CD34 positive mesenchymal stem cell neoplasms-
    第9回群信合同皮膚カンファレンス, 2019.12.7, 長野
  37. 清水 晶、栗山裕子、水野早紀、長谷川道子、田村敦志、石川 治.
    発癌ハイリスクHPVリザーバーおよび性感染症としての爪部有棘細胞癌.
    第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6 名古屋 (Oral presentation)
  38. 須藤麻梨子 安田正人 井上裕太 宮川真梨江 遠藤雪恵 石川 治.
    後頭部に生じた皮下型平滑筋肉腫の1例.
    第101回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.3.24 前橋
  39. 関口明子、茂木精一郎、藤原千紗子、下川周子、久枝 一、石川 治.
    制御性T細胞・Th17細胞バランスの制御による強皮症の線維化治療.
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究」研究班2019年度班会議・第23回強皮症研究会議 2019.1.26 東京
  40. 関口明子、茂木精一郎、岡村 賢、鈴木民夫、石川 治.
    Hermansky-Pudlak症候群1型の1例.
    第101回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.3.24 前橋
  41. Sekiguchi A, Motegi S, Fujiwara C, Toki S, Kishi C, Endo Y, Yasuda M and Ishikawa O.
    Features of anti-MDA5 antibody+ dermatomyositis with rapidly progressive interstitial lung disease.
    第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6-9 名古屋(優秀一般演題賞)
  42. 関口明子、茂木精一郎、岡村 賢、鈴木民夫、石川 治.
    Hermansky-Pudlak症候群1型の1例.
    第43回日本小児皮膚科学会学術大会 2019.7.20 大宮
  43. 関口明子、茂木精一郎、石川 治.
    皮膚筋炎様皮疹を呈した亜鉛欠乏症の1例.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会2019.7.28 前橋
  44. 関口明子、茂木精一郎、中山紘史、関根芳岳、鈴木和浩、石川 治.
    全身性強皮症患者における過活動膀胱の合併について.
    第66回北関東医学会総会 2019.9.26-27. 前橋
  45. 関口明子、茂木精一郎、土岐清香、遠藤雪恵、石川 治.
    サイトメガロウイルス感染症を合併した皮膚筋炎患者の臨床的特徴.
    第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会 2019.11.29-12.1 横浜
  46. 関口明子、茂木精一郎、井上裕太、山崎咲保里、藤原千紗子、内山明彦、土岐清香、遠藤雪恵、安田正人、石川 治.
    皮膚筋炎の病態における血管障害・組織低酸素の関与について.
    第9回群信合同皮膚カンファレンス 2019.12.7 長野
  47. 関口明子、茂木精一郎、石川 治.
    耳朶皺壁を有する全身性強皮症患者の臨床的特徴について.
    第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2019.11.16 東京
  48. 関口明子、内山明彦、茂木精一郎、佐藤名帆美、松井佐知子、飯塚 誠、樋口 剛、石川 治.
    群大病院における褥瘡対策チームの取り組み―亜鉛欠乏に注目して―.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.11.24 前橋
  49. 田村政昭.
    Lichen planus pigmetosus-inversusの1例.
    第101回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.3.24 前橋
  50. 中島瑞穂、遠藤雪恵、岡愛菜、関口明子 上原顕仁、土岐清香、茂木精一郎、石川 治.
    皮膚筋炎に胃GISTを合併した1例.
    第101回日本皮膚科学会群馬地方会  2019.3.24 前橋
  51. 中島瑞穂,土岐清香,金 滋仁,上原顕仁,遠藤雪恵,茂木精一郎,石川 治.
    当科における巨細胞性動脈炎の臨床的検討.
    第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6-9 名古屋
  52. 中島瑞穂、岡田克之、根岸 泉.
    壊疽性膿皮症の1例.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.7.28 前橋
  53. 中島瑞穂、岡田克之、山崎圭子.
    副乳の1例.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.11.24 前橋
  54. 西尾真由、岸 史子、金 滋仁、石川真衣、須藤麻梨子、安田正人、茂木精一郎、石川 治.
    爪甲下Warty dyskeratomaの1例.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.07.28 前橋
  55. 西尾麻由、安田正人、齋藤晋太郎、須藤麻梨子、岸 史子、茂木精一郎、石川 治.
    両腋窩・両鼡径4か所にセンチネルリンパ節を同定した腰部悪性黒色腫の1例.
    第34回日本皮膚外科学会学術大会 2019.9.28-29 宇都宮
  56. 西尾麻由、岸 史子、齋藤晋太郎、栗山裕子、須藤麻梨子、安田正人、清水 晶、茂木精一郎 石川 治.
    粘膜型HPVを検出した下腿Bowen病の1例.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.11.24 前橋
  57. 長谷川道子,日高太陽,田村敦志.
    陥凹性病変を呈し保存的治療に抵抗した須毛部の尋常性疣贅.
    第37回日本臨床皮膚外科学会総会・学術大会 2019.2.16-17 名古屋
  58. 長谷川道子,日高太陽,栗山裕子,清水 晶,田村敦志.
    爪白癬様の臨床像を呈した爪部Bowen病.
    第35回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2019.5.24-25 神戸
  59. 長谷川道子,齋藤龍一,田村敦志.
    顔面の片側に生じたlichen planus pigmentosus.
    第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2019.11.16-17 新宿
  60. Baral H, Motegi S, Sekiguchi A, Uchiyama A, Ishikawa O.
    Inhibitory effect of botulinum toxin B on bleomycin-induced skin fibrosis in mice: Possible regulation of oxidative stress.
    第66回北関東医学会総会 2019.9.26-27. 前橋
  61. 藤原千紗子、茂木精一郎、関口明子、米本由木夫、三枝 徳栄、筑田博隆、石川 治.
    全身性強皮症患者における傍脊椎石灰化病変の合併について.
    厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究」研究班2019年度班会議・第23回強皮症研究会議 2019.1.26 東京
  62. 藤原千紗子, 茂木精一郎, 大平 葵, 山口さやか,関口明子, 山崎咲保里, 安田正人, 保科大地, 阿部理一郎, 高橋健造, 石川 治.
    血管肉腫の腫瘍増殖における分泌蛋白質MFG-E8の役割.
    第1回両毛野GDJカンファレンス 2019.4.12 宇都宮
  63. 藤原千紗子, 茂木 精一郎, 安田正人、石川 治.
    血管肉腫の腫瘍増殖における分泌蛋白質MFG-E8の役割.
    第66回北関東医学会総会 2019.9.26-27 前橋
  64. 藤原千紗子、茂木精一郎、石川 治.
    イカチバントによる遺伝性血管性浮腫の治療.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.11.24 前橋
  65. 宮川真梨江、曽我部陽子、森本奈緒子、石川 治.
    抗Scl-70抗体陽性を示したgeneralized morpheaの 1例.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.11.24 前橋
  66. 宮川真梨江、曽我部陽子、森本奈緒子、石川 治.
    全身性アミロイドーシスの 1例.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.7.28 前橋
  67. 茂木精一郎.
    硬化性萎縮性苔癬のアンケート調査結果について.
    強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドラインに関する研究 2019.1.25 東京
  68. 茂木精一郎、石川 治.
    細胞外ATPによるP2Y2受容体を介した全身性強皮症の皮膚硬化の制御.
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 2019.4.17 京都(JCR2019 ICW Excellent Abstract Award )
  69. Motegi S, Sekiguchi A, Sekine Y, Nakayama H, Suzuki K, and Ishikawa O.
    The demographic and clinical characteristics of overactive bladder in systemic sclerosis.
    第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6-9 名古屋
  70. 茂木精一郎、安田正人、遠藤雪恵、岸 史子、土岐清香、須藤麻梨子、上原顕仁、岡 愛菜、石川真衣、齋藤晋太郎、金 滋仁、中島瑞穂、小坂啓寿、西尾麻由、石川 治.
    群馬大学皮膚科で入院加療した症例のまとめ.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.7.28 前橋
  71. 茂木精一郎、関口明子、石川 治、小川陽一、川村龍吉、中村英玄、牧口貴哉、横尾 聡.
    なぜ亜鉛欠乏状態では褥瘡が発生しやすいのか?ー亜鉛欠乏による褥瘡発生機序の解明ー.
    第49回日本創傷治癒学会 2019.12.12 大宮
  72. 森本奈緒子、宮川真梨江、安田正人、石川 治、曽我部陽子.
    アプレミラスト併用によりステロイドを漸減しえた膿疱性乾癬の1例.
    第34回日本乾癬学会学術大会 2019.8.30-31 京都
  73. 森本奈緒子、宮川真梨江、石川 治、曽我部陽子.
    石井病院における乾癬患者に対するアプレミラスト投与効果の検討.
    第101回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.3.24 前橋
  74. 安田正人、森本奈緒子、井上裕太、金澤伸雄、吉浦孝一郎、石川 治.
    多発色素斑と肉芽腫を伴う毛孔性紅色非更新様皮疹を呈した母娘例.
    第34回角化症研究会 2019.8.17  東京
  75. 安田正人、森本奈緒子、井上裕太、石川 治.
    乾癬における初回バイオスイッチ後の各生物学的製剤群(2nd-line biologics)の有効性解析.
    第34回日本乾癬学会学術大会 2019.8.30-31 京都
  76. 山崎 咲保里、茂木 精一郎、石川 真衣、栗山 裕子、藤原 千紗子、関口 明子、石渕 裕久、岸 史子、安田 正人、石川 治
    栄養障害により全身性に生じた壊死性遊走性紅斑の1例
    第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6 名古屋
  77. 山崎咲保里、茂木精一郎、関口明子、石川 治.
    結節性硬化症の皮膚病変に対するシロリムス外用剤の治療効果のまとめ.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.7.28 前橋
  78. 山崎咲保里、茂木 精一郎、関口 明子、内山明彦、石川 治.
    G蛋白質共役型受容体APJに対するバイアス型アゴニストは酸化ストレス障害を抑制して褥瘡の発生を予防する.
    第66回北関東医学会総会 2019.9.26-27. 前橋
  79. 山崎咲保里、内山明彦、関口明子、藤原千紗子、井上裕太、石川 治、茂木精一郎.
    急性期褥瘡におけるアペリン/APJシグナルの役割と治療への応用.
    第26回新群筑皮膚合同研究会 2019.10.11 前橋
  80. 龍崎圭一郎、石川 治.
    妊娠性痒疹の1例.
    第101回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.3.24 前橋
  81. 石川有理、井田知宏、鈴木雄真、岡田克之、柴田耕治.
    「けんこうまつり」における地域住民の栄養状態調査.
    第34回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 2019.2.14-15 東京
  82. 伊藤さやか、岡田克之、細谷弥生、根岸弥生、平野浩司、石川有理、柴田耕治.
    脳幹梗塞の患者に対する経腸栄養法の工夫 ?経口摂取への早期移行が成功した1例? .
    第34回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 2019.2.14-15 東京
  83. 牛田真奈加、大下彰史、丸山彩乃、金久史尚、小森敏史、浅井純、加藤則人(、小西英一 、清水晶、中野創.
    疣贅状表皮発育異常症の1例.
    第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2019.11 16 東京
  84. 宇都宮 慧 長谷川 稔 浅野善英 石川 治 遠藤平仁 川口鎮司 桑名正隆 後藤大輔 佐藤伸一 高橋祐樹 竹原和彦 田中住明 藤本 學 尹 浩信.
    本邦における全身性強皮症早期重症例の臨床症状の多施設前向き研究.
    第63回日本リウマチ学会学術大会 2019.4.15-17 京都
  85. 金井美紀、大谷内千恵、岡田克之.
    認定看護師による地域に向けた「出前講座」?皮膚・排泄ケア認定看護師の活動をはじめとして? .
    第21回日本褥瘡学会学術集会 2019.8.23-24 京都
  86. 菊池雄太郎、漆田優樹、清水千聖、渋沢弥生、瓦林 毅、甘利雅邦、東海林幹夫、岡本幸市.
    対麻痺・膀胱直腸障害とMRI上脊髄に長大病変を認めた血管内大細胞性B細胞リンパ腫の1例.
    日本内科学会第656回関東地方会 2019.12.14 東京
  87. 小林 彩,金城 勇人,清水 晶.
    爪甲色素線条を呈しヒトパピローマウイルス(HPV)58が陽性だった爪部Bowen癌の 1例.
    第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6 名古屋
  88. 近藤直子、今井正之、関口千夏、石原梨映、青木真美、信澤愛子、田中 舞、岡田克之、横尾 聡.
    口腔衛生管理を行ったスティーブンス・ジョンソン症候群の1例.
    第16回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2019.4.27-28 名古屋
  89. 齋藤龍一、長谷川道子、田村敦志.
    多発性ケロイドを呈したeruptive vellus hair cyst.
    第118回日本皮膚科学会総会 2019.6.6-9 名古屋
  90. 斉藤龍一、長谷川道子、日高太陽、田村敦志.
    巨大皮下膿瘍と菌血症を呈した放線菌症.
    第102回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.7.28 前橋
  91. 斉藤龍一、長谷川道子、田村敦志.
    Symplastic glomus tumorの1例.
    日本皮膚科学会第390回福岡地方会 2019.9.15 北九州
  92. 齋藤龍一、長谷川道子、日高太陽、田村敦志.
    陰茎絞扼症状を呈し発癌が疑われた硬化性苔癬.
    第34回日本皮膚外科学会総会・学術集会 2019.9.28-29 宇都宮
  93. 齋藤 龍一、長谷川道子、田村 敦志.
    炎症により皮膚の色素沈着を残したpigmented pilomatricoma.
    第103回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.11.24 前橋
  94. 中村英玄、茂木精一郎、関口明子、牧口貴哉、横尾 聡、小川陽一、川村龍吉、石川 治.
    なぜ亜鉛欠乏状態では褥瘡が発生しやすいのか?-亜鉛欠乏による褥瘡発生機序の解明―.
    第66回北関東医学会総会 2019.9.26-27. 前橋(優秀演題賞)
  95. 中村英玄、茂木精一郎、関口明子、石川 治、小川陽一、川村龍吉、牧口貴哉、横尾 聡.
    なぜ亜鉛欠乏状態では褥瘡が発生しやすいのか?-亜鉛欠乏による褥瘡発生機序の解明―.
    第28回日本形成外科学会基礎学術集会 2019.11.14-15 仙台
  96. 並木純子、飯田智広、佐々木杏奈、鈴木雄真、岡田克之.
    食道癌患者に対する栄養介入の効果.
    第29回群馬NST研究会 2019.5.18 前橋
  97. 並木純子、飯田智広、佐々木杏奈、伊藤裕樹、吉津真里、鈴木雄真、岡田克之、松崎晋一、竝川昌司、岡野祐大、石川有理、柴田耕治.
    当院における食道癌患者のNSTによる栄養介入の効果の検討.
    第34回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 2019.2.14-15 東京
  98. 日高太陽,長谷川道子,田村敦志.
    足底に単発した大型伝染性軟属腫.
    第101回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.3.24 前橋
  99. 山田あゆり、大森優子、河合利恵子、永井羊子、田嶋公平、松崎晋一、岡田克之、桑島 信.
    外科手術部位感染対策導入とその効果.
    第34回 日本環境感染学会総会・学術集会 2019.2.22-23  神戸
地域の講演+
  1. 石川 治.
    蕁麻疹の診断と治療 ~食物アナフィラキシーを含めて~ .
    安中医師会学術講演会 2019.9.13 安中
  2. 石川 治.
    乾癬の病態・問題・治療.
    群馬県病院薬剤師会講演会 2019.7.19 高崎
  3. 石川 治.
    疾患に学ぶ 2019 <一例一学>.
    第23回北陸皮膚科セミナー 2019.6.30 福井
  4. 石川 治.
    蕁麻疹の診断と治療 ~食物アナフィラキシーを含めて~ .
    第6回高崎医師会学術講演会 2019.6.18 高崎
  5. 石川 治.
    臨床医に求められる性感染症 ABC ~性器ヘルペス・梅毒・疥癬~.
    第25回本庄・児玉皮膚科勉強会 2019.06.17 本庄
  6. 石川 治.
    当科でのHCQの使用経験と発疹出現後の対応 .
    Lupus Erythematosus Expert Meeting via Zoom (Web講演) 2019.2.15 前橋
  7. 内山 明彦.
    創傷治癒における温故知新~なぜ口腔内のキズはすぐに治るのか?~.
    香川県研究皮膚科フォーラム 2019.7.5 香川
  8. 上原顕仁.
    当科における入院加療を要したアトピー性皮膚炎患者のまとめ.
    第7回群馬皮膚科疾患セミナー 2019.11.21 前橋
  9. 遠藤雪恵.
    皮膚科医が語る皮膚のアンチエイジング.
    市民健康セミナー 2019.2.23 前橋
  10. 遠藤雪恵.
    皮膚科医が語る皮膚のアンチエイジング.
    高崎市薬剤師会学術講演会 2019.5.9 高崎
  11. 岡田克之.
    皮膚科医は乾癬に生物学的製剤をどう使っているか?
    伊勢崎市薬剤師会 学術研修会 2019.3.19 伊勢崎
  12. 岡田克之.
    病診連携で取り組みたい炎症性角化症 〜乾癬から掌蹠膿疱症まで〜.
    桐生市医師会 学術講演会 2019.4.16 桐生
  13. 岡田克之.
    どんな症例がバイオスイッチに至ったか?.
    群馬県トルツ発売2周年記念講演会 2019.4.18 前橋
  14. 岡田克之.
    皮膚科医は乾癬に生物学的製剤をどう使っているか?
    桐生薬剤師会 学術研修会 2019.4.19 桐生
  15. 岡田克之.
    対話重視診療からみえる患者ニーズ 〜トレムフィア®の位置づけは?〜.
    Biological Users Web Conference 2019.5.28 前橋(収録)
  16. 岡田克之.
    考えてみよう!スキンケアってなぜ必要?.
    桐生厚生総合病院 第20回ハッピー健康相談室 2019.6.5 桐生
  17. 岡田克之.
    患者ニーズに合わせた乾癬診療.
    乾癬WEBセミナー 2019.6.27 東京(収録)
  18. 岡田克之.
    爪白癬治療のいま 〜塗るか飲むか〜.
    桐生伊勢崎皮膚科セミナー 2019.7.8 伊勢崎
  19. 岡田克之.
    化膿性汗腺炎の長い1例 〜手術、抗菌薬、そして生物学的製剤〜.
    炎症性皮膚疾患講演会in群馬 2019.7.11 前橋
  20. 岡田克之.
    皮膚科で診る足病変 〜糖尿病・乾癬・血管外科〜.
    東毛皮膚科講演会 2019.7.1 桐生
  21. 岡田克之.
    対話重視診療からみえる乾癬患者ニーズ.
    第5回乾癬を語る会 2019.7.18 前橋
  22. 岡田克之.
    爪白癬治療のいま 〜塗るか飲むか〜.
    爪白癬を語る会in館林 2019.7.22 館林
  23. 岡田克之.
    蕁麻疹をどう診るか.
    両毛アレルギー講演会 2019.10.23 佐野
  24. 岡田克之.
    フットケアに役立つスキンケア 〜皮膚をみる 足をみる〜.
    ぐんま足を学ぶ会 2019.10.27 前橋
  25. 岡田克之.
    「床ずれ危険度チェック表」に関する多施設研究.
    桐生市医師会例会 2019.11.22 桐生
  26. 岡田克之.
    乾癬患者さんに合わせた初めに使う生物学的製剤.
    IL-17A WEB Seminar 2019.12.2 桐生(収録)
  27. 栗山裕子.
    水疱症外来を担当して.
    口腔ケアの紹介 難治性皮膚ケア学習会 2019.10.27 前橋
  28. 嶋岡正利.
    DESIGN-R®.
    第31回地域褥瘡検討会 2019.6.7 藤岡
  29. 清水 晶.
    見逃してはならない皮膚疾患.
    第11回研修医レジデントセミナー 2019. 11. 14  前橋
  30. 関口明子.
    老人の皮膚疾患について~褥瘡と光老化~
    七日市病院内講習会 2019. 7. 12 富岡
  31. 曽我部 陽子.
    こどもの皮膚炎.
    2019年度薬剤師継続学習通信教育講座講演会 2019.11.17 前橋
  32. 田村政昭.
    日常診療で遭遇する間違えやすい皮膚疾患 日常診療に潜む見逃してはいけない皮膚疾患.
    栃木市医師会 5月例会 ミニレクチャー会 2019.5.28 栃木
  33. 田村政昭.
    がん診療で遭遇する皮膚疾患.
    栃木県立がんセンター グランドカンファレンス 2019.9.5 宇都宮
  34. 田村政昭.
    褥瘡発生とアセスメント.
    第15回 褥瘡対策講演会&第12回 日本褥瘡学会在宅褥瘡セミナー栃木県 2019.11.30 下野
  35. 藤原千紗子.
    アトピー性皮膚炎と蕁麻疹の治療〜生物学的製剤の登場〜.
    第25回アレルギー週間2019 アレルギーの講演会・相談会 2019.2.16 前橋
  36. 藤原千紗子、石川 治.
    アトピー性皮膚炎治療における今後の地域医療連携について.
    群馬アトピー性皮膚炎治療連携会 2019.6.20 前橋
  37. 藤原千紗子、石川 治.
    遺伝性血管性浮腫患者におけるフィラジル®︎の使用経験.
    フィラジルWebセミナー 2019.6.28 東京
  38. 藤原千紗子、服部友保、安田正人、岡田克之、石川 治.
    患者のライフスタイルに合わせた最適なアトピー性皮膚炎治療を考える〜デュピクセント®︎の在宅自己注射を臨床で活かすために〜.
    アトピー性皮膚炎座談会 2019.10.18 前橋
  39. 藤原千紗子、石川 治.
    当院におけるフィラジル®︎の使用経験 –患者さんとそのご家族とともに早期治療を実現するために-.
    フィラジル発売1周年記念講演会 2019.11.2 東京
  40. 藤原千紗子.
    評価ツールを用いたゾレア®︎投与症例の実際.
    両毛地域 慢性じんましんを考える会 2019.11.21 桐生
  41. 茂木精一郎.
    全身性強皮症の病態解明と治療応用を目指して.
    第29回ギンナン皮膚科談話会 2019.1.19 大阪
  42. 茂木精一郎.
    レイノー現象と皮膚潰瘍の治療.
    公開講座「強皮症と上手に付き合っていくために」 2019.2.3 前橋
  43. 茂木精一郎.
    血管障害から見た全身性強皮症の病態と治療.
    全身性強皮症の診療を考える会 2019.2.8 福島
  44. 茂木精一郎.
    難治性皮膚潰瘍の病態と治療:新たな治療法を目指して.
    第82回東京都皮膚科医会学術集会 2019.3.2 東京
  45. 茂木精一郎.
    あなたの知らない強皮症の合併症:こんな合併症にも注意!.
    皮膚科Total Care Seminar 2019.3.7 前橋
  46. 茂木精一郎.
    褥瘡を科学する~革新的治療法の開発を目指して~.
    第101回日本皮膚科学会群馬地方会 2019.3.24 前橋
  47. 茂木精一郎.
    結節性硬化症の皮膚病変に対するラパリムス®ゲル外用の治療効果.
    ラパリムス®ゲル0.2% Web講演会 2019.5.22 前橋
  48. 茂木精一郎.
    皮膚科からみた糖尿病性皮膚潰瘍のマネージメント.
    疼痛フォーラム~新時代の幕開け~ 2019.6.19 筑波
  49. 茂木精一郎.
    日常診療でよくみる皮膚疾患 ~治り難いには訳がある~.
    メディパルグループTVカンファレンス 2019.7.3 東京
  50. 茂木精一郎.
    肺高血圧症を合併した全身性強皮症の臨床的特徴について.
    第7回群馬肺高血圧症画像研究会 2019.8.2 前橋
  51. 茂木精一郎.
    褥瘡の病態における亜鉛の重要性について.
    LO皮膚科学(スカイクラブ)研究会 2019.8.24 越後湯沢
  52. 茂木精一郎.
    結節性硬化症の皮膚病変に対するラパリムス®ゲル外用の治療効果.
    第53回日本てんかん学会学術大会 2019.11.1 神戸
  53. 茂木精一郎.
    結節性硬化症に伴う皮膚病変に対するシロリムス外用の治療効果.
    第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 2019.11.16 東京
  54. 茂木精一郎.
    結節性硬化症に伴う皮膚病変の診療Up To Date~ラパリムス®ゲルを用いた最新治療~.
    ラパリムス®ゲル0.2% Web講演会 2019.11.26 前橋
  55. 茂木精一郎.
    難治性皮膚炎や難治性褥瘡に対する亜鉛補充療法.
    第265回前橋市薬剤師会定期研修会 2019.12.6 前橋
  56. 茂木精一郎.
    なぜ亜鉛不足状態では褥瘡や皮膚潰瘍が発生しやすいのか?.
    第49回日本創傷治癒学会 2019.12.12 大宮
  57. 茂木精一郎.
    強皮症の診断と治療(びまん性と限局性の違い、抗体値の種類と見方、服薬治療).
    強皮症患者会「明日の会」 2019. 10.4 前橋
  58. 安田正人.
    乾癬診療 in グンマー 〜乾癬におけるRelationship Centered Careとは〜.
    コセンティクス発売3周年記念講演会 2019.1.23 岡山
  59. 安田正人.
    増え続ける乾癬バイオ治療とその実際.
    PsA FORUM in GUNMA 2019.1.29 高崎
  60. 安田正人.
    群馬大学におけるPsA診療科間連携の現状.
    乾癬エキスパートミーティング in 北関東信越 2019.2.9 東京
  61. 安田正人.
    当科における悪性黒色腫化学療法の現状.
    群馬メラノーマ免疫治療セミナー 2019.2.28 前橋
  62. 安田正人.
    実臨床から読み解く乾癬disease modificationの可能性.
    Research and treatment seminar in psoriasis 2019.3.31 東京
  63. 安田正人.
    イキセキズマブを用いた乾癬治療を改めて考える.
    EJ Psoriasis Speakers’ Conference 2019.4.21 東京
  64. 安田正人.
    乾癬病診連携の模索〜患者・診療所・病院の三者にメリットのある連携を目指して〜.
    東毛地区皮膚科連携の会 2019.4.25 太田
  65. 安田正人.
    乾癬バイオ使用時の留意点〜治療選択から合併症まで〜.
    乾癬Bioセミナー in KOBE〜使用時に確かめたいこと〜 2019.5.16 神戸
  66. 安田正人.
    乾癬バイオ三国時代〜増え続けるバイオをどう使うか〜.
    第2回Psoriasis Round Table Discussion in Saitama 2019.6.1  さいたま
  67. 安田正人.
    ウステキヌマブからグセルクマブへスイッチした尋常性乾癬症例の検討.
    Psoriasis seminar in Nagano2019 2019.6.22 長野
  68. 安田正人.
    群馬大学医学部附属病院皮膚科乾癬・角化症外来の治療変遷〜乾癬から類縁疾患まで〜.
    第75回群馬実地皮膚科医会 2019.6.30 前橋
  69. 安田正人.
    乾癬治療における抗IL23製剤の実際.
    USTEKINUMAB適応拡大2周年記念講演会 in 群馬 2019.7.4 高崎
  70. 安田正人.
    当科過去10年間における慢性膿皮症まとめ.
    炎症性皮膚疾患講演会 in 群馬 2019.7.11 前橋
  71. 安田正人.
    Relationship Centered Careを目指した乾癬治療.
    乾癬Summer Camp 2019 2019.7.20 福岡
  72. 安田正人.
    当科における乾癬バイオ診療〜2nd バイオに何を選ぶか〜.
    好きリージ発売記念講演会 in 群馬 2019.9.5 前橋
  73. 安田正人.
    乾癬バイオ使用時の留意点〜治療選択から合併症まで〜.
    第101回日本皮膚科学会茨城地方会 2019.10.13 水戸
  74. 安田正人.
    ECLIPSE試験と当科経験を踏まえたグセルクマブの立ち位置と今後.
    Psoriasis Web Seminar 2019.10.28 高崎
  75. 安田正人.
    当科における乾癬バイオ診療〜リサンキズマブによる治療経験を含めて〜.
    スキリージ®.
    Psoriasis Seminar @ North TOHOKU 2019.11.2 盛岡
  76. 安田正人.
    乾癬バイオ三国時代〜Relationship Centered Careを目指して〜.
    第83回日本皮膚科学会東部支部総会・学術大会ランチョンセミナー 2019.11.16  東京
  77. 安田正人.
    私の乾癬ライフ〜医師からのお話〜.
    第24回とちぎ乾癬友の会学習懇談会 2019.11.24 小山
  78. 安田正人.
    乾癬バイオ使用時の留意点〜治療選択から合併症まで〜.
    第16回千葉生物学的製剤乾癬治療研究会 2019.11.27 千葉
  79. 安田正人.
    乾癬バイオ三国時代における治療選択〜リサンキズマブ、新たな選択肢の位置づけ〜.
    第49回日本皮膚免疫アレルギー学会学術大会ランチョンセミナー 2019.12.1  横浜
  80. 安田正人.
    乾癬バイオ使用時の留意点〜治療選択から合併症まで〜.
    第9回群信合同皮膚研究会 2019.12.7 長野
  81. 安田正人.
    はじめてのバイオ〜Relationship Centered Careを考慮した乾癬バイオ選択〜.
    IL-17A WEB Symposium 2019.12.16
  82. 山中正義.
    皮下病変が原因で生じた皮膚潰瘍の2例.
    第9回群馬皮膚創傷治癒研究会 2019.5.30 前橋
  83. 山中正義.
    化学療法による皮膚障害.
    渋川地区医師会地域医療連携セミナー 2019.9.18 渋川
  84. 山中正義.
    このできものは大丈夫? 皮膚がんの見つけかた。放置していいもの、悪いもの.
    令和元年度群馬県皮膚の日市民公開講座 2019.11.10 前橋
  85. 山中正義.
    高齢者の熱傷について.
    第28回渋川褥瘡ケア研究会 2019.11.11 渋川
  86. 山中正義.
    当科でステロイドミニパルス療法を施行した円形脱毛症24例のまとめ.
    第4回渋川医療センター院内学会 2019.12.5 渋川
  87. 龍崎圭一郎.
    皮膚科紹介当院でできること、できないこと 皮疹の み(見、診)方.
    JCHO群馬中央病院地域連携カンファレンス 2019.12.17 前橋

トップへ戻る